予告編自体が秀逸な作品!予告編がすばらしい映画7選

2017年7月6日更新

短い時間で作品の魅力を伝える予告編。その予告編が秀逸でかっこ良くて、まるで一つの作品かのような予告編を集めてみました。思わず観入ってしまう独特の世界観は予告編だけでも面白い!

ヴィンセント・ギャロが監督・脚本そして音楽までも担当した映画は予告編までもカッコイイ!

momi_kuchan08 ヴィンセント・ギャロの才能とクリスティーナ・リッチのむっちりが堪能できる魅力的な作品。 作品に対するエゴの強さを感じてしまい、ストーリーは好みではなかったけどヴィンセント・ギャロの多才さに◎ 耳にかけた髪とベッドの寝方がツボ♥︎

アメコミの世界を実写で再現。予告編もダークな雰囲気でアメコミ感抜群!

Satoko_Suzuki 超クール!!! 不思議な世界観に引き込まれつつ、ロドリゲスらしい過剰さがカッコいいです。

ジム・ジャームッシュの魅力がたっぷり注ぎ込まれたオシャレ予告編

monoral_stereo よし、映画観るぞって気合いれて観る映画じゃない。なんか他のことしながらたまに流れてるのをちょろっと観るのにはうってつけの映画。

タランティーノのセンス爆発。最高にクールな音楽に合わせた編集が逸品

arsktm ジョン・トラボルタ目当てで見た。 パルプフィクション(くだらない話) タイトル通りくだらない話だけど 全然楽しめる。最高。もう一回見る。

言わずと知れたキューブリック作品。予告編もやっぱり難解?だけど、最高にカッコイイ!

Foot

のっけから あ!これキューブリックだ! となるくらい、 全面に凝った美術と音楽とカット。

整然とした屋内や施設も、 無秩序にみえる街も林も、 配置がきれい。 もっとこうしたらいいのに! がないのは、すごい。

筋には多くは言及しません。 美しい映画だからこそ 観ていられたことがちょっとこわい。

色彩感覚が強烈にブラジルの街を映し出す。予告編も本編に勝らないパワフルさ。

pleiades_gin ストリートギャングのたんたんとした恐ろしさと陽気なリズムがマッチした独特の作品。

容易くピストルを扱う子供の姿はショッキングだね。

渋い、あまりにも渋すぎる。渋さがにじみ出た予告編はまさにもう一つの作品。

miminoruru 音源は大好きで、よくきいていたのですが、やっと映画も観られることができました。

キューバ音楽の忘れ去られた偉大な音楽家たちや、それを世界に伝えようとした人たちのインタビューと、アムステルダムとNYで行われたライブ、各人の演奏を織り交ぜて映像は進みます。

音楽の素晴らしさと人生の長さ、それにより生まれる重み、キューバという国の面白さ、そしてクライマックスの老音楽家の映画的体験を通じて、キューバ音楽がより身近でありながら尊いものに感じました。 "Chan chan"が始まったときの、あの熱量は胸を熱くするものがあります。