【NHK新時代劇】『かぶき者慶次』の見どころに迫る!

2017年7月6日更新

4月よりNHKで放送される『かぶき者慶次』。前田慶次の晩年を描いたこの作品が、歴史をどのように描くのか・・・キャストは?ストーリーは?様々な魅力の詰まったこの作品について、今回はいくつか注目すべき点を紹介します。

今回の主人公はかの有名な猛将・前田慶次

img_0

みなさんは、「前田慶次」という人物をご存知ですか?彼は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍した武将で、本来の名前は「前田利益」。「慶次」という名前は漫画などのメディアの情報が行き渡ったことによりそちらの通称の方が広く知れ渡ったようです。

そんな彼は、元来より教養が高く、常日頃世を軽んじ、人を小馬鹿にする人物でしたが、家族、特に養父である前田利久を思う気持ちは人一倍あった、と家族想いの人物であったことでも知られています。

この4月よりNHKで始まる新時代劇ではこの前田慶次の晩年を描いています。NHKはどのように慶次を描くのか?今回はこの「かぶき者慶次」について紹介していこうと思います。

主演は名優・藤竜也

WS000349 (1)

主人公である慶次を演じるのは『感染列島』や『はやぶさ 遥かなる帰還』など、かつて大反響を呼んだ話題作に数多く出演している名優・藤竜也。60歳ながら上杉家を守るという使命を忘れず、ここぞという時に「かぶく」、飄々とした慶次の姿をどのように演じるのかに注目です。

また、そんな飄々としている慶次の息子であり、かつて猛将と呼ばれた父の猛将とは程遠い姿に反感を覚える前田新九郎を演じるのは俳優・中村蒼。ザ・大和男児とファンから呼ばれている中村が、一体どんな、彼なりの前田新九郎を描くのかも楽しみですね。 B7x7L7yCAAESOSO

引用: twitter.com

他にも、西内まりや、檀蜜、青木倫子、笛木優子など、数々の個性的な女優たちがドラマを彩ります。様々な役者が出演するこのドラマ。「前田慶次」という人物とその周りに生きていた人間たちをどのように描き出すのか・・・役者の演技だけではなく、演出など細部にまでよく注目して見ていただきたいドラマです。

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/7000/207299.html