©2018 STUDIO CHIZU

細田守最新作『未来のミライ』は4歳の少年の成長を描く!【2018年7月20日公開】

2017年12月13日更新

『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、そして『おおかみこどもの雨と雪』と数々のヒット作を世に送り出し続け、今や日本のアニメ界を代表する名監督となった細田守。2017年5月、彼の最新作の情報が解禁されました。そのタイトルは『未来のミライ』。本記事では公開まで最新情報をお伝えしていきます!!

細田守の最新作『未来のミライ』の公開が決定!

2006年公開の『時をかける少女』、2009年公開『サマーウォーズ』、2012年『おおかみこどもの雨と雪』と数々のヒット作を世に送り出してきた細田守。2017年5月、彼の最新作が製作中であることが発表されました。 そんな待望の新作のタイトルは『Mirai(英題)』と発表されていましたが、邦題は『未来のミライ』に決定。公開日は2018年7月20日を予定しています。 本記事ではそんな本作のあらすじ、キャストから見どころまで最新情報まで徹底的に紹介します!

4歳の少年・くんちゃんの冒険と成長を描いたファンタジー

未来のミライ
©2018 STUDIO CHIZU

本作『未来のミライ』の主人公は突然家族に加わった妹に両親の愛を奪われ戸惑う4歳の少年・くんちゃん。そんな彼の元に現れたのは、未来から来た妹のミライ。彼の冒険は自宅の庭から過去へとタイムトラベルをするところから始まります。 タイムトラベルの中で主人公はこどもだった頃の母親や若い頃の曽祖父に出会い、"兄"として成長していきます。見る人誰もが共感できる部分がある、そんな普遍的な兄弟の物語になっているそうです。 また本作の舞台として描かれるのは、横浜市磯子区周辺。どこかノスタルジー溢れる背景が魅力の一つでもある細田作品だけに、どのような「横浜」が描かれるのか、注目ですね!

『未来のミライ』の詳しいあらすじは?

『未来のミライ』
©2018 スタジオ地図

舞台は、とある都会の片隅にある小さなお家。甘えん坊な4歳の少年、くんちゃんは生まれたばかりの妹の存在により両親の愛情が奪われたと思い、モヤモヤする日々を送ります。 そんな中、未来からやってきた妹・ミライちゃんが現れます。そして、ミライちゃんと共に大冒険に出かけるのでした。 家族の過去との出会いや、不思議な出来事を体験したくんちゃんが最後に着いた場所とは?そして、ミライちゃんがやってきた本当の理由が明らかに......?

『未来のミライ』豪華キャストを大公開!

くんちゃん/cv.上白石萌歌

『未来のミライ』
©2018 スタジオ地図

くんちゃんは、超甘えん坊な男の子。4歳にも関わらず、妹に嫉妬する日々を送ります。 くんちゃんを演じるのは、上白石萌歌。彼女は、第7回東宝シンデレラオーディションで、見事グランプリを獲得した後、映画やドラマなど幅広く活躍しています。2016年には『君の名は。』で声優デビューを飾り、声優としても非常に注目人物です。 実は、上白石萌歌はミライちゃん役のオーディションを受けたそう。オーディション後に監督に呼び止められ、くんちゃんを演じることになったのです。選ばれた後は、保育園で実際の4歳児と遊んだりして子供としての感覚を掴んだようです。 共演陣らは、上白石萌歌の演じぶりや透明感のある声に大絶賛しています。そんな彼女によると、『未来のミライ』は細田守監督の愛情たっぷりな作品に仕上がっているそうですよ。楽しみですね!

