細田守最新作『未来のミライ』は4歳の少年の成長を描く!【2018年7月20日公開】

2017年12月13日更新

『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、そして『おおかみこどもの雨と雪』と数々のヒット作を世に送り出し続け、今や日本のアニメ界を代表する名監督となった細田守。2017年5月、彼の最新作の情報が解禁されました。そのタイトルは『Mirai(英題)』。本記事では公開まで最新情報をお伝えしていきます!!

細田守の最新作『未来のミライ』の公開が決定!

2006年公開の『時をかける少女』、2009年公開『サマーウォーズ』、2012年『おおかみこどもの雨と雪』と数々のヒット作を世に送り出してきた細田守。2017年5月、彼の最新作が製作中であることが発表されました。 そんな待望の新作のタイトルは『Mirai(英題)』と発表されていましたが、邦題は『未来のミライ』に決定。公開日は2018年7月20日を予定しています。 本記事ではそんな本作のあらすじ、キャストから見どころまで最新情報まで徹底的に紹介します!

4歳の少年・くんちゃんの冒険と成長を描いたファンタジー

本作『未来のミライ』の主人公は突然家族に加わった妹に両親の愛を奪われ戸惑う4歳の少年・くんちゃん。そんな彼の元に現れたのは、未来から来た妹のミライ。彼の冒険は自宅の庭から過去へとタイムトラベルをするところから始まります。 タイムトラベルの中で主人公はこどもだった頃の母親や若い頃の曽祖父に出会い、"兄"として成長していきます。見る人誰もが共感できる部分がある、そんな普遍的な兄弟の物語になっているそうです。 また本作の舞台として描かれるのは、横浜市磯子区周辺。どこかノスタルジー溢れる背景が魅力の一つでもある細田作品だけに、どのような「横浜」が描かれるのか、注目ですね!

細田守最新作『未来のミライ』の公開日は2018年7月20日公開

そんな細田守の最新作の完成は2018年5月、日本での公開日は2018年7月20日となっています。上映館数は『バケモノの子』と同規模程度を予定しているとのことで、公開が待ち遠しいですね!