2017年夏期ドラマ、期待度ランキング!【初回視聴率と口コミから】

2017年7月25日更新

前期の春ドラマでは『緊急取調室』や『小さな巨人』が大好評でした。2017年夏ドラマでは一体どのドラマが一番人気となるのでしょうか?!今回は初回の視聴率だけでなく、口コミや前評判を含めた期待度からランキング付けをしています。

2017年夏ドラマ、今期を制するのは!?

梅雨も明け、今年も夏の訪れと共に夏期ドラマが続々とスタートしました!春ドラマに引き続き、オリジナル作品や人気コミックの実写版、シリーズの続編などがバランスよくラインナップされています。 外出率が上がる夏は視聴率が振るわない傾向にあると言われていますが、最近では視聴率だけで人気度が計れないのが正直なところ。2017年冬期の『カルテット』や前期の『リバース』など視聴率がそこそこでも高く評価されたドラマも数々あります。 という事で今回は口コミや前評判を中心に、初回視聴率も含めた視聴者の期待度順にランキング付けしてみました!山下智久、錦戸亮、長瀬智也などジャニーズ勢が主演の作品が多い中、朝ドラ女優・高畑充希主演作はどこまで健闘するのか?!今後続きを見る上での参考にぜひご覧ください!

5位:関ジャニ 錦戸亮が仕事ができない可哀想な夫に?!『ウチの夫は仕事ができない』

初回視聴率 11.2%

会社から全く期待されず、部下からも見下されているお荷物社員の夫が会社を辞めようとした矢先に妻の妊娠が発覚。夫が仕事をこなせるようになる為、夫婦二人三脚で奮闘していく物語です。 メインキャストは錦戸亮、松岡茉優に加え、佐藤隆太、壇蜜、藪宏太、イモトアヤコなどが抜擢されました。脚本は『ファーストクラス』や『べっぴんさん』、『戦う書店ガール』などヒット作からそうでないものまで幅広く手掛けてきた渡辺千穂が務めます。 口コミ ・松岡佐藤の安定した演技に錦戸がどこまでついていけるか? ・『べっぴんさん』の脚本がつまらなかったから期待薄 ・藪宏太がめちゃくちゃかっこいいから楽しみ! ストーリーやキャストに問題はなく、錦戸亮・藪宏太と人気アイドルが出演するためジャニーズファンには目が離せない作品。しかし初回視聴率は2桁スタートと好発進でしたが、第2話は9.1%と約2ポイントダウンしています。これから急展開があればまだまだ挽回のチャンスはありますが、今後のストーリーはどうなっていくのでしょうか?これからの展開に期待です。

4位:警視庁のスペシャリストたちが帰ってきた!第3シリーズ目となる『刑事7人』

初回視聴率 11.8%

東山紀之演じる主人公・天樹悠を含めた7人の破天荒揃いな刑事たちが、各々の得意分野を生かしながら事件を解決していく物語。2015年に第1シリーズ、2016年に第2シリーズが放送され、今回が第3シリーズ目となります。 キャストは東山紀之のほか、髙嶋政宏、片岡愛之助、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也など演技力には定評のある俳優陣が集結。脚本は真野勝成、吉本昌弘、徳永富彦が交代で務めるようです。 口コミ ・天樹の妻子の事件が語られるようで楽しみ! ・ストーリー展開とキャストの演技力は安心感がある ・シーズン1と2で主人公がキャラ変したのが解せない さすがの3シリーズ目というだけあって安定感が評価されている作品。『相棒』や『科捜研の女』などの刑事ドラマのように定番化できるか否かは、マンネリ感のない波乱の展開を魅せていけるかが課題です。

