伊勢谷友介の出演映画、彼女の噂まとめ。兄弟は山本寛斎?

2017年7月6日更新

伊勢谷友介は現在俳優、実業家、美術家、映画監督と実に多彩な顔を持ち活動しています。今年40歳になる伊勢谷友介は、端正な顔と気さくな人柄で男女ともに憧れる存在です。そんな彼の経歴や出演作、恋愛遍歴を一挙にご紹介します。

様々な映画・ドラマで活躍する伊勢谷友介

1976年5月29日生まれ・身長180cmの俳優・映画監督など多方で活躍している人物です。2016年に40歳になります。

幼少期を北海道の函館で育ち、父親は洋服の仕立て屋、異母兄は芸術家の山本寛斎という生粋の芸術一家に産まれましたが父とは面識が殆ど無く、教育に熱心な母のもとで母子家庭として育ったそうです。

東京藝術大学に現役合格という大変なエリートコースを歩んでいるのは母の影響が強いのでしょう。当初はファッションデザイナーの道を進もうと考えていたそうですが、同大学では映像のことを主に学んだそうです。3浪、4浪はザラの東京藝術大学において現役というのはめったにおらず、同期は年上ばかりだったようです。

学生時代は水泳のインストラクターとしてアルバイトしていたそうです。

芸能界に入ったきっかけはモデルデビュー

大学在学中の1996年にモデルとしての活動を始めています。CM、雑誌、ファッションショーに出演し、『プラダ』のミラノコレクションにも出演しました。 40歳となる現在でもそのスタイルと風貌は衰えていません。モデルからスタートした芸能活動ですが、現在では映画監督から会社の立ち上げまでをこなし、枠にとらわれず幅広く活躍しています。

伊勢谷友介は性格までイケメン!!

伊勢谷友介の気さくで大らかな人柄は仕事仲間ともすぐに打ち解けることができ、同性の友人も多数います。その気さくな人柄は海外に一人旅しても現地で知り合った人の家に寝泊まりするほどです。イケメンは国境を越えるということでしょうか。合コンやコンパにも興味がなく、恋愛にはとことん一途だとか。

英語も喋れる俳優・伊勢谷友介

伊勢谷友介は12歳から英語教室に通っており、大学四年生の時にニューヨークに留学し、映像を学んだことから英語力も堪能です。

こちらの動画では伊勢谷友介が披露した英語を聞くことができます。ネイティブとの差が分からないほど流暢に話していますね。

会社の社長でもある?!

また彼はボランティア活動にも熱心であり、震災後はいち早く被災地復興プロジェクトを立ち上げています。慈善事業家としての顔を持っており、人口70億の地球を守るという理念を持っています。

現在、伊勢谷友介を代表とする会社・株式会社リバースプロジェクトの経営も行っています。俳優としてだけではなく、一人の人間として世の中や世界に対してどのように貢献できるかを常に考えているようです。

役作りで体脂肪率3%まで絞り上げる

伊勢谷友介は仕事にも人一倍熱心であり、何事にも100%で取り組むスタンスです。『あしたのジョー』で作品を代表する名キャラクター、力石徹を演じた時はスタッフからストップを懇願されるほど減量に取り組み、力石徹として見事な肉体を作り上げました。

『新宿スワン』豪華キャストが伊勢谷友介のインスタに登場

映画『新宿スワン』のジャパンプレミアに向かうエレベーターの中で撮った、豪華俳優陣(綾野剛、山田孝之、伊勢谷友介、沢尻エリカ、金子ノブアキ、山田優、園子温監督、鈴木おさむ氏など)の貴重なオフショットをアップ!

共演者の方々との仲の良さと、気さくで大らかな伊勢谷友介の人柄を垣間見ることができますね。

伊勢谷友介の主な出演映画まとめ

映画『ワンダフルライフ』(1999年)

伊勢谷友介の映画初出演作。その設定も伊勢谷本人の思想が反映されたものであり、実際伊勢谷友介は「伊勢谷友介」と言う役で出演しています。

映画『雪に願うこと』(2006年)

東京での成功を夢見て起業するも、倒産という大失敗の末に故郷の北海道・帯広に戻ってきた青年が、ばんえい競馬の厩舎を運営する兄やその仲間たちとの交流を通して自己を取り戻していくヒューマンドラマ。この作品で主人公の青年・矢崎学を演じました。

映画『図鑑に載ってない虫』(2007年)

「時効警察」などで人気を博している“小ネタの鬼才”三木聡監督の最新作。下ネタやダジャレを中心としたギャグ表現、独特の色彩センスと大量の美術小道具が特徴。伊勢谷友介は主人公で雑誌編集長の“俺”を演じました。

映画『あしたのジョー』(2011年)

ちばてつや×高森朝雄(梶原一騎)原作のスポーツコミック『あしたのジョー』の映画化。矢吹丈のライバル、プロボクサーの力石徹役を演じました。

映画『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』(2014年)

伊勢谷友介は、主人公・剣心(佐藤健)に戦いを挑もうとする四乃森蒼紫を演じ、本格的なアクションに挑戦しています。

映画『新宿スワン』(2015年)

龍彦(綾野剛)をスカウトの道に誘い、奮闘する龍彦を助ける謎の多い凄腕スカウトマン真虎役を演じました。

伊勢谷友介の主な出演ドラマまとめ

映画に比べるとあまりテレビドラマに出演していない伊勢谷友介。その理由を次のように話しています。

「(連続ドラマは)監督が一人ではない場合が多いため演出の統一性がなく、また、視聴率に左右されて脚本が変わることが(映像に関わる人間として)飲み込めない」

大学時代に映像について学んだ彼なりのこだわりがあるようです。

大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)

