松方弘樹、バラエティでも人気の俳優のこれまでと現在

2017年7月6日更新

時代劇やヤクザ映画での迫力ある演技を見せたかと思えば、バラエティ番組では愛嬌たっぷりな表情も見せる俳優の松方弘樹。近年は趣味のマグロ釣りでも活躍を見せる、彼のこれまでの経歴を振り返ります。

松方弘樹のプロフィール

時代劇俳優の近衛十四郎の長男として生まれた松方弘樹は、1960年に父と同じ俳優デビューを果たします。殺陣が抜群にうまかった父親の息子として多大な期待を寄せられてのデビューでしたが、本人はそのプレッシャーに押しつぶされる毎日だったとか。

そんな彼が注目を集めるようになったのは、深作欣二監督の東映映画「仁義なき戦い」シリーズへの出演でした。このシリーズでの荒くれヤクザ役が評価を得て、以後、遠山の金さんからヤクザの親分まで、あらゆる役を演じる名優となりました。

「世界最強の脱獄アクター」、松方弘樹

暴動・島根刑務所

昭和40年代の東映映画人気の一角を支えた松方弘樹ですが、その当時の代表作として刑務所を舞台に大暴れする“脱獄ムービー”があります。

1974年に公開された『脱獄広島殺人囚』からはじまり、『暴動・島根刑務所』、『強盗放火殺人囚』と続いた松方主演の脱獄ムービーは人気を博しました。

趣味の域を超えているマグロの一本釣り

201505311

出典: rabiru.com

近年の松方弘樹といえば、マグロの一本釣りの名人というイメージが強いでしょう。

これまでに世界33カ国を回り、カジキマグロやクロマグロなどありとあらゆるマグロを釣り上げています。2015年5月に沖縄の海で釣り上げたクロマグロは、なんと重さが361キロという大きさで、184万8,000円の値がつきました。

松方弘樹の内縁の妻は元女優の山本真里子?

img_7252

出典: b-k-diet.com

松方弘樹は1998年に、当時の妻の仁科亜季子と離婚していますが(後述)、その原因は当時26歳の元女優の山本万里子との愛人騒動が発端とされています。

その後、松方は独身状態でしたが、2016年に脳リンパ腫で入院した際、山本が内縁の妻として彼の看病をしていると報じられました。

松方弘樹は歌手志望だった!

110831arai015_cs1e1_1000x

松方弘樹は元々俳優ではなく歌手志望でした。そのため16歳の時に京都から上京し、作曲家の上原げんとの下で内弟子をしていた過去があります。

ところが間もなく、父親で俳優の近衛十四郎が所属していた東映の意向により、映画に出演させられます。若手俳優を育成したいという名目で、次第にそのまま俳優業を続けることとなったのです。

仁科亜季子との不倫騒動が話題に

nishina-akiko_top_640

松方弘樹の元妻は、父に歌舞伎俳優の岩井半四郎(十代目)を持つ女優の仁科亜季子です。2人の交際は1977年頃からでしたが、当時松方には妻がいたことから大スキャンダルとなりました。

その2年後に正式に結婚し2児をもうけますが、松方弘樹の度重なる女性スキャンダルにより1998年に離婚しています。

2人の子供である仁科克基と仁美も俳優、タレントとしてメディアで活躍しています。

松方弘樹は両親、兄弟が全員俳優!

135

出典: newbo.jp

父は近衛十四郎、母は水川八重子、そして弟の目黒祐樹も全員俳優という、まさに芸能一家でもあります。また、彼の子供たちも揃って芸能活動をしています。

そのなかでも、息子の仁科克基は女優の多岐川華子と2011年1月に結婚するも1年足らずで離婚。娘の仁美も2015年2月に一般人男性との間に男児を出産するも、未入籍状態で同居するといったスキャンダラスな話題を揃って提供しました。

バラエティでは明るく笑い上戸な性格を披露

d9198-25-498950-0

出典: prtimes.jp

松方弘樹がバラエティ番組で活躍するきっかけとなったのが、1985年放送開始の日本テレビ『天才たけしの元気が出るテレビ!!』でした。

それまで俳優業一辺倒だった松方の、この番組で泣き笑いする姿が話題を集め、バラエティ番組でも引っ張りだことなったのです。

松方弘樹は現在は脳リンパ腫で闘病中

483a0026c65e11e5811f963aecd2c947

そんな松方弘樹ですが、2016年2月に頭痛や体のしびれなどの体調不良を訴え入院。脳の深部にできる悪性のリンパ腫「脳リンパ腫」と診断され、闘病生活を送っています。

同世代で盟友の梅宮辰夫も近年体調不良を報じられるなど、かつての東映映画を支えた面々がセミリタイア状態となっているのは寂しいもの。ぜひとも松方が釣ったマグロを梅宮が包丁でさばく姿を見たいものです。