(c)2017「花戦さ」製作委員会

時代劇・歴史映画が多数公開予定!注目のおすすめ映画を紹介

2017年7月6日更新

2017年も数々の新作が公開される時代劇・歴史映画。いずれも壮大なスケールを持ち、実力派俳優を揃えた見応えのある内容です。注目の7作品をピックアップして紹介します。

次々と公開される注目の時代劇・歴史映画!

難しい、退屈、物語に入り込めない、などの理由で敬遠されがちな時代劇や歴史映画。しかし、一大ジャンルとして近年人気を盛り返し、2017年も様々な時代を舞台にした個性あふれる魅力的な作品が続々公開予定です。 今回は人気俳優の出演作から小説や漫画を原作にした作品、海外との合作まで、注目の7作品をご紹介します。

1.不死身の男と家族を失った少女の復讐譚

2017年4月29日公開

沙村弘明の同名コミックが原作の本作品。圧倒的な画力で人気を博した内容を、木村拓哉主演、三池崇史監督タッグで映画化した注目作です。ヒロイン役に2016年上半期朝ドラ『とと姉ちゃん』でブレイクした杉咲花が扮し、その他福士蒼汰、市原隼人、 戸田恵梨香などが出演しています。 「勝つ事こそが至上」をモットーとする剣の流派・逸刀流に、家族を惨殺された無天一流統主の娘・凛(杉咲花)。逸刀流統主の天津影久(福士蒼汰)に復讐を誓いますが、剣の腕前に自信のない彼女は、八百比丘尼(山本陽子)に万次(木村拓哉)という男を用心棒として紹介されます。

2.侍を目指す少年が守る伝統の村

2017年5月29日公開

日本の伝統的な製鉄方法「たたら吹き」を守る村と人々とを描いた壮大な時代劇。EXILEのHIROがエグゼクティブプロデューサーを務め、早くもモントリオール世界映画祭で最優秀芸術賞に輝いた作品です。主演は劇団EXILEの青柳翔が務めます。 戦国時代末期の日本。幼い頃からたたら製鉄の技法を継承する運命を背負っていた伍介(青柳翔)。ある時、村が鉄目当ての山賊に襲われたため、彼は村を守るために武芸に励むようになります。村を守りたい一心で、商人にそそのかされて武士になることを決意した伍介は_。

3.豊臣秀吉に鮮やかな戦を挑んだ男を描く

2017年6月3日公開

安土桃山時代に実在し、立花を確立した池坊流の華道家・池坊専好を描く大型時代劇。池坊専好には野村萬斎が扮し、市川猿之助、佐藤浩市、中井貴一など大物俳優が脇を固め、見応えのあるドラマに仕上げています。 戦国時代末期。生け花の姿勢を確立し、花の美しさで人々に生きる気力を与えた「池坊」流の僧侶たち。その中の一人・専好は千利休(佐藤浩市)という男と知り合います。「茶」と「花」、お互いの道に刺激を与える友情を深めた二人ですが、利休が秀吉に切腹を命ぜられたことから運命は急変します。

4.織田信長VS天下一の忍び。その戦いの行方は!?

2017年7月1日公開

1578年に起きた天正伊賀の乱。織田信長が伊賀の国を攻めた戦いです。この史実を基にした和田竜のベストセラーを原作に、嵐の大野智主演で映画化した注目作。斬新な戦法でこれまでの戦を勝ち抜き、天下統一を目前にした織田軍と、無敵の忍び衆たちの戦いが描かれます。 戦国時代の伊賀の国。忍びとして抜群の腕前を持つ無門(大野智)ですが、普段は妻のお国(石原さとみ)に頭が上がらないぐうたら亭主でした。そんな折、これまで伊賀の国を攻めていなかった無敵の武将・織田信長はとうとう伊賀の国討伐を決意します。無門たち忍びの運命はいかに!?

5.司馬遼太郎のベストセラーを完全映画化!

2017年8月26日公開

司馬遼太郎の同名の名作小説を完全映画化した超大作。『クライマーズ・ハイ』の原田眞人が監督を務め、石田光成役として岡田准一、徳川家康役に役所広司が起用されました。その他有村架純、平岳大など豪華キャストが共演しています。 豊臣秀吉亡き後、天下取りの野望を持つ徳川家康(役所広司)の動きが次第に表面化。秀吉に恩義を感じる石田光成(岡田准一)は、豊臣家を守るために立ち上がります。二人の対立はやがて歴史に名を残す「関ヶ原の戦い」として大規模な戦へと発展します。

6.俳人・小林一茶の破天荒な人生とは?

2017年公開予定

藤沢周平の同名小説をリリー・フランキー主演で映画化した作品です。江戸時代に活躍した俳人・小林一茶。彼の破天荒な人生を描き、共演も中村玉緒や内野聖陽、奥田瑛二など実力派のベテランが出演しています。 江戸時代、継母さつ(中村玉緒)との不仲のために奉公へ出された一茶。どの奉公先でもなじめなかった一茶にとって、俳句の世界が生きがいになっていきます。その後結婚して子どもを設けますが、妻子を亡くすという悲劇に見舞われた一茶。それでも彼は俳句を作る事に情熱を捧げます。

7.チェン・カイコー監督が空海を描いた超大作

2018年公開予定

夢枕獏原作の小説を、『さらば、わが愛』などの名匠チェン・カイコー監督が映画化。150億円というハリウッド並みの巨額の製作費が投じられます。 空海役に染谷将太、唐の詩人白居易役に中国の人気俳優ホアン・シュアンをキャスティングした注目の日中合作の話題の作品です。 遣唐使として唐の都を訪れた空海(染谷将太)。彼は詩人として名をはせる白居易(ホアン・シュアン)と出会い、親交を深めていきます。しかし、ちょうど唐の都では権力者達が次々に死亡すると言う奇怪な事件が起きていました。空海と白居易は事件の真相に迫ります。