今週映画館で観たいおすすめ映画5選!(12月7日〜)

2017年7月6日更新

今週映画館行くならこの作品を!毎週水曜更新!Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選したおすすめ映画5選です!口コミ・予告をチェックしよう!

12.10(土)公開:名作「永遠の0」の原作・監督・主演が揃った最新作。

【あらすじ】主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の国岡鐡造(岡田准一)は、北九州・門司で石油業に乗り出すが、その前には国内の販売業者、欧米の石油会社(石油メジャー)など、常に様々な壁が立ち塞がり、行く手を阻んだ。 しかし、鐡造はどんなに絶望的な状況でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と、型破りの行動力、何よりも自らの店員(=部下)を大切にするその愛情で、新たな道を切り拓いていった。 その鐡造の姿は、敗戦後の日本において、さらなる逆風にさらされても変わることはなかった。 そしてついに、敗戦の悲嘆にくれる日本人に大きな衝撃を与える “事件”が発生する。 石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された国岡鐡造が、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣するという“狂気”の行動に打って出たのだった。 イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すこと。しかし、イギリスの圧力により貧困にあえぐイランの現状と自らを重ね合わせた鐡造は、店員の反対を押し切り、石油メジャーとの最大の戦いに臨む。 果たして、日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり、無事に日本に帰還することができるのか? そして、国岡鐡造は、なぜ“海賊”とよばれたのか? その答えが、明らかになる―。

12.10(土)公開:大ヒットスマホゲーが映画化!今年ヒット中の日本アニメ映画に続く!?

【あらすじ】「モンスト」の開発に協力する小学生、 焔レンと3人のチームメイトは ある日研究所の地下で、現実世界にいるはずのないドラゴンを目撃する。 大人たちの陰謀から逃れ、ドラゴンを元の世界へかえす旅に出る少年たち。 その目的地は、考古学者であるレンの父が失踪した場所でもあった。 父の背中を追い求めるレンは、仲間とぶつかりながら、 自分が一人ではないことに気づきはじめて————

はじまりの場所へたどりつくとき、 すべての謎が明かされる。

12.10(土)公開:実在の劇作家ベネットに起こった実際の話を映画化。謎の老婦人の正体とは..?

【あらすじ】黄色いポンコツ車と、その中で暮らす誇り高き淑女ミス・シェパード。「・・・その高貴な香りは、彼女の“体臭協奏曲”」――劇作家ベネットは彼女の悪臭について気取った文体で構想してみた。

 ロンドンのカムデン、グロスター・クレセント通り23番地。ベネットがここに家を買うずっと前から、ミス・シェパードはこの通りで暮らしていた。ヴィクトリア時代の邸宅に文化人が多く暮らすリベラルな地区だ。住人たちは彼女に親切に声をかけたり食べ物を差し入れたりするが、お礼を言うどころか悪態をつくばかり。やがて、路上駐車をとがめられ追い立てられる日が来たとき、ベネットはひとまずうちの駐車場に車を入れてはと親切心から彼女に提案してしまった。

 ほんの一時避難にために気軽に提案したつもりが、それから15年の歳月が流れ・・・ミス・シェパードはあいかわらず高飛車な態度で、ベネット宅の駐車場で自由気ままに暮らしている。ベネットは頑固な変わり者に深入りする気はないが、やたらと音楽に詳しかったり、突然フランス語をつぶやいたりする、その謎めいた存在に作家として好奇心をかきたてられずにはいられない。

そんなある日、彼女の真実が明らかになるときが……。

12.10(土)公開:みうらじゅんが新進気鋭の監督と放つ、ロックでポルノな青春映画。

【あらすじ】一浪の末、都内の二流大学に進学した男(前野健太)。特別な才能があるわけでもない普通の男は、偶然入ることになったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす。やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と生まれたばかりの息子との、ごくごく普通の家族生活を送っているが、実は学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた。そんなある日、地方の雪山でのライブ公演の仕事が入り、愛人を連れて会場へ向かう男。そしてステージに立ったその時、彼の目に飛び込んだのは、妻の姿!?雪山を舞台に物語は衝撃のラストに向けて走り出す。

12.10(土)公開:世界一のレストランがオリジナルメニューのため日本の食材を追い求める。期間限定の日本店のドキュメンタリー。

【あらすじ】2015 年、カリスマシェフ レネ・レゼピが総勢77名のスタッフを引き連れ、世界初の試みとして「ノー マ ・ アット・マンダリン・オリエンタル・東京」を期間限定で開店するために来日。デンマークの本店 を休業し、スタッフ全員で日本へ行くというニュースは、世界中で大きな話題となった。本店と同様に、その土地の食材を使うというコンセプトを貫くレネ。食材探しは日本全国を巡り、1年以上を費やし、7回に渡って行われた。 「作り直しだ、これじゃお客には出せない」 オープン15日前、レネはレシピ開発チームが提案したメニューを一蹴する。開店まで残り僅かな時間の中、一からレシピを練り直すスタッフたち。レネの望む究極のひと皿とは?日本でだからこそ味わうこ とのできるノーマのメニューとは一体何なのか?更なる進化を目指し、自問自答を繰り返す。 「おいしいよ、これで完成だ」 オープン5日前。ようやく提供するメニューが完成。残りのスタッフが到着し、レネは調理方法を細かく伝授していく。スマフォで見本用の写真を撮り、レネの一挙手一投足を見逃さないよう緊張した面持ちのスタッフたち。 オープン前日、最終リハーサルを行う。慣れない調理場と作業内容に失敗を続出するスタッフたちにレネの檄が飛ぶ。 「失敗するなんてガッカリだ、全部やり直せ!」 そしていよいよオープン当日を迎える―。

今、ciatrで人気の上映中作品や公開スケジュールを確認したい方はこちらをチェックしよう!