映画『世界は今日から君のもの』あらすじ・キャスト【門脇麦がオタク女子に!】

2017年7月6日更新

門脇麦が引きこもりのオタク女子を演じる『世界は今日から君のもの』が2017年7月15日に公開されます。監督は『梅ちゃん先生』『結婚できない男』などの脚本家、尾崎将也です。演技派の門脇麦がどんなオタクを演じるのか注目です。

門脇麦が引きこもりを演じる『世界は今日から君のもの』の公開が2017年7月15日に決定

門脇麦

『結婚できない男』などの人気脚本家、尾崎将也が女優・門脇麦の演技に惚れ込んで、オリジナル・ストーリーを書き下ろし、自らメガホンも撮る、『世界は今日から君のもの』が2017年7月15日に劇場公開されることになりました。

本作は、引きこもりでオタクの女子が少しずつ外の世界に触れて成長していく青春コメディです。

新作について尾崎将也監督はこう語っています。

「門脇麦さんとは2年前にテレビドラマ(『ブラック・プレジデント』)で仕事をして、それ以来、彼女の主演で映画を撮りたいと思うようになりました。それが実現したのが今作です」

気になる本作のあらすじとキャストを追ってみましょう。

『世界は今日から君のもの』のあらすじ

小沼真実(門脇麦)は5年間自宅に引きこもり続けていました。大好きなマンガを読み、イラストを模写するなど、ひたすら現実逃避をする毎日。

それを心配した父(マキタ・スポーツ)が、人と接しなくてもできる仕事を探してあげます。それは、ゲーム会社でバグ取りをする仕事でした。

ところが、社員の矢部(三浦貴大)が担当するゲームのイラストを手伝ったことから、絵の技量が認められ、真実はがぜん奮闘します。

門脇麦とマキタ・スポーツが親子役を演じる!注目のキャスト紹介

小沼真実/門脇麦

愛の渦

引きこもりでオタクの女の子を演じる門脇麦は、2014年の『愛の渦』の大胆な演技が注目され、それ以来オファーが絶えない実力派若手女優です。

2015年にはNHK朝のドラマ『まれ』にヒロインの同級生役で出演し、その演技が評価されます。2016年には入江悠監督の『太陽』に神木隆之介とダブル主演をつとめます。

そんな、門脇麦は『世界は今日から君のもの』についてこう語っています。

「ドラマでの出会いがこうして今作へ繋がったことがまず何より嬉しいですし、尾崎さんとの出会いに感謝しています」
引用:eiga.com

心配性の父・小沼英輔/マキタ・スポーツ

マキタスポーツ

お笑い芸人、ミュージシャン、俳優と八面六臂の活躍をするマキタ・スポーツは、特に映画への出演が増えているようです。

2012年公開の『苦役列車』、原作小説が本屋大賞に選ばれた2014年の話題作『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』、深夜ドラマの人気を受けて映画化された『みんな!エスパーだよ!』、人気漫画が原作の大泉洋主演映画『アイアムアヒーロー』とその出演作はそうそうたるものです。

本人が「溶け込みおじさん」と自らを評するように、どこにでもいそうなおじさんを演じさせたら日本一かもしれません。本作でマキタ・スポーツは、主人公・真実が働ける仕事を探してあげる優しい父親を演じます。

脇を固めるキャストも多彩

矢部遼太郎/三浦貴大

三浦貴大

ゲーム会社に勤める会社員・矢部遼太郎を演じるのは三浦貴大です。真実が就職するゲーム会社の社員で、ほのかに恋心を抱いている相手の役です。

三浦友和と山口百恵を両親にもつ俳優・三浦貴大は2010年に映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビューして以来、短期間で数多くの映画に出演しました。

2010年公開の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』や、子役の加藤清史郎が実写乱太郎を演じたことで話題となった『忍たま乱太郎』、1992年の映画のリメイク版『許されざる者』など幅広い映画作品に出演。その他にも2014年に公開された二階堂ふみと浅野忠信の共演作『私の男』や、話題の漫画の実写映画『進撃の巨人』、2016年に公開され話題となった『シン・ゴジラ』など、出演作は枚挙に暇がありません。

比留川游

ZARA Shinjuku reopening party?? #zarashinjuku

mileyuuuuuさん(@mileyuuuuu)がシェアした投稿 -

比留川游はモデルとしてキャリアを始めましたが、2014年に女優デビュー。その年に映画『最後の恋』でヒロイン役を演じています。2016年の尾崎将也脚本のテレビドラマ『お迎えデス』では、門脇麦と共演もしています。

比留川游がどんな役で登場するのかは不明ですが、きっと映画に花を添えてくれることでしょう。

尾崎将也監督の脚本に注目

『結婚できない男』阿部寛

監督の尾崎将也は脚本家として有名です。『結婚できない男』『梅ちゃん先生』『特命係長 只野仁』など、いずれも話題作となりました。

『世界は今日から君のもの』は門脇麦を主演にすることを初めから想定して書き上げられたものなので、門脇麦がいかにその役にはまっているかが見どころでしょう。

門脇麦は主役の小沼真実を演じるに当たって、このようにコメントしています。

「尾崎さんが描く役を演じていると、いつもその子を抱きしめてあげたくなるような、守ってあげたくなるような気持ちになります」
引用:eiga.com

また、脚本・監督の尾崎将也は次のように語っています。

「引きこもりだった女の子が、少しずつ外の世界と人々に触れて、最後に自分の生き方を見つけるまでを描く、笑えて、ちょっと泣ける青春コメディです」
引用:eiga.com

『世界は今日から君のもの』は2017年7月15日に全国で公開です。