(c)

今最も熱いアクションスターたちを分析してまとめてみた【筋肉・アクション好き必見】

2017年6月1日更新 52274view

近頃アクションスターが不足しているなんて言われていますが、本当にそうなのでしょうか?そこで現在もっとも熱いアクションスターたちを筋肉量などをもとにまとめてみました!

最近アクションスターが人材不足?

shock 最近ハリウッドのアクションスターが不足してるなんて言われていますが、今活躍しているアクションスターといえば誰を思い浮かべますか?

・・ひと昔前ならシルヴェスター・スタローンやスティーヴン・セガールなどがすぐ挙げられていたと思いますが、今はパッとあげられるスターがいないのがアクション映画ファンにとっては悲しいところ!今はどんなアクションスターがいるのでしょう?

そこで今最も熱いアクションスターたちをまとめてみた

分析してみた 今最も熱いアクション俳優と彼らの代表作のキャラクターについてまとめてみました! 各キャラクターからほとばしるパッションや戦い方に応じて冷静/頭脳派or熱血/行動派、また筋肉量からマッチョorスリム度にパラメータを分析。

分析の結果、以下各キャラクターたちを4つのエリアに分けて紹介します。これで現在のアクションスターがまるわかりですね!

①熱血・行動派+マッチョ=体育会系 ②熱血・行動派+スリム=やるときはやる(ヘタレ)派 ③冷静・頭脳派+マッチョ=サイボーグ ④冷静・頭脳派+スリム=イケメン枠

体育会系

アクション映画といえば暑苦しくてむさくるしい、「ザ・漢」!な方々。

ドウェイン・ジョンソン(『ヘラクレス』)

ヘラクレス

熱血さ★★★★ マッチョ度★★★★

『ワイルド・スピード/SKY MISSON』『エクスペンダブルズ3』など近年のアクション映画には欠かせないドウェイン・ジョンソン。それもそのはず、プロレスラーとして鍛え上げた圧倒的な筋肉量で世界を魅了しています!

『ヘラクレス』ではその魅力が全開。武器を振り回して、雄叫びあげちゃう様はザ・体育会系!

クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』)

キャプテン・アメリカ

熱血さ★★★ マッチョ度★★

アクション以外にも多数出演しているものの、『ファンタスティック・フォー』『キャプテン・アメリカ』などアクション俳優としてのキャリアも重ね続けている彼。

クリス・エヴァンスといえば、やはりキャプテン・アメリカ!(血清)ドーピングによってムキムキになったマッチョな筋肉でシールドをぶん投げ続ける肉弾戦とその熱い正義感はもうまさにキャプテンです..

トニー・ジャー(『マッハ!!!!!!!!』)

マッハ!

熱血さ★★★★ マッチョ度★

今イケてるアクション俳優アジア枠は、タイ屈指のアクション俳優トニー・ジャーが一番熱いのではないでしょうか。最近では『ワイルド・スピード SKY MISSON』にも出演していますね。

『マッハ!!!!!!』シリーズでは最強の格闘技ムエタイを駆使しガンガン敵をなぎ倒していきます!もちろんCG・ワイヤー・スタントなんて使わない!熱すぎるッ!

ヒュー・ジャックマン(『X-メン』)

X-メン

熱血さ★ マッチョ度★ 最近では映画『レ・ミゼラブル』『プリズナーズ』の印象が強い彼ですが、映画『X-MEN』シリーズ、『ヴァン・ヘルシング』などアクション俳優としても印象的です。

ヒュー・ジャックマンといえばウルヴァリンですよね。鋭い爪と回復能力でその戦闘能力は絶大。スグに切れちゃうけど実は結構イイ奴。(最近は渋いキャラになっている気がしますが..)

やるときはやる(ヘタレ)派

夢や理想は大きいけど実力はないヘタレ。だけどやるときはやるんです!

アーロン・テイラー=ジョンソン(『キック・アス』)

キックアス

引用: ameblo.jp

熱血さ★★ スリム度★★★★

今では『GODZILLA ゴジラ』『キッス・アス2』などでムキムキな体を披露しているアーロン・テイラー=ジョンソン。また7月に公開される『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ではクイック・シルバーを演じます。

そんな彼も代表作の一つ『キック・アス』ではひょろひょろのアメコミオタクを演じています!ヒーローに憧れ正義感は強いものの、ケンカは弱い、そんな彼も作中最後のほうでは根性見せ付けます!

