2017年7月6日更新

ジョニーデップってフランス語も喋れるの?バイリンガルな海外俳優10人

FayesVision/WENN.com

ハリウッドで活躍する映画スターたち!彼らが英語を話せることは当たり前です。しかし、様々な国、場所から人々が集まる映画業界では、複数の言語を話す俳優は少なくありません。今回はマルチリンガルな映画スター10人を紹介します。

1.サンドラ・ブロック

1964年7月26日生まれのアメリカ人女優サンドラ・ブロック

『スピード』『デンジャラス・ビューティー』など数々のヒット作に出演、2009年『幸せの隠れ場所』ではアカデミー主演女優賞を獲得しています。

(話すことができる言語)英語、ドイツ語

アメリカ生まれのサンドラ・ブロックはドイツ人オペラ歌手の母親を持ち、彼女のヨーロッパツアーに帯同することもありました。そのためドイツ語を話すことが出来ます。

2.ミラ・クニス

1983年8月14日生まれのウクライナ出身女優ミラ・クニス

90年代後半、アメリカの大人気テレビ番組『ザット'70sショー』に出演しブレイクしました。その後、2010年『ブラック・スワン』に出演、リリー役のパフォーマンスが高く評価されています。

(話すことができる言語) 英語、ロシア語

ミラ・クニスはウクライナで生まれ、ロシア語を母国語として育てられました。彼女は7歳の時にアメリカへ移住し、演技のレッスンを積んでいました。

3.ヒュー・ジャックマン

1968年10月12日生まれのオーストラリア人俳優ヒュー・ジャックマン

舞台やテレビに出演しながら下積みを経験し、2000年『X-Men』ウルヴァリン役に抜擢、その後、『プレステージ』『リアル・スティール』『プリナーズ』など数多くのヒット作に出演しています。

(話すことができる言語) 英語、フランス語

オーストラリア生まれのヒュー・ジャックマンは英語の他にフランス語を話すことが出来ます。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のプロモーション時に、第二外国語がフランス語であることが明らかになりました。

4.ナタリー・ポートマン

1981年6月9日生まれ、イスラエルとアメリカの国籍を持つナタリー・ポートマン

1994年リュック・ベッソン監督『レオン』マチルダ役で注目を浴びました。その後、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』、『クローサー』などに出演、2010年『ブラック・スワン』ニナ役でアカデミー主演女優賞を受賞しています。

(話すことができる言語) ヘブライ語、フランス語、日本語、ドイツ語、スペイン語

ナタリー・ポートマンは学業に熱心に取り組み、ハーバード大学を卒業しています。『Vフォー・ヴェンデッタ』の撮影時、スタッフは彼女のドイツ語のスキルに驚かされたそうです。

5.ジョニー・デップ

1963年6月9日生まれのアメリカ人俳優ジョニー・デップ!

1984年『エルム街の悪夢』で映画デビュー、1987年アメリカのテレビドラマ『21ジャンプストリート』で主演を務めアイドル的存在となりました。その後、『シザー・ハンズ』『ギルバート・グレイプ』など着実に俳優としてのキャリアを積み、最近では『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウ役として有名です。

(話すことができる言語) 英語、フランス語

ジョニー・デップは英語の他にフランス語を話すことが出来ます。パリでティム・バートンとインタビューに臨んだ際、フランス語で応えています。

6.シャーリーズ・セロン

1975年8月7日生まれ、南アフリカ共和国出身女優シャーリーズ・セロン

10代の頃、モデルとしてキャリアをスタート、1996年『2 days トゥー・デイズ』ヘルガ役で映画デビューを果たしました。その後、『サイダーハウス・ルール』『スウィート・ノベンバー』などに出演、2006年『モンスター』アイリーン役でアカデミー主演女優賞を受賞しています。

(話すことができる言語) アフリカーンス語、英語

シャーリーズ・セロンの母国語は英語ではありません。彼女は南アフリカのべノニ出身でアフリカーンス語が母国語です。

7.ブラッドリー・クーパー

1975年1月5日生まれのアメリカ人俳優ブラッドリー・クーパー

アクターズスタジオ卒業後、1998年『セックス・アンド・ザ・シティ』で俳優としてデビュー、2009年『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』フィル役で大ブレイクを果たしました。2012年『世界にひとつのプレイブック』2013年『アメリカン・ハッスル』2014年『アメリカン・スナイパー』と3年連続でアカデミー賞にノミネートされています。

(話すことができる言語) 英語、フランス語

ブラッドリー・クーパーは英語の他に、フランス語を流暢に話すことが出来ます。フランス語でインタビューに応える姿がよく目撃されています。

8.ウィル・スミス

1968年9月25日生まれのアメリカ人俳優ウィル・スミス!

80年代後半、ミュージシャンとしてデビュー、1995年『バッドボーイズ』マイク役で俳優としてブレイクを果たしました。その後、『インデペンデンス・デイ』、『メン・イン・ブラック』など大ヒット作に数多く出演しています。

(話すことができる言語) 英語、スペイン語

ウィル・スミスは英語の他にスペイン語を話すことが出来ます。『アフター・アース』のプレミアの際、レッドカーペット上でスペイン語を話していました。

9.エマ・ワトソン

1990年4月15日生まれのイギリス人女優エマ・ワトソン!

2001年『ハリーポッターと賢者の石』ハーマイオニー役で大ブレイクを果たし、2011年『ハリーポッターと死の秘宝Part2』でハリーポッターシリーズが終了するまでハーマイオニー役を演じ続けました。その後は『ウォール・フラワー』などの話題作に出演、この先公開予定のディズニー実写版『美女と野獣』でベル役を演じます。

(話すことができる言語) 英語、フランス語

エマ・ワトソンはイギリス人ですが、フランス、パリ生まれのためフランス語を話すことが出来ます。

10.レオナルド・ディカプリオ

1974年11月11日生まれのアメリカ人俳優レオナルド・ディカプリオ

1991年『クリッター3』で映画デビュー、1993年『ギルバート・グレイプ』アニー役でアカデミー主演男優賞にノミネート、1997年『タイタニック』で一大旋風を巻き起こしました。最近では2013年『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ジョーダン・ベルフォート役での演技が高く評価されています。

(話すことができる言語) 英語、ドイツ語

レオナルド・ディカプリオの母親はドイツ人で、度々ドイツの母親の実家を訪れていたこともあり、ドイツ語が堪能です。