映画『永遠の0』の感想・評価まとめ【ネタバレあり】

2017年7月6日更新

『三丁目の夕日』の山崎貴監督による『永遠の0』は第二次世界大戦中を舞台にした感動的な戦争映画です。邦画の可能性を広げた本作は日本人必観の映画と言えます。そんな『永遠の0』の感想・評価をまとめました。

映画『永遠の0』の感想・評価をまとめました

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。健太郎を三浦春馬、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じる。
引用:eiga.com

とにかく泣ける!

228737_615

Hiromi_Maeda 原作を読んだ後にみました。 はしおってある部分があったので残念でもあったけど、戦争時代を、生きた人 一人一人にドラマがあること。 戦争経験者がこの世から居なくなる前に、もう一度戦争について考える事の大切さ学びました。 自分の周りの人達が大切だから、戦争について、感じた事は子供たちに伝えていきたい。一緒に学んでいきたい。 改めて思いました。 映画を見た後は、泣きすぎて目が真っ赤。笑
yukichi78 原作も読んで結末知ってるのにやっぱり涙が流れてしまう。゚(゚´Д`゚)゚。1回目は原作を意識しながらの鑑賞になってしまった。2回目の方が映画に集中できて、さらに良かった。 今の若い人に是非観てほしい映画。こんな戦争が日本にも本当にあったのだと、そして今でもどこかの国では戦争が行われているのだという事を意識せずにはいられない気持ちにさせられた。
YutaroPanaki 今、どのような思想を持つのも自由な時代の中、自分に確固たる信念や想いはあるだろうか?そんなことを改めて考えさせてくれる映画であった。

戦時中において、「家族を大切にしたい、生きたい」という感情が周囲からは理解されない。 そんな状況下であっても、自分の大切な人のために生きることを切望し続けた主人公に強く心を揺さぶられました。

chisy28 読みすすめるのさえ辛い内容だった原作がかなり忠実に再現されてたと思う 戦争とか特攻とか、ほんとに存在した時代があったのに現在とかけ離れすぎてて実感が全くない(´・_・`) 原作同様、涙が止まらなかった。 みんなに一度は見て欲しい作品です!
Takero_Ishizuka 文句なし。

否定的な意見もチラホラ・・・?

eiennozero_e01

引用: cgworld.jp
ciatr_ryouka3 原作の世界観がありすぎて映画はなんか商業映画だなぁと思ってしまった。日本人の魂というか、その当時、生きたいとか愛とか言葉にしてはならなかった、そして本当の真意は言葉には残らなかった、ということがもっと丁寧に描かれてほしかったかな。でも、岡田准一はよかった。
takachi228 前評判が良かっただけに期待はずれ。 CGはすごかったけど、まだまだ軽い感じが…。 出演者の演技は素晴らしかったけど、どうも話に納得がいかないというかなんというか… 戦争の話なので後味が良くないのは仕方ないのかな

日本人なら観なければいけない!

6951_l

yuuko 素晴らしい映画でした。戦争モノは涙を誘う悲劇が多くて、恥ずかしながら避けてました。日本人として、もっと過去を知る必要があると考えさせる映画でした。1人でも多くの日本人、特に戦争を知らない世代に見て欲しいと感じました。 また、登場人物の演技が素晴らしいですし、岡田くんが恰好いい。 年末は原作を読んで過ごしたいと思います。
Miharu_Masuda 日本人なら絶対観るべき。 この時代の方々がいたからこその私たちだと再認識した。 岡田准一のお芝居が素晴らしい。 もう一度観に行きます(^ ^)
Kanako_Kobayashi 日本人なら知っておくべき事実がたくさんある映画。 自分の生き方について考えさせられる点がいくつもありました。

内容はやっぱり原作には叶わないものの、映像の美しさには圧巻。 もう一度原作を読み返したくなりました。

2014.1.1

hijiri_mkgm 日本人なら、観るべき作品。 伏線も、その回収も、本当に素晴らしい。

涙が止まらなかったです。

ラストには賛否両論?でもそれは名作の証!

20140114145436

Noriko__Yamamoto 面白かった。感動したし、もっと今の人生を大切にしないとって感じました。絶対みた方がいい。原作も読んで見たいな。 ラストはすごいすっきりした!
nine_fingers 戦争と、現代を生きる我々、そして戦争を生き残った世代との関係。戦争を実際に知らない人たちが何をすべきなのか?何よりも今を過ぎれば戦争を知る人たちの話を聞くことができなくなってしまう。でもその反面、戦争を否定するもののそのもの自体がなければ戦争作品は作ることができない矛盾。ラストの零戦がグーっと操縦されるシーンにグッときた。
Ojiya_Nakano 原作忠実に描かれた丁寧な作りに満足。感涙の一作。 ラストの米軍人からの描写が欠落してたのが残念。
snowserinette あざとすぎる。ラストは笑い話。近くに戦争経験者、特攻指令くだされた方がいらっしゃったら是非話をきいてみてください。きっとこの映画では泣けなくなります。 原作読了済、映画館にて視聴。戦争をテーマに扱った映画は数多く見てきたし、自分はかなり涙もろい人間であるが、正直言って鼻で笑いたくなるような映画だった。戦争を知らない現代人よ、泣け。な空気が全体に漂う。原作はまだ物語として成立していたのだが…戦争に造詣が深い人ほど首をかしげたくなる内容。いや、映画をとりまく設定は結構深く練り込まれているからミリタリー好きな人はおっ♪てなるような箇所はあるし、巴戦に関してのアニメチックな展開は割と熱くなれる。でも本当に最初から最後まで、「ハイ!ここですよ!泣くところは!」が見え見えすぎてびっくりした。最後ファンタジーでしたね。零戦が現代に見えるって。あーいう展開はアニメだけにしてください。しらけます。
nyanpalary 本を読んでまず感動してたから映画には途中まで物足りなさを感じてたけど、ラストで一気に泣かせる演出入れてくるからまんまと泣いてしまった。