2017年7月6日更新

世界の現実。過酷な環境で子どもだけで生きていく姿を描いた映画7選

親にとって子どもはいくつになっても「子供」のままですが、子どもから見るともう大人と思う歳っていくつくらいなのだろうか。子どもでも「生きる」ために強くたくましい姿が感動を呼びます。当たり前の話ですが、どんなに幼くても一人ひとり人格があって、自分の考えがあると言うことを再確認できる作品ばかりではないでしょうか。大人顔負けの子役たちの演技にもグッときます。観ていると辛くなっていく映画もありますが、その現実を直視しないといけない時もある!考えるきっかけに!

閉鎖的な土地のなかで、生きていくために強くそしてたくましくなっていく…何が「悪」なのか分からなくなります

koikea01 ラジオかなんかで園監督がおすすめしてた映画だったのかな? うまく説明できないけど人間の根底にある優しさがあぁいいなぁって思える 残酷なシーンはあるけど この映画に悪人いない

日本でもお馴染みだった「クイズ$ミリオネア」に挑戦する少年を描いた作品。世界中の映画賞を総なめした話題作

matzsara 愛と狂気は紙一重だなあと思った。地上波になると大概ラストが削られるので残念だ、あれがないと!といつも思う。兄のラストカットが好き。

「生」と「死」はいつも隣り合わせにあるのではないか!?そして暴力や悪意のなかに「希望」を見出すことができるか!?

skr_icj 暴力で解決するのは間違いだけど、正義が勝てないときはどうしたらいい?正義を貫きたくても自分の中にも邪悪なものは少なからずある。それとの葛藤。いい邦題。きっとやり直せる。そうであってほしい。

柳楽優弥が最年少でカンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞して話題になった作品。柳楽優弥の目力は圧巻!

thee_greco 是枝監督天才。しかし始まりから最後の最後まで、本当にずっと苦しかったです、誰も、知らない。

スタジオジブリの高畑勲監督による、太平洋戦争のさなか、空襲で母親と家を失った幼い兄妹に降りかかる悲運を描いた感動の名作

muppo1120 何度みても心が苦しくなる

オウム事件をモチーフにした作品。祖父から妹を取り戻すため施設を脱走した少年が辿る運命は…

iii_beta オウムサリン事件をモチーフにしてて、カルト教団崩壊後の子ども達のその後を切り取った作品。 十年くらい経ってはじめて向井秀徳の曲をかっこいいと思ってしまった。 『自問自答「カナリア」ミックス』。

幼い三人の子供たちがふざけたり喧嘩したりしながら目指す先は..?

marima_rin 子供三人が人に助けられたり物乞いしたり盗んだりサバイバルしながらひたすらに国境を目指す。美しい風景と子供達の無邪気な笑顔に和まされるが、可愛くても可哀想でも何も変えてあげられない思いが心に重く残る。 #映画