2018年1月15日更新

上映規模が小さくても良品揃い!2015年公開ミニシアター映画8選

ミニシアター上映と言うと、A級映画や大作と違って内容が良くないのでは?小難しいだけではないのか?そんな風に思う人も多いでしょうが、非常に良作揃いなのです。様々なジャンルのミニシアター映画を紹介します。

ジワジワくるPOVホラーの良作【3月14日公開】

派手さはないが、ジワジワと迫ってくる恐怖があります。シッカリとしたプロットと、整合性がとれたストーリーは納得の1本です。

有名ブランドの全てが判る1本【3月14日公開】

世界的有名ブランド『ディオール』の裏側を全て見せるドキュメンタリー作品です。デザイナーから職人に密着してブランドがどう成立し、維持されているのかを見せてくれます。

豪華なキャストなのに小規模上映【10月7日DVD発売】

mataro0309 NYC。会社とケンカしてクビになったばかりの中年プロデューサは若いSSWに才能を見出す。デモ作成の金も無い彼は曲ごとに街のあらゆる場所で演奏録音するアイデアを彼女に提案する「はじまりのうた」CL梅4。音楽は全てを受け容れる。好きな曲を聴きながら二人で街中闊歩するシーンが大好き。2015年3月14日 周りの人とうまく行かなくなった不幸を抱えるふたりが最悪の夜に最高の出会いをするところがいかにも音楽成功物語みたいでいい。音楽アーティストならではのナイーブさが描かれているし伝えることに成功している。今の録音や音楽の提供の手段が多様化している様子もわかりやすく興味深い。ラストエンドロールの後日譚の挿入もおもしろく効果的。パーティのシーンなんかこっちまで足がムズムズする楽しさだった。

こんな看護師さんばっかりなら病院も楽しくなる【2月28日公開】

BeBOXphone 病院で浮気男に制裁を加えて行く猟奇ナース。医療技術を駆使した殺人テクニックが爽快。宣伝ポスターから想像されるエロス、ミニスカが内容とマッチしている。男性観客の期待通りの怪作。

製作期間15年ロシア発地獄絵図【3月21日公開】

ロシアの天才監督アレクセイ・ゲルマンの遺作となる映画です。元々ゲルマン監督はソビエトの圧政などを中心に描いてきた監督でしたが、本作の原作はSFで、製作の噂に世間が驚いた程です。しかし、内容は場所を別に移した圧制や、人々の善悪の彼岸を描いており、根底に流れるテーマは普遍であると言える1本です。

インド映画には珍しい本格的サスペンス【2月21日公開】

hiroenag 発端は、地下鉄サリン事件を彷彿とさせるテロ事件。突然2年後に場面は変わり妊婦の女性がカルカタの警察署にやってくるところから始まります。彼女と事件との関連性は語られないまま、彼女の夫がカルカタに来たはずなのに消えたから探してほしいと訴える。しかもその夫がカルカタに来たという証拠はひとつもなく・・・というお話。踊りはないけれども、雑多でそれでいてカラフルなインドの映像は見ているだけで楽しいです。伏線もきちんと回収されていて、その辺りは内田けんじを思い出しました。それに最後のシーンで髪から「かんざし」を取り出すところ、日本映画の影響じゃないでしょうか。発端の事件も含めて実は監督か脚本家が日本通だったりする?

人生の1日の大切さが身に沁みる映画【DVD発売済み】

Moto_Ishiduka 素敵なパラドックス映画とはこういうのをいうのですね。 過去にタイムスリップできるとお父さんにいわれたら信じないよね、みんな。でもこの映画はフィクションちっくに作ってなくてすごく観やすい。誰もが思う"あのときああしてれば"を暗闇一つで解決できちゃう。うらやましい、、 でも変えてはいけない過去もある。自分の人生がどれほど多くの人の人生と混ざり合って共に生きているのかがこの映画でわかります。自分が選ばなかったことによって作られる未来があると。そして人を愛すのです。納得。
Yuri_Koga 冴えない主人公がある誕生日、突然過去にタイムトラベルできるようになる。人生を良い方向へ、やり直しては幸せを掴もうとするお話。 あの時ああしていれば..とか、パラレルワールドを想像していろんな自分を思うことは何度もあるけれど、ほんの少しのタイミングで物語は大きく変わっていくんだと思う。何よりも今の時間を大切にしていきたいと思った、あたたかい作品。

本格的な甘く切ないラブストーリー【3月13日公開】

flowermurmur 試写 事故に遭った弟の足跡をたどるうちに出会ったミュージシャンとの、1週間限定の恋。別に期間なんて決めなくったっていいと思うけど。どこまでも追いかけていけばいいじゃん。 終わり方が余韻を残しているような、ばっさりいってるような、どっちともとれる感じ。 アン・ハサウェイは髪短い方がかわいい。