マンネリのカップルがまさかのでき婚?女子必見の『グッド・ストライプス』

2017年7月6日更新

5月30日(土)より新宿武蔵野館などで公開が予定の『グッド・ストライプス』。マンネリ化して関係も冷え切りつつあるカップルを、「妊娠」という大きなハプニングを通して起きる数々の出来事を描いていく作品です。

わたしの人生には、たいしたドラマなんて起こらないはずだった。

グッド・ストライプスとは、「素晴らしき平行線」。趣味も、考えも、過去も違う「平行線」上にいる相手を「妊娠」という大きなライフイベントを通し、そのありのままの姿を受け入れていく…。

マンネリカップルに訪れた大事件

この作品の主人公が、マンネリカップルの緑と真生です。趣味も性格を異なり、会話ももはや盛り上がらない二人なのですが、ある日考えもつかなかった大事件が起こります。その大事件というのが…そう、「妊娠」なのです。予想外のハプニングにパニックになる二人。しかしこの出来事こそが冷え切った二人の関係に再び救いの手を差し伸べることになるのです。今まで知らなかった互いの素性や過去、今まで思っていたことなど、この機会にさらけ出してゆく二人。物語の最後に訪れる二人の変化は最大の注目ポイントとなります。

ありふれた日々を描き、漂う緩やかな雰囲気

この映画の一つの特徴が、全体にわたって流れる緩やかな雰囲気です。それはありふれたカップルの喧嘩であったり、家族との会話や日常の生活感を感じるシーンから溢れてきます。メガホンを取っているのは今作で脚本も務め、長編作品では監督デビューとなる岨手由貴子さんです。"ありのまま"の二人を描き出す手腕に注目です。また主題歌を歌うのが、肩の力が抜けた雰囲気の歌声が特徴的な大橋トリオさんです。ストーリーの雰囲気にぴったりな主題歌もこの映画の雰囲気の良さを創り出しています。

主演はモデルとしても大活躍、菊池亜希子さん

今作で主人公となる緑を演じるのは、「マッシュ」などのムック本を出しモデルとしても大活躍されている菊池亜希子さんです。女優としても演技歴のある彼女ですがナチュラルな雰囲気を持った彼女、今回の作品には特にどハマりしておりその魅力が存分に引き出ています。気取らない演技に注目です。またカップルの彼氏、真央役を演じるのはNHK連続テレビ小説『花子とアン』でも存在感を放った中島歩さんです。都会育ちの草食男子を見事に演じきりました。また共演に臼田あさみさんやうじきつよしさんなど、実績のある俳優さんがいることで安心感があります。

日々のありふれたことの大切さを感じることのできるこの作品、ぜひ劇場でご覧になってください。