高月雪乃介、実写映画『3月のライオン』二海堂晴信の幼少期を演じた子役に注目!素顔や出演作に迫る!

2017年5月19日更新 395view

天才が続々と現れる子役業界。その中でも最近注目を集めているのが高月雪乃介。2017年3月に公開された映画『3月のライオン』では、二海堂晴信の幼少期を演じ話題になりました。映画に加え、多くのCMにも出演している高月雪乃介の魅力に迫ります。

今話題の子役、高月雪乃介って誰?

高月雪乃介(たかつきゆきのすけ)は2005年12月15日生まれの11歳。PS VitaやOPEN HOUSE など数々のCMに出演。これからを期待されている子役の一人です。 そんな高月雪乃介は大手芸能事務所JobbyKidsに所属中。寺田心や芦田愛菜など人気子役を多く抱えるJobbyKidsは、今一番勢いのある子役事務所と言われております。 最新作では映画『3月のライオン』に出演。主人公の最大の仲間でありライバルでもある二海堂晴信の幼少期を演じ、抜群の演技力で観客から多くの注目を集めました。

『3月のライオン』では、初の映画出演!

2017年3月に公開された映画『3月のライオン』にて初の映画出演を果たした高月雪乃介。 映画『3月のライオン』は幼い頃に家族を失った天才棋士、桐山零の人生を描く青春物語。孤独を抱えすがりつくかの様に将棋を指していた桐山でしたが、同じく母を亡くし父を失った河本三姉妹に出会い少しづつ前に進み始めます。 羽海野チカ原作、漫画『3月のライオン』の実写映画化は神木隆之介が主演を務めるということで大きな話題になりました。前編後編の二部作は2017年5月現在、絶賛公開中です。

主人公桐山の最大のライバル、二海堂晴信。

映画『3月のライオン』で高月雪乃介が演じたのは、二海堂晴信の幼少期。 『3月のライオン』において重要人物である二海堂晴信は実在した将棋棋士、村山聖をモチーフとしたキャラクターだと言われています。「東の羽生、西の村山」と称されるほどの才能を持っていた村山でしたが、幼少期から大きな病を抱えていました。その病が故に才能を惜しまれつつも29歳という若さでこの世を去りました。 二海堂晴信も村山聖と同じく大病を患っていますが、将棋へとひたむきに向かい続けます。主人公桐山の最大の仲間であり、最大のライバルでもある二海堂。劇中でも難病を抱えながらも桐山に負けじと努力を続けるその姿は、多くの人の感動をさそいました。

「PS Vita」のCMで話題のこども先生は高月雪乃介!

2016年11月には小学生であるにも関わらず、先生役を演じ話題に。 小さい男の子が青いジャージを羽織り、サンタ達に教鞭を執る姿がとても印象的な「PS Vita」のCM。少しふっくらとしたこども先生を高月雪乃介が演じました。当時10歳の少年の熱演と沢山のサンタ達というシュールな組み合わせには思わず笑みがこぼれてしまいます。 高月雪乃介が出演している「PS Vita」のCMは、今回紹介した「こども先生編」を加え全3本。残りの2本である「子ども刑事編」「子ども警官編/クリスマスキャンペーン」どちらも、高月雪乃介が主体の構成となっており、可愛らしい演技をみることができます。

「OPEN HOUSE」のCMでは、子犬役で視聴者を魅了!

続いてこちらのCMでは子犬役を演じる高月雪乃介。先程のこども先生とは打って変わり、実に可愛らしい様子。CM内で共演した俳優の織田裕二も、あまりの可愛さにたじろいでしまったのではないのでしょうか。 オープンハウスのCMシリーズは、2017年5月現在では全9本。毎回CMに登場するゲストにも大きな注目が集まっております。8作目では動物研究家のムツゴロウこと畑正憲、9作目では黒猫を演じる菜々緒が再登場するなど、織田裕二に負けず劣らずの役者が揃い踏み。そんな錚々たる面子に小学生ながら名を連ねる高月雪乃介は、やはりとても大きな期待を受けているのではないのでしょうか。

高月雪乃介のこれからの活躍に期待!

超激戦区と言われている子役業界。映画に出演するためには、時に400倍のオーディションを勝ち抜かなければならないとも言われています。 そんな激しい競争の中、11歳ながらにして多くのCMやドラマに出演し結果を残し続けている高月雪乃介。これからテレビや劇場で見かける機会もまだまだ多くなるのではないのでしょうか。 彼の成長と、さらなる活躍に期待です。