3位:韓国の大人気ドラマをリメイク化!長瀬智也の約1年半振りの連ドラ主演作『ごめん、愛してる』

初回視聴率 9.8%

幼い頃母親に捨てられ、誰にも愛されず育ってきた主人公・岡崎律。再会した母親に相手にされず愕然とした律でしたが、純粋で愛情深い凜華に出会った事で愛すること、愛されることを知っていく感動的ストーリーです。 主人公はTOKIOの長瀬智也。そのほか吉岡里帆、坂口健太郎と話題の新人俳優が肩を並べ、大竹しのぶ、六角精児、池脇千鶴、中村梅雀など本格派が脇を固めています。韓国で人気のイ・スヒョクも出演するとあって、人気と話題性を意識したキャスティングです。 口コミ ・とても感動した韓国版のリメイクなだけに楽しみ ・このキャストなら見ないわけにいかない! ・韓国ドラマ大好きだから嬉しい ・この曜日・時間帯に韓流ドラマっぽいのは厳しい 『ごめん、愛してる』は、韓国で高視聴率を記録した大ヒットドラマのリメイク版です。『半沢直樹』や『下町ロケ ット』など、高視聴率を記録した名作揃いの日曜劇場枠とあって期待が高まる一方、視聴者の見る目も厳しくなる事でしょう。韓流ドラマ色が強いと好き嫌いが分かれる為、いかに日本らしいストーリーにできるか、暗くなりすぎないようにする事が今後の分かれ目と言えます。

2位:高畑充希の箱入り娘キャラが面白い!『過保護のカホコ』

初回視聴率 11.6%

何から何まで親の言う通りにしてきた史上最強の箱入り娘・カホコ。そんな温室育ちのカホコが自分とは正反対の境遇の青年と出会った事で成長し、眠っていた本当の力が呼び覚まされていく痛快ホームドラマです。 主人公カホコ役に抜擢されたのは『とと姉ちゃん』で一気に飛躍した高畑充希。母親役は黒木瞳が演じ、物語の進行役も務める父親役は時任三郎が演じています。その他、竹内涼真、佐藤二朗、三田佳子、西岡德馬が出演中です。 口コミ ・日テレ水10枠は面白い作品が続いているから楽しみ! ・遊川和彦脚本は当たり外れが激しいから期待したい ・高畑充希と竹内涼真どっちも好きだから早く見たい! ・設定を見ても面白そうなポイントが見当たらない 『家政婦のミタ』や『女王の教室』、『○○妻』など多くのヒット作を手掛けてきた遊川和彦脚本のオリジナルドラマという訳あって、注目が集まっています。さらに今人気爆発中の高畑充希と竹内涼真の共演に、舞台や朝ドラで磨かれた高畑の演技力が加われば視聴率が上がっていく可能性は充分にあるでしょう。

1位:人気シリーズの第3弾!豪華キャストが再集結した『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』

初回視聴率 16.3%

日本で唯一ドクターヘリを題材とした『コード・ブルー』シリーズは、ヘリに乗り込みながらその命と真摯に向き合い日々成長していく、5人のフライトドクターたちを描いた医療ドラマです。 メインキャストは2008年、2010年と変わらず山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介が起用され、当時はまだ若手俳優だった5人でしたが今では全員が主役級の活躍を魅せている豪華キャストが実現しました。他にも有岡大貴や成田凌、新木優子、馬場ふみかなど、2017年注目度急上昇中の若手キャストの出演も期待が高まっています。 口コミ ・今まで視聴率も良かったし期待できそう! ・キャストが豪華すぎる! ・3シリーズ目なだけあって安定感がある ・これでコケたら月9ブランド相当ヤバイのでは? 1stシリーズ平均視聴率は15.9%、2ndシリーズは16.6%といずれも高視聴率を記録しているので今回も2桁平均は固いでしょう。しかし今までの月9枠の大コケ具合を見ると全く油断はできません。 シリーズものは1stシーズンから見ていないと内容が分からなかったりするので、いかに3rdシーズンから見始める視聴者を増やすか、という点が重要になってきます。もちろん視聴率だけで判断できないのが現在のドラマですが、打ち切りの噂も出ている月9枠なだけに視聴率はかなり重要視されているでしょう。

2017年、あなたのお気に入りはどれ!?

人気脚本家、遊川和彦作品や、『コードブルー』の続編、韓国ドラマのリメイクなど注目作が目白押しの2017年夏。あなたが好きな作品や気になる作品はありましたか? これからどんな作品がヒットするのか、楽しみですね。