(c)ciatr

今週映画館で観たいおすすめ映画5選(7月21日公開〜)

2017年7月21日更新

夏休み映画が続々と公開予定!今週映画館行くならこの作品がおすすめ。Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選して映画をご紹介。口コミ・予告をチェックして映画館に出かけよう。

【7月21日公開】ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオが贈る大人気アニメーション第3弾が公開

晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり、80年代ファッションに身を包んだバルタザールは、様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまう。そんな時、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。父親から莫大な遺産を相続しているドルーは、父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。一方、グルーの相棒ミニオンたちは、グルーが反悪党同盟をクビになったことで再び悪の道に戻ってくることを期待していたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出るのだが……。

出典: minions.jp

【7月22日公開】大人気アニメがドラマ実写化を経て、新たなキャストを迎え、ついに実写映画化!

高校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されてしまう。一緒に任命されたのはおしゃべりができない少女・成瀬順。 彼女は幼い頃、自分の一言で両親が離婚してしまい、それ以来誰にも心を開かなくなっていた。 その他、優等生の仁藤菜月、野球部の元エース田崎大樹が選ばれた。 担任の思惑で、“ふれ交”の出し物がミュージカルに決定。 そんな中4人の心は恋に揺れ動き、すれ違い始めるもついに舞台は当日を迎える…。

【7月21日公開】2016年、東京国際映画祭・コンペディション部門において最優秀男優賞、観客賞を受賞!「ミスコンの女王」を描いたフィリピン映画

ミスコンの女王、トリシャが急死した。家族から絶縁され、身寄りのない娘を育て上げ、ついにミスコン女王に輝いた末の突然の死だった。そんな彼女の遺言は、葬儀までの7日間の死化粧への注文だった。 ビヨンセ・レディー・ガガなどトリシャと関わりのあった人々が葬儀に訪れた思い出を回想する。

【7月15日公開】『月刊コミック@バンチ』のウェブコミック配信サイト『くらげバンチ』で連載の同名漫画を実写映画化!群馬県のあるあるを描いたご当地青春ラブコメディー

神月 紀(間宮祥太朗)はチバ県からグンマ県へ引っ越してきた高校2年生。転校初日、グンマ特有のからっ風を受け、自転車で前に進むことが出来ない神月を軽々と抜かしていく、美しすぎるグンマ女子・篠岡京(馬場ふみか)。その横顔に恋をした瞬間、スカートが風にあおられ…!?そんな幸せ絶頂の神月を待ち受けていたのは、独自性の強いグンマの文化、異常なほどグンマ愛が強いクラスメイト達だった—

出典: www.ntv.co.jp

【7月22日公開】2015年、ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞した注目監督作!父と娘の愛と再生の物語とは

父親のヤヌシュ(ヤヌシュ・ガヨス)とその娘オルガ(ユスティナ・スワラ)は母親を亡くし、2人で暮らしている。検察官であるヤヌシュは妻の死後、事件現場で人の死体をみても何も感じなくなっていた。一方、オルガは心を閉ざし、摂食障害を患っていた。母親を失った今、ヤヌシュはそんな娘にどう接して良いか分からず2人の溝は深まっていた。 そんな中、ヤヌシュの家では不思議な出来事が起き始める。水が出しっぱなしになったり、部屋が極度に寒くなったり、かけてもいないのにレコードが鳴っていると隣人に苦情を言われたり…。それを聞いたアンナはヤヌシュとオルガに、母親の霊と交信し直接話すことを試みようと持ちかける。「妙な期待をさせないで欲しい。」一度は拒絶したヤヌシュだったが、ある晩、引き出しを開けるとそこには妻と自分しか知らないことが書かれた手紙が入っていた。信じられない出来事にアンナを訪ね交霊を依頼する。アンナとヤヌシュとオルガの3人は手と手を取り合って交霊を始める―。