吉田松陰門下で学び、身分に縛られない志願兵たちによる奇兵隊を結成、海軍総督として幕府軍を敗走させた幕末の革命児高杉晋作を演じました。龍馬にピストルを贈った重要人物でもあります。晋作は、龍馬と同じく若くして亡くなり、型破りなファッション感覚を持ち、海外への飛躍を夢見ていました。

大河ドラマ『花燃ゆ』(2015年)

吉田松陰の末妹・文(井上真央)の激動の人生を、幕末から明治維新にかけての歴史的転換期を陰で支えた人々の群像劇。松下村塾を開き、幕末維新の指導者となる人材を多く育てた吉田松陰役を演じました。

彼女の噂・伊勢谷友介の恋愛遍歴

様々な大物女優や豪華タレントとの噂が絶えない伊勢谷友介。その恋愛遍歴を振り返ります。

広末涼子

1999年に付き合っていたと言われていて、バイクに二人乗りの現場をフライデーされています。

浜崎あゆみ

女性誌「女性セブン」がPVでの共演をきっかけに「朝まで一緒に過ごした」と報道しましたが、長瀬智也と交際中であった浜崎あゆみがHP上で完全否定しました。

吉川ひなの

2002年に知人を通して知り合ったとされています。2003年7月、交際が発覚した吉川ひなのが「仲の良い友達の1人」であるとコメントしました。

麻生久美子

映画「CASSHERN」で共演し、神社で人目もはばからずハグしている様子を目撃されました。

常盤貴子

2004年2月、映画『赤い月』での共演をきっかけに交際疑惑が浮上しました。

木村佳乃

2006年9月、映画「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」の共演で交際に発展し、2008年に破局。

比留川游

2010年11月、女性誌「女性セブン」が車に乗るツーショット写真を掲載されましたが、結婚間近とも囁かれていたものの2011年末に破局。

SHELLY

2012年2月、SHELLY司会の「TOKYO AWARD」で共演し、テキパキと番組を進行するSHELLYに、伊勢谷がひと目ボレし周囲に絶賛。共演後、間髪を入れずに知り合いを通じて伊勢谷から連絡先を教えたそう。

長澤まさみ

2013年のテレビドラマ『女信長』で共演したのをきっかけに交際へと発展。中目黒でデートしている姿が激写されています。2015年6月24日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演し、MCのさんまには、長澤まさみを思わせる女性関係をしつこく問われるも、「今(彼女が)おりませんので」と口にしました。

イケメンで知的、"大人の男"のイメージのある彼ゆえに世間から常に注目を浴び、真偽はわからずとも噂されてきました。結婚願望がある彼の将来のパートナーとなる女性は現れるのでしょうか。

山本寛斎とは異母兄弟

1971年に日本人として初めて、ロンドンでファッションショーを開催したことでも知られるファッションデザイナーの山本寛斎。1944年2月8日生まれ岐阜県出身です。

伊勢谷友介と山本寛斎は年齢32歳差の異母兄弟。伊勢谷友介は父親と3歳の頃に別れ、母に女手ひとつで育てられました。父親は、伊勢谷友介と山本寛斎の母親以外の女性とも結婚と離婚を繰り返したそうです。

伊勢谷友介はおそらく父親が50代前半の頃の子供だと言われていて、山本寛斎によれば父親にとって山本寛斎は長男で、伊勢谷友介は末の弟という感覚だそうです。

伊勢谷友介の最新出演作

『劇場版 MOZU』でMOZUワールド初参戦!

『MOZU』は、TBSとWOWOWの共同制作で放送された日本の刑事ドラマ。逢坂剛の小説『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』が原作です。映画のようなアクションや演出で話題を呼びました。

主演には西島秀俊、そして香川照之と真木よう子を加えた3人を中心に演技力の高い俳優陣が脇を固めています。

本作はシリーズの完結編となる映画で、テレビシリーズでは未解決のままとなっていた最大の謎「ダルマ」と呼ばれる人物としてビートたけしが出演するなど、大きな話題作となっています。また、フィリピンでのロケやド派手なカーアクションなど、元来の邦画のスケールを超えた大作になっているようです。

本作劇場版からの出演となる伊勢谷友介は、高層ビル占拠爆破とペナム大使館襲撃、二つの大規模テロを企てる犯罪プランナー高柳役を演じます。西島秀俊演じる主人公とは対称的に、舞台の裏側で活躍する人物のようです。

「志の問題だと思うんですが、高柳にとって、社会を維持するためには『悪』は必要なんですよ。だから、彼自身にとっては全てが『善』なんですね。問題はそこに描いたビジョン」

高柳というキャラクターについて伊勢谷自身はこう語りました。善と悪の境界はどこで判断すればいいのか。ビートたけし演じる「ダルマ」という悪のアイコンのようなキャラクターとの関わりにも注目です。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』では声優に挑戦!

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』は、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる名作「星の王子さま」のその後をテーマにしたオリジナル作品。

9歳の女の子が星の王子さまに会うため冒険を繰り広げるさまを、CGとストップモーションによって描き出す。声のキャストは主人公の女の子役に鈴木梨央、そのほか瀬戸朝香、津川雅彦、ビビる大木、竹野内豊、滝川クリステル。

伊勢谷友介はキツネ役を担当しています。本作に対して次のようにコメントしてます。

本だけ読むよりも『星の王子さま』という物語が理解できるようになると思います。とにかく主人公の女の子がかわいくて、空に星がきらめいているのも、サン=テグジュペリの絵にあったはずなんですけど、改めてアニメーションで観るとまたロマンチックで新鮮でした
引用:natalie.mu

様々なジャンルに着手し、なおかつ成功をおさめ続ける伊勢谷友介という俳優、人間についてより知ることが出来ましたか。今後の彼の活躍にも要注目です。