2017年7月6日更新

園子温監督と綾野剛が裏社会を描く『新宿スワン』がヤバい!あらすじやキャストまとめ

主演に綾野剛を迎え、脇を固めるのは山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介とベテラン俳優ばかりです。 今勢いに乗っている、園子温監督と、綾野剛のタッグに誰もが期待に胸をふくらませています。 原作は同名大人気コミックです。コミックで魅せた世界観をどこまで映像に再現できるのかも見所の一つです。

【あらすじ】男のいる場所には、女がいる。裏社会とその闇をリアルに描き出す

主人公白鳥龍彦は一文無しで新宿歌舞伎町を徘徊していたところを、スカウト会社「バースト」の幹部真虎に出会ったことで、裏社会へと足を踏み入れます。

そこで夜の仕事に従事する女のこをスカウトする仕事を始めます。歌舞伎町という街で時間をやり過ごす女のこたちを次々にスカウトしていく龍彦が、そこで出会ったひとりの青年がかつて、少年の時期をともに過ごした南秀吉でした。

彼もまたスカウトを生業としており、身を置いているのは龍彦のライバル会社「ハーレム」だったのです。

【キャスト】綾野剛は役作りのために金髪に!インパクトと爪痕を残すと意気込み

主演に抜擢されたのは、今一番輝いている若手実力派俳優、綾野剛。今作では主人公龍彦の役作りのために、金髪にパーマをかけてイメージを一新して挑んでいます。

監督をはじめ、キャスト、スタッフともに魂を込めて暴れさせて頂きました、とコメントを寄せています。綾野と言えば、役作りにはストイックで有名。

ヘアスタイルも今作では今までに見ることのなかった、息を飲むような激しい喧嘩シーンや全力で走る場面などが満載。新しい綾野を発見できそうです。

綾野と親友の、山田孝之も参戦!

プライベートでも親友同士の綾野と山田。本作では、ライバル同士の会社に所属している役柄に扮しています。

山田は龍彦のライバル会社「ハーレム」に在籍しているヒデヨシについては「魅力を感じるほどの凶暴性を持っている。」と語り、人の心に深く残る人物だとも言っています。

「孤独で賢く不器用なヒデヨシに、時折精神を乗っ取られそうになります。」とも話しました。それほどまでの魅力を持ったキャラクターが山田に乗り移り、どのように生きるのかに期待が高まります。

新しい監督となって挑んだ、園子温

2015年になって、なんと新作映画が6本も公開予定の園子温監督。その勢いは前にも増して凄まじいものがあります。

彼の真骨頂と言えば、社会の闇や実在した出来事などショッキングなテーマの作品。本作でもそのテーマをリアルにかつ、スタイリッシュに表現しています。

しかし、今作ではそのキャリアを捨て去り、新しい自分、新しい監督となって撮影に挑んだと言います。それだけ、この作品への思い入れや意気込みがあったのでしょう。

今年はいよいよアメリカ資本の作品の制作にも入るという彼から、ますます目が離せません。