なんて裏話だ!?『LEGO ムービー』トリビア10選

2017年7月6日更新

口コミなどでその評判が広がりアメリカでナンバー1を獲得した『LEGO ムービー』!評論家などからの評価も高く子供だけではなく大人も楽しめる作品となっています。そんなこの映画には様々な裏話が隠されていました。今回はなんて裏話だ!?『LEGO ムービー』トリビア10選を紹介します。

1.グリーンランタンとスーパーマンは潜入捜査官だった!?

The-LEGO-Movie-Channing-Tatum-and-Jonah-Hill

『LEGO ムービー』の監督クリストファー・ミラー&フィル・ロードは『くもりときどきミートボール』だけでなく、『21ジャンプストリート』の監督でもあります。

この作品はチャニング・テイタムとジョナ・ヒルが演じる警察官が高校のドラッグディーラーを捕まえるため潜入捜査をするというストーリーです。

『LEGO ムービー』で再びこのコンビをスーパーマンとグリーンランタンのミニチュアバージョンとして見ることが出来ます。スーパーマンをチャニング・テイタム、グリーンランタンをジョナ・ヒルが担当しています。画面に映るのはほんの一瞬なので目を凝らしてご覧ください。

2.豪華なカメオ出演!

The-Lego-Movie-Han-Solo-and-Lando

おそらくこれはこの作品の中で一番驚愕のカメオ出演です!エメットとギャングがハイパードライブが必要になったシーンに注目して下さい。

『スターウォーズ』に出てくるハン・ソロの宇宙船ミレニアム・ファルコンが登場します。さらにオリジナルのスターウォーズでC_3POを演じたアンソニー・ダニエルズ、ランド・カルシアを演じたビリー・ディー・ウィリアムスがそれぞれの声を担当しています。残念ながらハン・ソロの声はハリソン・フォードではありません。

3.ウィル・フォーテがリンカーンの声を担当するのは初めてではなかった!?

The-Lego-Movie-Will-Forte-Abraham-Lincoln

クリストファー・ミラー&フィル・ロードのコンビが手がけた最初のテレビシリーズが2002-2003年の『Clone high』でした。このシリーズにはクレオパトラ、ガンジー、ジョン・F・ケネディなどの歴史的人物のクローンが登場する大人向けのアニメーションでした。

その中の主要キャラクターの一人がリンカーンで、ウィル・フォーテが声を担当していました。その後もウィルは多くのミラー&ロードコンビの作品の声を担当しています。

4.ブラック・プレジデントはシェルのCEOになっていたかも!?

The-Lego-Movie-President-Business-Shell-Gas-Octan

作中に登場するプレジデント・ビジネスはオクタン社のCEOです。この会社は日用品、バカ高いコーヒー、監視カメラ、歴史の本など様々な商品を生産しています。これはもちろん偽ものの会社ですが、映画のためだけに作られたものではありません。1992年以降のレゴセット商品のガソリン会社として登場しています。

1992年以前はシェルが公式のガソリン会社でした。

Lego-Shell-Gas-Station-640x426

5.主題歌“Everything is AWESOME!のカメオ出演!

The-Lego-Movie-Everything-is-Awesome-The-Lonely-Island

この映画をご覧になった方なら“Everything is AWESOME!”が頭の中から離れない方も多いのではないでしょうか。この曲はティーガンとサラによって歌われていますが、コメディグループのザ・ロンリー・アイランドのメンバーが参加しています。彼らはサタデー・ナイト・ライブなどで披露したコミックソングが有名です。

6.バットマンとバットコップは敵同士だった!?

The-Lego-Movie-The-Nut-Job

リスのサーリーが仲間のためにナッツストアを盗もうとするが、悪いタヌキがそれを阻止しようとする『ナッツ・ジョブ サリー&バディのピーナッツ大作戦』!このキャラクターのリスとタヌキの声をウィル・アーネット、リアム・ニーソンがそれぞれ担当しています。『LEGO ムービー』では二人はそれぞれバットマンとバッドコップです。

7.クリストファー・ミラーが子供の頃に遊んでいたレゴが登場する!?

The-Lego-Movie-Space-Village

クリストファー・ミラーは子供の頃レゴ・ブロックで遊ぶことが大好きな少年で、スペースセットが彼のお気に入りのレゴセットでした。噂によると彼の母親が子供の頃に遊んでいたスペースセットのレゴを見つけ、彼に送ったそうです。彼の子供の頃のレゴが映画内にも登場しているかもしれません。

8.ベニーの驚くべき裏設定!?

The-Lego-Movie-Benny-the-Spaceman

登場キャラクターの宇宙飛行士ベニーに注目して下さい。ベニーのヘルメットが欠けているのがご覧頂けると思います。これはミスではなく意図的に行われたことです。オリジナルのレゴの宇宙飛行士・キャラクターは ヘルメットに欠陥があり、少し乱暴に扱うとかけてしまうものでした。ベニーのバックストーリーは宇宙に長く滞在しすぎたため、ヘルメットが損傷し酸素が漏れている設定です。

9.まさにマスター・ビルダーだったウィトルウィウス!

The-LEGO-Movie-Vitruvius

この作品の中でウィトルウィウスは賢く、力強いマスタービルダーです。実際のマルクス・ウィトルウィウス・ポッリオは1世紀ローマの建築家、エンジニアでした。これだけでもウィトルウィウスという名前はマスタービルダーにピッタリの名前ですが、さらにarchitect(建築家)という語源はギリシャ語の”マスター”と”ビルダー”が語源だと言われています。

10.苦節70年!やっと報われたワンダー・ウーマン!?

The-LEGO-Movie-Wonder-Woman

ワンダー・ウーマンは1941年にDCコミックのキャラクターとして誕生し、漫画、テレビなど数々の作品に登場してきました。しかしバットマンやスーパーマンのように彼女に光があたることはありませんでした。しかし『LEGO ムービー』で初めてワンダー・ウーマンが深く描かれる長編映画となりました。