シャイア・ラブーフ(『トランスフォーマー』)

shaia

引用: cinetri.jp

熱血さ★★ スリム度★★★

『トランスフォーマー』三部作で主演をはったシャイア・ラブーフ。最近のアクション映画では『フューリー』に出演しています。

『トランスフォーマー』の主人公ですが、アクションはロボメインなので、ヒョロいです。が、ロボたちとの熱い友情や成長するに従って現れる頼もしさや行動力は「漢」の片鱗を感じさせます!

サイボーグ

強靭な肉体と冷静な頭脳でもうまさに無敵!

ジェイソン・ステイサム(『トランスポーター』)

トランスポーター

冷静さ★★ マッチョ度★★★ 『スナッチ』『リボルバー』など傑作クライムアクションや『エクスペンダブルズ』シリーズなど、今を代表する生粋のアクション俳優ジェイソン・ステイサム。実は俳優やる前は(水泳の)飛び込み選手だったり、モデルだったりよくわからないキャリアを持っています。

多数ある代表作の中で、『トランスポーター』ではやや感情的な面を見せつつも仕事は出来る運び屋を演じます。頭は薄いがアクションは熱い!!

アーノルド・シュワルツェネッガー(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』)

ターミネーター:ジェネシス

冷静さ★★★ マッチョ度★★★

今最も熱い?と言われるとなんとも言えないですが、今年の夏には『ターミネーター:新起動/ジェネシス』が公開されるシュワちゃん。もはやレジェンド枠です。

全盛期に比べると落ち着いた筋肉量ですがそれでも若手に比べるとまだまだ現役!

イケメン枠

クールで細マッチョ、いわゆる「ずるい」人たちですね。

ポール・ウォーカー(『ワイルド・スピード』)

paulwalker

引用: www.j-sd.net

冷静さ★ スリム度★★

2014年惜しくも自動車事故で急逝したポール・ウォーカー。『ワイルド・スピード』シリーズや『フルスロットル』などで活躍してきた彼の姿をまだまだ観ていたかった..

『ワイルド・スピード』では元警察官の凄腕ドライバーを演じています。筋肉量は劣りますが、やはり車を運転する男の姿ってクール!

リーアム・ニーソン(『誘拐の掟』)

誘拐の掟

(C)2014 TOMBSTONES MOVIE HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

冷静さ★★★ スリム度★

近年『96時間』シリーズなどでアクションスターとして再ブレイクを果たしているリーアム・ニーソン。実は過去にも『スター・ウォーズ』シリーズでクワイ=ガン・ジンだったり『バットマン ビギンズ』ではバットマンの師匠だったり。

彼の主演最新作、5月30日公開の『誘拐の掟』では「心に傷を負ったハードボイルドな私立探偵」という男なら一度は憧れるカッコイイ役どころ..激しいガンアクションや名推理を見せ付けてくれます。

ミラ・ジョヴォヴィッチ(『バイオハザード』)

ミラ・ジョヴォヴィッチ

冷静さ★★ スリム度★★★

女性のアクションスターといえばミラ・ジョボビッチ!『フィフス・エレメント』『ジャンヌ・ダルク』など戦う女が似合う女優No.1なのではないでしょうか。

『バイオハザード』シリーズではミステリアスな美貌と高い戦闘力で世界の危機に立ち向かいます。クール・ビューティとは彼女のことですね。『バイオハザードV リトリビューション』が2012年に公開されているほか、シリーズ最終作になるのでは?と言われている「VI」は今年の夏クランクイン予定だそう。

キアヌ・リーブス(『マトリックス』)

マトリックス

冷静さ★★★★ スリム度★★★★

『コンスタンティン』『マトリックス』でおなじみ、「ぼっち」ぶりも話題になっているハリウッドの不思議ちゃんキアヌ・リーブス。今年10月公開の最新作『ジョン・ウィック』でも流れるように華麗なガンアクションを見せ付けています。

キアヌ・リーブスの代表作は『マトリックス』シリーズのネオ役。漆黒の衣装に身を包み、スリムな体からは予想もできないほどサイバー空間で大胆に戦う姿はイケメン枠の代表です。

グラフにまとめた結果

graph

これで今観たい注目のアクションスターが一目でまるわかりですね! 熱くてマッチョなスターをみたいなら右上から、クールでイケメンなスターたちをみたいなら左下から選びましょう!

また昔はとにかくマッチョなイメージだったアクションスターも、今の時代はアクションスターのジャンルも多様化していることがわかります。マッチョなスターもいれば、スリムなスターもいる。みんなちがって、みんないい。

まとめ

まとめ いかがでしたでしょうか。「あの俳優がいない!」「意味がわからない!」などの声が聞こえてきそうですが、だいたい今活躍しているアクションスターを把握できたのではないでしょうか?

アクション映画が廃れないためにも是非好きなスターを応援しましょう!