2017年7月6日更新

みんな仲良し!スタートレックの舞台裏オフショットまとめ

長年愛され続けている代表的なSF作品のひとつ、『スタートレック』シリーズ。こちらでは歴代の作品から最新作『スター・トレック BEYOND』まで、撮影裏などでのキャストや撮影クルーの楽しそうな写真をご紹介していきます。

スタートレックとは?

『スタートレック』とは、映画プロデューサーであるジーン・ロッデンベリーが考案したSF作品です。

SF作品の代表作でもある今シリーズは、テレビドラマやテレビアニメ作品の放送を経て、1979年にシリーズ1作目となる映画『スタートレック』が公開。以降、リブート作品なども含めて12作品が製作・公開されています。

このシリーズは、『スタートレック』の熱狂的なファンであるトレッキーを数多く生み出し、また実在するいくつかの小惑星には“ミスター・スポック”をはじめ、作品に関連する名前が付けられていることでも知られています。

そんな『スタートレック』シリーズの撮影現場やキャストの撮影裏の様子をご紹介します。

撮影の合間の笑顔

劇場版『スタートレック』の大元で、1966年から1969年にかけて放送されたテレビドラマ『宇宙大戦争』の撮影合間の1枚です。

主要人物ミスター・スポックを演じるレナード・ニモイと主人公ジェームズ・T・カークを演じるウィリアム・シャトナーがセットで笑い合う姿からは、のリラックスして撮影に臨める現場の空気が感じられますね。

貴重なメイクアップの様子

『スタートレック』シリーズといえば、銀河を舞台にした他のSF映画とはまた異なったビジュアルの生命体が特徴のひとつですが、こちらはレナード・ニモイが演じる主要人物ミスター・スポックのメイクアップ風景です。

雑誌を仲良く読む2人

シリーズ主人公ジェームズ・T・カーク演じるウィリアム・シャトナーとポック役のレナードが、撮影の合間にDCコミックが発行しているアメリカの風刺雑誌『マッド』を読んでいます。

集合写真も満面の笑み

こちらは、1983年に日本でも公開された『スタートレックII カーンの逆襲』のキャスト並びに制作スタッフの集合写真です。皆満面の笑みで写真に映っている姿から、仲の良さがにじみ出ていますね。

お誕生日のお祝い

ミスター・スポック役のレオナルド・ニモイが、『スタートレック』の生みの親であるジーン・ロッデンベリーの誕生日をお祝いしている時の写真です。

笑いの絶えないセット

『スタートレックIV 故郷への長い道』 William-Shatner-Nichelle-Nichols

こちらはセット裏ではなくセットの中でのひとコマですが、撮影のちょっとした合間合間にも、キャスト同士がリラックスできる現場の空気感が伝わってきますね。

『スタートレック』シリーズ最終章

オリジナルシリーズの完結作品『スタートレックVI 未知の世界』の撮影裏で、お馴染みスポック役のレナードと、カーク船長の秘書であるジェームズ・T・カークの秘書であるジャニス・ランドを演じたグレース・リー・ホイットニーのツーショット写真です。

レナードは2015年2月27日に、グレースは2015年5月1日に亡くなっています。

第2世代キャストも仲良し!

シリーズ8作品目の『スタートレック ファーストコンタクト』は、これまでのキャストを一新した、いわば新シリーズ作品の第二弾です。

今作で主人公ジャン=リュック・ピカードを演じたパトリック・スチュワートと、ジャンと敵対するリリー・スローン役のアルフレ・ウッダードがセットでにこやかに過ごしているという、撮影合間だから見れるひと幕ですね。

惑星ニビルでのシーンの裏側は…

シリーズ12作品目で2013年に公開された『スター・トレック イントゥ・ダークネス』に登場する惑星ニビルでのシーンがどの様に撮影されたのかが紹介されている貴重なメイキング映像のひとつです。

13作品目となる『スター・トレック BEYOND』が公開!

未だに数多くの“トレッキー”がいる今シリーズですが、2016年10月21日には日本でも『スター・トレック BEYOND』が公開されることが決定しています。

今作は、シリーズ13作品目の最新作で、今作は俳優クリス・パインが主人公ジェームズ・T・カーク役を演じている『スタートレック』リブート作品の3作目でもあります。

最新作『スタートレック ビヨンド』の舞台裏をご紹介

動画で見る撮影現場風景

いよいよ日本でも公開される『スタートレック ビヨンド』。こちらの動画では、その撮影裏はどうなっているのか、どの様にセットで撮影されているのかが観られます。映画鑑賞の前後に舞台裏を見ると、更に印象が変わりそうです。

新キャストによる“御挨拶”…!

『スタートレック』といえば、ミスター・スポックが行う指同士を付けながら「長寿と繁栄を」というヴァルカン式挨拶が代名詞となっていますよね。

最新作のキャストもこのヴァルカン式挨拶を行っているところをSNSへ投稿しています。指には別のSF超大作『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクター絆創膏が貼られているのが面白いですね。

監督もエイリアンと記念撮影

キャスト同士で写真を取り合ったり、撮影の合間の写真などはよくSNSなどへアップされますが、今作の監督ジャスティン・リンも、撮影の合間にセットでエイリアンと仲良く記念撮影しています。楽しさが伝わってきますね。

皆で仲良くセルフィ―

今作のキャストが皆で集まってセルフィーを撮っていますね。それぞれのポーズに個性があり、和気あいあいとしていますね。

万里の長城で記念写真

映画の宣伝イベントで中国を訪れた際には、ジェームズ・T・カーク役のクリス・パイン、ミスター・スポック役のザカリー・クイント、ウフーラ役のゾーイ・サルダナ、そしてモンゴメリー・スコット役のサイモン・ペグが万里の長城へ行っています。

ヴァルカン式挨拶は欠かさない

最新作の上映イベントでも、キャスタのみならずイベントへ足を運んだ鑑賞者も皆で一緒にバルカン式挨拶をしていますね。作品がとても愛されていることが分かります。