今週映画館で観たいおすすめ映画5選!(1月13日〜)

2017年7月6日更新

今週映画館行くならこの作品を!毎週水曜更新!Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選したおすすめ映画5選です!口コミ・予告をチェックしよう!

【1月13日(金)公開】スタイリッシュでフェティッシュ!それでいてショッキングなホラー映画が上陸

誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへと やって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえるジェシーに、激しい嫉妬を抱くライバルたち。ジェシーに仕事を奪われた彼女たちは、常軌を逸した復讐を仕掛け始める。だが、ジェシーの中に眠る壮大な野心もまた、永遠の美のためなら悪魔に魂も売り渡すファッション業界の邪悪な力に染まっていく。そして今、光と闇を得たジェシーが、ファッション業界のさらなる闇へと踏み込んでいく──。 2017年、衝撃の悪夢が遂に日本にも解き放たれる─!
引用:gaga.ne.jp

【1月14日(金)公開】綾瀬はるか×堤真一で送る特大歴史エンターテインメント!

倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。 一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と 共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。 そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。繭子は自身も訳のわからぬまま、 信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。 やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき__。

【1月14日(金)公開】千原ジュニア演じる、金貸し・萬田銀次郎のスクリーンでの活躍を見逃すな

女子高生・美月が萬田金融に金を借りにやってきた。銀次郎は相手にせず、竜一が追い返す。数日後、今度は優花と名乗る女子高生が金を借りに来るが、またも竜一が説教して追い返す。この意味深な依頼が事件の発端となる。

一方、銀次郎はなじみのミナミの和菓子屋の主人・植村から借金を申し込まれる。さまざまなトラブルが起こり、店が苦境にあるという。店がある一帯はショッピングセンター建設の話が持ち上がっていた。地上げを行っている藪田は、商店主たちを助けるふりをして、実は政治家の小笠原とミナミの街から彼らを追い出す計画を進めていた。

ある日、銀次郎と竜一は、自分たちがネットでさらされていることに気づく。動画配信を利用した不可解な問題が銀次郎らを巻き込んでいく!!複雑怪奇な事件に銀次郎はどう立ち向かうのか!?

【1月14日(金)公開】廃校の危機に瀕した寄宿学校を舞台に、音楽の力を信じる少女たちの眩しさを描く。

ケベックの広大な地にポツンと佇む小さな寄宿学校。そこは音楽教育に力を入れる名門女子校だったが、修道院による運営が財政難に陥り、閉鎖の危機に直面する。校長のオーギュスティーヌは音楽の力で世論を味方につけようと、音楽イベントの開催を計画する。 そんな中、校長の姪のアリスが転校してくる。彼女にピアニストとしての天性の才能を見出した校長は、学校存続の鍵になると期待するが、孤独で心を閉ざしたアリスは、誰の言うことも聞かない問題児だった。様々な困難を乗り越えて、イベントの日を迎えるのだが──。

【1月14日(金)公開(旧作)】デヴィッド・ボウイの一周忌に、永遠のヒーロー、ジギー・スターダストがスクリーンに降臨!!...R.I.Pボウイ様...

1972年2月から73年7月にかけて、「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギー・スターダスト」という物語を引っ提げ、25歳のボウイは、クィーン・エリザベスⅡ世号に乗船しイギリス、アメリカ、日本を巡る1年半の長期ツアーを決行した。 そして73年7月3日、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での最終公演。華やかで妖しいグラム・ロックの寵児ボウイは、コンサートの最後で、突然自らグラム・ロックを葬り去るのだった。