Netflix版『僕だけがいない街』あらすじ・キャスト【古川雄輝主演で世界190カ国に配信】

2017年5月12日更新 292view

三部けいによる人気タイムリープ漫画『僕だけがいない街』。テレビアニメ化と実写映画化に続き、このたび、Netflixオリジナルドラマとして3度目の映像化が決定しました。主演は古川雄輝。あらすじやキャストなど最新情報をまとめてみます。

三部けいの人気漫画『僕だけがいない街』がNetflixでドラマ化決定!

『僕だけがいない街』

2012年から16年にかけて「ヤングエース」誌にて連載され、大きな評判を呼んだ三部けいの人気漫画『僕だけがいない街』。単行本は累計発行部数400万部をゆうに超え、「このマンガがすごい!」では3年連続ランキング、また全国の書店員が選んだ漫画ランキングでも堂々1位を獲得するなど静かなブームを巻き起こしました。

主人公がタイムリープの力を駆使して、18年前の悲劇を回避すべく奔走するミステリー。「僕街」と呼ばれて愛される本作が、2016年のテレビアニメ化・映画化に続き、このたび3度目の映像化が決定しました。

監督は下山天、主演に古川雄輝を迎え、制作するのはNetflix。日本発オリジナルドラマとして、今冬、世界190カ国に配信される予定です。

『僕だけがいない街』のあらすじは?

『僕だけがいない街』

主人公は、アルバイトしながら生計をたてている、売れない漫画家の藤沼悟。うだつが上がらないごく平凡な青年ですが、たったひとつ、事件や事故などをきっかけに時間が巻き戻ってしまうという、不思議なタイムリープ「再上映(リバイバル)」の能力を持っていました。

ある日、18年前のある事件に関わる真相に気づいた母の佐知子が、何者かに殺害されてしまいます。そして第一発見者である悟が容疑者に……。

母の死と、18年前、1988年の連続誘拐殺人事件が繋がっていることを確信する悟。やがて、自身のリバイバルの能力を駆使し、二つの時間を何度もタイムリープしながら、事件の真相と真犯人の追及にみずから乗り出します。

主人公の藤沼悟を演じるのは古川雄輝

事件の原因が除去されるまで、何度もその直前の場面にリバイバルしてしまうという主人公・藤沼悟を演じるのは、若手ながら今や国際的な人気を誇る古川雄輝です。

古川雄輝は1987年12月18日生まれ、東京都出身。父の仕事の関係もあり、11年間を北米で過ごした帰国子女です。帰国後進んだ慶應義塾大学では、ミスター慶応に選出。2010年、ホリプロ主催「キャンパスター★H50withメンズノンノ」において審査員特別賞を受賞し、芸能界入りしました。

2013年に主演したドラマ『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』は日本のみならず中国でも大ヒット。絶大なる人気を得て、翌年には日中合作ドラマ『不可思議的夏天』で主演を務めました。2017年3月現在放送中の朝ドラ『べっぴんさん』の村田健太郎役では、一躍国民的知名度をアップさせました。

今回の抜擢に関し、次のように述べています。

「世界中に発信されるということで、日本だけでなく、世界中の方々に見て頂けることを嬉しく思います。久しぶりの主演ドラマなので楽しみながら、原作ファンにも、新しく『僕街』に触れる方々にも満足して頂ける悟を演じたいと思います」
引用:eiga.com

その他の主要キャスト

藤沼佐知子/黒谷友香

黒谷友香

ある真相に気づき殺害されてしまう悟の母・藤沼佐知子を黒谷友香が演じます。

黒谷友香は1975年12月11日生まれ、大阪府堺市出身です。高校在学中にオーディションに合格し、『mc Sister』の専属モデルに。1995年にヒロインのユウコ役で出演した映画『BOXER JOE』以降、本格的に女優として活動をスタートさせました。

2006年の初主演映画『TANNKA 短歌』における、大胆な濡れ場が話題になります。以後、実力派中堅女優としてキャリアを重ね、最近では2時間サスペンスドラマでもなくてはならない存在です。

