今週映画館で観たいおすすめ映画5選(6月23日公開〜)

2017年7月6日更新

今週映画館行くならこの作品がおすすめ。Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選して映画をご紹介。口コミ・予告をチェックして映画館に出かけよう。

【6月23日公開】『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が続編で帰ってくる!オトナの男女関係が再び

恋愛未経験の純粋な女性・アナと大企業のCEOである大富豪・グレイ。2人は強く惹かれあい、求めあいながらもグレイの歪んだ愛の形をアナは受け入れきれず、グレイの元を去る。やがて大学を卒業したアナは、出版会社に就職し新生活を始める。 一方、グレイはこれまでの女性に感じることのなかった愛情をアナに感じ「戻ってきて欲しい」とアプローチする。密かにグレイを思い続けていたアナは喜びを感じながらも、ある思いを胸に彼女から新たな条件を要求する。 惹かれ合う2人を引き裂くものとは…。アナが下す人生で最も重大な決断とは…。

【6月24日公開】アカデミー賞、2部門受賞!戦争映画史に残る衝撃の実話がついに公開

銃も手榴弾もナイフさえも、何ひとつ武器を持たずに第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男がいた。彼の名は、デズモンド・ドス。重傷を負って倒れている敵の兵士に手当てを施したことさえある。終戦後、良心的兵役拒否者としては、アメリカ史上初めての名誉勲章が授与された。  なぜ、彼は武器を持つことを拒んだのか?なんのために、命を救い続けたのか? いったいどうやって、奇跡を成し遂げたのか? 歴戦の兵士さえひと目見て言葉を失ったという〈ハクソー・リッジ〉の真に迫る戦闘シーンが、 “命を奪う戦場で、命を救おうとした”1人の男の葛藤と強い信念を浮き彫りにしていく─実話から生まれた衝撃の物語。

【6月24日公開】イケメンマルチ俳優、ディーン・フジオカが結婚詐欺師に。騙した男と騙された女、彼らが抱えた思いの結末とは…。

「結婚しよう」──まるで呼吸するかのように、自然にプロポーズを決める男。彼の名は古海健児(ディーン・フジオカ)。端正な容姿に気の利いた会話、捉えどころのないミステリアスな瞳、そしてどこか寂しげな横顔で瞬時に女たちの心を奪う、結婚詐欺師だ。  出会ってひと月も経たない古海のプロポーズに、家具店で働く麻美(中村映里子)は驚き戸惑いながらも、初めて訪れた幸せに舞い上がる。だが、二人で暮らすマンションの敷金として100万円を渡した直後、古海は麻美の前から姿を消してしまう。  そんな手口で古海は、元々は被害者の一人だったるり子(柊子)という相棒と共に、市役所に勤める鳩子(安藤玉恵)、キャリア志向の元編集の者の真奈(松本若菜)と次々と相手に合わせて設定を変えて女を騙していく。──だが驚くべきことに、彼自身は妻の初音(貫地谷しほり)と幸せな結婚生活を送っていた。  ある時、鳩子が私立探偵の矢島(古舘寛治)に古海探しを依頼した事をきっかけに、騙された女たちが偶然に繋がり、古海の行方を探し始める。  一方、窮地を助けてくれた謎の女・泰江(萬田久子)と出会った古海は、互いに過去に秘密を抱えている事ことを感じ取り、不思議な絆が生まれはじめる。そんな中、古海は彼女から、人生を変えるであろう“ある提案”を持ちかけられる……。

【6月24日公開】向井理の祖母・芦村朋子さんの半生記を向井が企画に携わり映画化!戦争を生き抜いた女性の強さがわかる一作

81歳でなくなった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンに向かってい、亡くなった夫・五郎との思い出を手帳として記録していた。しかし、彼女は突然病で倒れてしまう。 そんな彼女の代わりに孫の理が『何日君再来』と題された祖母の日記をまとめていくことに。 綴られていたのは今まで知ることのなかった、戦中・戦後を生きてきた祖母・朋子と祖父・五郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった。

出典: itsukimi.jp

【6月24日公開】80歳の爺さんたちが年金を取り戻す為に強盗!?豪華俳優で送るコメディー映画

3人は40年間ウェスラー社で働き、定年後は悠々自適な年金生活を送るはずだったが、会社の所有者が変わったことで、彼らの年金は消えてしまった。 そこで3人の老人はある計画を立てることに…そこで盗みのノウハウを教えてくれるコーチを探すことに。あるツテを使って、動物保護施設の運営と泥棒、2つの顔を持つ、"ジーザス"という男を紹介してもらい、彼の指導のもと3人の仲間たちは銀行強盗になるための特訓を始める…。