毛利小五郎の気になる声優事情。渋かっこいいキャラについて紹介!

2017年7月6日更新

オールバックのヘアスタイルにちょび髭がトレードマークの毛利小五郎。探偵事務所を経営する探偵でもあり、毛利蘭の父親でもあります。アニメ『名探偵コナン』には欠かせない存在の人気キャラクターである彼の魅力について迫ります。

『名探偵コナン』の影の主役?毛利小五郎とは

『名探偵コナンDVDコレクション 6』

私立探偵であり、探偵法律事務所を経営している毛利小五郎は、『名探偵コナン』になくてはならない重要キャラクター。工藤新一の幼馴染の毛利蘭の父親であり、江戸川コナンとなって生活をする新一と共に数々の難事件の解決にあたってきました。

「眠りの小五郎」って?

毛利小五郎は、周囲の人から「眠りの小五郎」と呼ばれています。というのも見た目が小学生である江戸川コナンが事件を解決するために腕時計型の麻酔銃で小五郎を眠らせ、変声機で小五郎の声になりすまし、捜査を行ってきたから。小五郎本人はもちろんこの真実を知りません。

数々の難事件をこの方法で解決してきたコナンですが、小五郎の手柄だけが一人歩きしてしまい、全国的に「眠りの小五郎」として毛利小五郎は有名人になりました。まったく身に覚えのないことですが、小五郎自体はまんざらでもないらしく、本当に眠りながら自分が解決したと思っているようです。

毛利蘭のお父さん、毛利小五郎ってどんな父親?

毛利小五郎は毛利蘭の父親です。現在娘の蘭と二人だけで生活している小五郎ですが、蘭にとってはどのような父親なのでしょうか。

小五郎は短気でお調子者、ギャンブル好きで酒好きと金遣いが荒く、娘の蘭にいつも心配をかけているようなところがありますが、ここの内では娘のことを常に第一に考えています。関わった事件で蘭が危険な目にあったり、犯人に利用されるなど窮地に立たされた時には何があっても娘を守りぬく、強く優しい父親としての顔を見せてくれています。

復縁はあるの?妃英理との緊張感漂う関係

『名探偵コナン DVD Selection Case10. 毛利小五郎・妃英理』

現在は娘の蘭と二人で生活している小五郎ですが、弁護士の妃英理とは円満な夫婦関係にあり、かつては家族3人で暮らしていました。別居中の小五郎と英理ですが、探偵と弁護士という職業柄か、事件がきっかけでたびたび顔を合わせています。

小五郎の短絡的でだらしなく、女好きな一面に愛想を尽かし出て行ってしまった英理ですが、常に結婚指輪を身につけているなど、心の中では小五郎を想っている様子が見て取れます。

共に事件解決にあたっている時などは、顔を合わせる度に悪口を言い合っている緊張感あふれる二人の関係ですが、果たしてこの先復縁はあるのでしょうか、気になるところです。

高いところが苦手?毛利小五郎の弱点

短気でお調子者、酒好き、ギャンブル好き、女好きと何かと欠点の多い毛利小五郎ですが、もうひとつ最大の弱点あます。それは高いところ。小五郎は極度の高所恐怖症なのです。

事件解決にあたっている最中、高所に出向かなければ行けなくなったりすると途端に取り乱したり、夢中になって気づかない場合でも、コナンに指摘を受けると急に慌てふためく姿がコミカルに描かれています。

毛利小五郎を演じた初代声優、神谷明

毛利小五郎を演じた最初の声優は、神谷明です。神谷明は、テレビアニメ『名探偵コナン』の放送開始の1996年から2009年まで毛利小五郎役を務めました。

神谷明は、初主演を務めたアニメ『バビル二世』で早くも独自の演技スタイル「叫び」で注目され、その後も『キン肉マン』や『シティーハンター』などの80年代を代表する人気アニメで主演を務めました。2015年に放送されたテレビアニメ『神様はじめました◎』での僧正坊役が記憶に新しいです。

現在毛利小五郎役を担当するのは小山力也

小山力也

2009年から現在まで毛利小五郎役を務めている声優は小山力也です。

小山力也は、舞台俳優として活動する傍ら、海外ドラマの『ER』で吹き替え声優としてデビュー、その後も『24 -TWENTY FOUR-』などの人気海外ドラマで吹き替えを担当しています。

その後はテレビアニメにも活動の幅を広げ、2000年には『名探偵コナン』に佐久法史役で出演しています。この初登場から9年の時を経て2代目毛利小五郎役を担当するとは驚きですね。

最近では2015年放送のテレビアニメ『うしおととら』のとら役や、2016年放送の福沢諭吉役など、人気アニメで主要キャラクターを数多く演じています。