八代学/戸次重幸

戸次重幸

悟が小学校時代の担任教師・八代学を演じるのは戸次重幸です。

戸次重幸は1973年11月7日生まれ、北海道札幌市出身です。大学在学中に、演劇活動をスタートさせ、そこで知り合った大泉洋、安田顕らと演劇ユニット「TEAM NACS」を結成しました。

先陣を切った大泉洋に続き、やがて東京に進出。様々な舞台、ドラマ、映画に出演し次第に人気俳優として地位を固めていきました。2016年に主演した連続ドラマ『昼のセント酒』の内海孝之役は飄々としたキャラクターが話題に。プライベートでは、女優の市川由衣と結婚し、一児の父です。

片桐愛梨/優希美青

悟のアルバイト先で働く女子高生の片桐愛梨を優希美青が演じます。

優希美青は1999年4月5日生まれの福島県出身。2012年、「第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たしました。

翌年には連続ドラマ『雲の階段』で女優デビューし、2013年の映画『空飛ぶ金魚と世界のひみつ』では主人公の黒田みどり役で初主演。国民的ブームを巻き起こした朝ドラ『あまちゃん』におけるGMT47メンバーの小野寺薫子役は一躍注目され、大きな飛躍のきっかけになりました。

テレビアニメ版『僕だけがいない街』

アニメ『僕だけがいない街』

2016年1月8日から3月25日の間、フジテレビの人気アニメ枠「ノイタミナ」で全12話にわたり放送されました。全体に原作に忠実な展開になっていますが、第11話と12話は、やや異なる展開をみせています。

演じた声優陣は、主人公・藤沼悟を満島真之介、藤沼佐知子を高山みなみ、片桐愛梨を赤﨑千夏、八代学は宮本充が担当しています。また、悟の幼少期を演じたのは土屋太鳳です。

映画版『僕だけがいない街』

映画『僕だけがいない街』

2016年3月19日に実写映画版『僕だけがいない街』が公開されました。製作当時は、まだ原作が連載中だったこともあり、とりわけ後半は映画版ならではの展開をみせることになります。とりわけ、ラストシーンは原作・テレビアニメとも全く別の結末が用意されました。

映画版で藤沼悟を演じたのは藤原竜也、片桐愛梨役で有村架純、八代学役で及川光博、藤沼佐知子役で石田ゆり子など、映画らしい豪華キャストも話題になりました。

Netflix版『僕だけがいない街』の見どころは?

『僕だけがいない街』

2016年のテレビアニメ版と映画版が制作された時点では、原作はいまだ連載中でした。しかも、2016年の後半には外伝『僕だけがいない街 Re』が連載され、単行本の第9巻はそれを収録したものです。

Netflix版『僕だけがいない街』は、すべてが完結した上での初めての映像化とあって、展開と結末に注目が集まっているのです。

下山天監督と古川雄輝は2度目のタッグ!

『L-エル-』

2016年11月に公開された、下山天監督の映画『L-エル-』で、主要キャストの一人・オヴェス役で古川雄輝が出演しています。

一人の女性・エルの波乱の人生を描いた物語で、主人公のエルには広瀬アリスが扮しました。オヴェスは、エルを一途に愛し続ける相手役です。

北海道の苫小牧でロケ敢行!

原作の舞台ともなっている北海道の苫小牧で、2月から3月にかけてロケが敢行されている模様です。原作通りの場所、例えば、市科学センター、モデルとなった美園小学校、西町下水処理センターなど、約20カ所で撮影が行われたとか。

三部けいも苫小牧出身であり、次のコメントを寄せています。

「原作で描いた少年期と同じ街(苫小牧)・季節に撮影が行われていると聞き、自分がイメージした空気感がそのままの形で味わえるのでは、と楽しみにしています。配信がとても待ち遠しいです!」
引用:eiga.com

まだまだ撮影は続行中で、エキストラなども募集されているようです。

公開の詳細は未定で、「今冬」とだけ発表されています。