ドラマ『CRISIS-クライシス- 公安機動捜査隊特捜班(仮)』あらすじ・キャスト【小栗旬×西島秀俊!】

2017年7月6日更新

小栗旬と西島秀俊初タッグの2017年春ドラマ。激しいアクションシーンなどからゴールデンタイムでのテレビドラマ化は困難視されていましたが、実現が決まりました。本作の見どころやキャストの意気込みについてまとめました。

ドラマ『CRISIS-クライシス- 公安機動捜査隊特捜班(仮)』で小栗旬と西島秀俊が共演!

今回のドラマの中心となる公安機動捜査隊は、爆発物などを用いているテロ事件の初動捜査やテロ事件に関する化学物質の研究などを行っている組織。

公安機動捜査隊特捜班の活躍を描いた今作の主人公を務めるのは、2014年10月放送のドラマ『信長協奏曲』ぶりとなる小栗旬。『信長協奏曲』は2016年1月に映画化もされ、人気作なので今作にも期待がかかります。また、小栗旬演じる稲見朗と同じ公安機動捜査隊特捜班で、相棒の田丸三郎を西島秀俊が演じます。

ドラマ『CRISIS-クライシス- 公安機動捜査隊特捜班(仮)』のあらすじ

稲見朗(小栗旬)は、元自衛隊の捜査員。また、田丸三郎(西島秀俊)は、厳格で真面目な隊員です。犯人に対する制圧には容赦ない稲見と、常に落ち着きながらも犯人を捕らえるを田丸。タイプは違う二人ですが目の前に立ちはだかる事件に挑みます!

確実な能力と正義感を持っている2人の掛け合いは注目です。

ドラマ『CRISIS-クライシス- 公安機動捜査隊特捜班(仮)』のキャストは?

稲見朗/小栗旬

今作の主役を務めるのは、金城一紀の原案ドラマ『BORDER』でも主役を務めた小栗旬です。今作は激しいアクションシーンが注目の1つとなっていますが、2016年12月公開の『ミュージアム』でもアクションに挑戦しており、今作の演技にも期待が膨らみます。

田丸三郎/西島秀俊

同じく、公安機動捜査隊特捜班の隊員である田丸は西島秀俊。アクションでいうと2014年放送の刑事ドラマ『MOZU』など、これまでに数多くの作品に出演しています。落ち着いた爽やかな印象の西島秀俊のアクションシーンも注目所でしょう。

吉永光成/田中哲司

特捜班の班長である吉永を演じるのは個性的なキャラクターからシリアスな役所まで、幅広い顔を持つ名バイプレイヤーとして名高い田中哲司。吉永は元警視庁捜査一課の刑事として活躍してましたが、特捜班に配属されてからは班長としてみんなを導く冷静で仲間思いなキャラクターです。

樫井勇輔/野間口徹

樫井勇輔は元機動隊爆発物処理班の特捜班メンバーとして活躍した後、公安機動捜査隊特捜班にやってきました。「共感覚」という匂いを色分けして認識される特殊能力を持っています。また、爆発物の処理に長けるだけでなく、爆発物の製造も得意とする樫井。彼のデスクの上には爆発物の図面が置いてあるそうです。

樫井を演じるのは野間口徹。本作の原案・脚本を担当した金城一紀の作品にも多く参加している実力派の俳優です。

大山玲/新木優子

雑誌non-noでモデルを務め、最近は女優としても活躍する新木優子が演じるのは、元凄腕ハッカーで現在はサイバー分析のスペシャリストの大山玲。本作ではアクションにも挑んでいるようで、初めてとなる彼女のアクションシーンは話題になること間違い無し!

また、新木優子は『僕らのごはんは明日で待ってる』で主演を務めるなど、彼女自身にも注目です。

ドラマ『クライシス』の原案・脚本は直木賞作家、金城一紀

今作の原案・脚本を務めたのは2001年には映画化もされた直木賞受賞作、『GO』などで知られる金城一紀。近年では、2007年から放送されたドラマ『SP』や2014年放送の『BORDER』などの原案も務めています。

ドラマ『クライシス』がカンヌに進出!

4月にカンヌで開催される“国際映像コンテンツ見本市 MIPTV”で日本のドラマ放送に先駆け、上映されることが決定しました。

MIPTVとは映像コンテンツの買い付けに来る事業部や、コンテンツ製作関係者、投資家などが1万人以上訪れるという大規模な映像イベントです。この会場でアジアの作品が公式プレミア上映作品に選出されるのは初めて。

これまでには『タイタニック』や『X-ファイル』などの海外作品が上映されています。日本のドラマがカンヌで上映されるのは前代未聞の出来事ですが、主演の二人にはそれだけ見ごたえのある作品になっている自信があるそうです。

本作がカンヌで上映されることについて小栗旬は以下のようにコメントを寄せています。

スケールのあるドラマを制作することが相当難しいという日本の環境の中で、今自分たちがこの国で出来る最大限のチャレンジをしようと作ってきたドラマです。
引用:pablo.click

以下西島秀俊のコメントです。

この作品は撮影が始まる前から、日本ドラマの枠を超えた規格外の作品になるという期待がありましたので、世界の皆さんにご覧いただくきっかけが出来たことはすごくうれしく思います。
引用:pablo.click

構想は5年。ドラマ『クライシス』にかける思いとは

今作の大きな見所である、アクションシーンは、テレビに映し出すのは困難であり、大きな取り組みになっています。さらに今作のアクションシーンに挑むにあたり、主演の小栗と西島は金城一紀の元、1年間のトレーニングを行ったそうです。

小栗は「大いなるテーマを持った、今現在のドラマ界ではギリギリのチャレンジをしている作品になっていると思います」
引用:eiga.com
西島も「撮影が過酷になればなるほど、この作品はすごいものになると楽しみにしていますし、キャストもスタッフもその覚悟を持って撮影をしています」とコメントを寄せている。
引用:eiga.com

今作が初共演となる実力派俳優2人が出演するドラマ『CRISIS-クライシス- 公安機動捜査隊特捜班』は、2017年4月から関西テレビとフジテレビにて火曜9時から放送されます。