2017年7月6日更新

北ヨーロッパのおしゃれ感!北欧地域が舞台のおすすめ北欧映画5選

北ヨーロッパ、北欧地域といえば日本でも非常に人気のある地域です。北欧映画というと重い、暗い映画なのが特徴というイメージや、北欧家具というおしゃれな言葉があるように非常に馴染みのある言葉であるにも関わらずどこの国かというといまいちピンとこない人も多いはず。そこで今回は北欧であるフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの国を舞台としたおすすめ名作映画をまとめてご紹介いたします。

【スウェーデン】アスペルガー症候群の主人公と兄が織りなすハートフル・コメディ!アカデミー賞外国語映画賞スウェーデン代表に加え国内外の映画祭で評判を呼んだ名作

ash182_ アスペルガー症候群の主人公、シモンが自分のせいでフラれてしまったお兄さんの新しい彼女を探す、というのが大筋。 お話も去ることながら、音楽がとてもよかった!!! さすがスウェーデン、出てくるものや、お部屋が素敵でした。 アスペルガー症候群については全然詳しくないので、帰ってきてから調べました。発達障害なんですね。シモンの視点が分かりやすく描かれていて、共感する部分もあり、本当によかったです。もっといろんな映画館で上映してもいいと思いました。

【スウェーデン】幻想的なスウェーデンを舞台に、孤独な少年とヴァン パイアの少女が出会う。哀しく、切なく、怖ろしい、全く新しいラブストーリー。

noopy 恐るべきハッピーエンド。。。人を殺めなければ生きてゆけない少女と少年が理解しあう物語。吸血鬼と言うテーマでこんなに綺麗に描き出している作品もなかなか無いと思います。もうちょっとグロさ控えめでも良かったのになぁという気はしなくもないです。。。 エリは大人になったらものすごく魅力的になるような気がするのだけど。。。あれ?もしかしてならないのか?まあいいや。

この映画で圧倒的に感じたのは孤独です。実は意外と多くの登場人物があるのですがこの2人以外の誰にも感情移入できないように作られている。だからまともな倫理観のなかで生きている他人よりこちら側にいる2人がより理解できる存在として描かれるのだとおもいました。

いやぁそれにしても綺麗な映画。プールのシーンは震えます。

【デンマーク】歌姫ビョーク主演!2000年カンヌ国際映画祭パルムドール&主演女優賞受賞の、世界中に衝撃を与えたミュージカル感動作

mazda620 泣いた映画ベスト3にはいります 明日目が一重になってるだろうな こんなにも悲しいけど、映像もストーリーもなにより歌、 カンヌで最高賞とっただけあります 賛否両論かなり別れるけど ハッピーエンドじゃないから評価が低いなんて安易。 むしろバッドエンドでこんなにも重たいのに こんな素晴らしい作品なの、すごいなって思った。 最後から2番目の唄 自然で美しかった。 また見たいなって思えないけど大名作。

【フィンランド】第24回モスクワ国際映画祭最優秀監督賞ほか全5部門独占受賞!フィンランド最北の地を舞台に、言葉の通じない3人の共同生活をユーモラスに描く感動ドラマ

Hanae_Sakuma リアリズムを感じながらも、ファンタジーも存在する作品。 人間というより、生き物が様々な環境において変化をする。 けれど芯の部分はとても不変的。 脳みそを刺激する作品でした。 細かく書いてしまうと観る気にならないだろうから ここら辺までにするが、古い記憶が沸々と込み上げてくる。 昔の自分、今の自分。何かしらの成長をして生きている。 ただ死を恐れていた幼き自分が、今はこんなにも 元気に暮らしているなんて想像もつかなかったこと。 ね、刺激されるでしょ。 脳って不思議。 例えば、バカンスでハワイに行って感じることと、 ハワイの浜辺で散歩をすることを想像することとが、 行った時と同じ作用をするんだって。賢いのか、馬鹿なのか? ま、脳は無限だってことかな。 全ては、自分次第ってことなんだろうな。 物を作る時は、全ての感情をぶつける。 そこまで達することが出来る様になるかは分からないが、 諦めず進んでいこうっと。

【ノルウェー】クリスマスイヴを迎えたノルウェーの小さな町で起こるさまざまな人間模様を温かい視点で見つめるハートウォーミングストーリー

honeycandybaby 聖なるクリスマス。その日はみんなにとって輝かしい日ではなくて。真っ暗な夜、窓から見えるクリスマスの食卓、どんなに温かく見えるんだろう。サンタクロース云々のお話ではなかった。クリスマスの夜、膨大な夜空に浮かぶオーロラに勇気をもらって決心した。世界は広い、愛する人が居るからこその故郷だもん。逃げることで救われる痛みもある。 明かりの使い方がすごく綺麗で素敵で北欧の家具は、無理してないのにすごくおしゃれ。