ミライちゃん/cv.黒木華

ミライちゃんは、未來からやってきたくんちゃんの妹。演じるのは、黒木華です。 黒木華は、過去に細田守監督の作品である『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』の声優を務めた経歴があり、本作で3度目の出演となります。 彼女は、映画『未来のミライ』を、身近な題材を使いつつ、壮大なスケールで楽しませてくれる素晴らしい作品だと評価しています。

おとうさん/cv.星野源

『未来のミライ』
©2018 スタジオ地図

仕事と子育てに奮闘するおとうさんを熱演するのは、星野源です。 星野源は、音楽家や俳優、エッセイスト、コラムニストなど、マルチに活躍するタレントです。ドラマ『逃げるは恥だが役には立つ』で爆発的人気を博し、その存在を知った人も多いのでは。 彼は、全員で一つのものを育てているような感覚を抱いたとコメントを残しています。

おかあさん/cv.麻生久美子

『未来のミライ』
©2018 スタジオ地図

おかあさんは、妹のお世話と、駄々をこねるくんちゃんのお世話に翻弄されて悩む日々を送ります。 おかあさんを演じるのは、麻生久美子。彼女は、2011年に公開された映画『モテキ』など、様々な映画に出演している女優です。黒木華と同様に、過去に細田守監督作品の『おおかみこどもの雨と雪』と『バケモノの子』の出演を果たしています。 麻生久美子によると、映画『未来のミライ』は親としても共感が多く、少しずつ成長していくこどもの姿を楽しめるとのこと。

『未来のミライ』主題歌を山下達郎が担当!

本作『未来のミライ』の主題歌とオープニングテーマを、山下達郎が書き下ろすことも明らかになっています。彼は過去に同じ細田守監督の『サマーウォーズ』でも楽曲を手掛け、本作で9年ぶり・二度目のタッグになります。 山下はオープニングで流れる『ミライのテーマ』という楽曲を既に完成。エンディングで流れる主題歌を現在制作中とのことです。 オープニング曲『ミライのテーマ』と主題歌は、山下達郎の51枚目のシングルとして2018年7月11日に発売されます。

最新予告も続々発表!

2つ目となる最新予告が発表されました。 キラキラとした世界観が垣間見れるのでは?

特報映像も大公開!?

特報映像も大公開しています。 映画公開が待ちきれない人は特に要チェックです!

『未来のミライ』が、カンヌ映画祭の監督週間部門で選出!

映画館 客席 フリー画像

なんと『未来のミライ』が、2018年5月8日に開催される第71回カンヌ国際映画祭の”監督週間”に選ばれ、世界で最も速く上映されることが決定しました。2018年には他に20作品が選出されていますが、アニメ作品は『未来のミライ』だけです。 このことを受けて細田守監督は、初めての上映がカンヌ映画祭だということに対する驚きの声と、作品の反応に対する期待を語っています。 くんちゃん役の上白石萌歌は、主演を務めた作品と共に念願のカンヌに行くことができることに幸せを感じると述べ、喜びを爆発させていました。また、黒木華や、星野源、麻生久美子といったその他出演陣も祝福のコメントを寄せています。

『未来のミライ』の原作小説が発売!?

未来のミライ
©2018 スタジオ地図

細田守監督自らが執筆した『未来のミライ』の原作小説が発売されます。 気になる発売日は、6月15日。映画公開前に読んでみるのも良いかもしれません。映画とはまた違った面白さがあるかも......?

『未来のミライ』公開記念に、細田守監督作品を配信!

『未来のミライ』がこの夏に公開されるにあたって、細田守監督の過去作品を21の配信サービスで公開するそう!『バケモノの子』、『おおかみこどもの雨と雪』、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の4作品を4月25日から楽しめます。なお、dアニメストアとdTVは4月13日より配信開始です。 過去作品をおさらいしてから、最新作に望みましょう!

細田守最新作『未来のミライ』の公開日は2018年7月20日公開

未来のミライ
©2018 STUDIO CHIZU

そんな細田守の最新作の完成は2018年5月、日本での公開日は2018年7月20日となっています。上映館数は『バケモノの子』と同規模程度を予定しているとのことで、公開が待ち遠しいですね!