坂口健太郎の魅力がたくさん!おすすめ出演映画10選

2017年11月14日更新

MEN'S NON-NOのモデル時代から“塩顔男子”の代表格ともてはやされ、映画にドラマに大活躍の坂口健太郎。2014年俳優デビュー作から今後公開予定の作品までおすすめ10作品を厳選し、演じた役柄、見どころ等紹介したいと思います。

“塩顔男子”の代表格、坂口健太郎

MEN'S NON-NOのモデル時代から“塩顔男子”の代表格として注目を浴び、俳優デビューから約3年、映画にドラマに大活躍の坂口健太郎。 どんな作品に出演し、経験を積んできたのでしょう?デビュー作から今後公開予定の作品まで、おすすめ10作品を厳選し、役柄や見どころを紹介したいと思います。

1.坂口健太郎の俳優デビュー作!バーの店員役を演じる【2014年】

MEN'S NON-NOのモデルとして活躍していた2014年、俳優デビューを果たすことになった記念すべき一作です。オーディションを受けに来た坂口健太郎を永田琴監督が気に入り、急遽シナリオにない新たな役を用意したのだとか。 門脇麦・道端ジェシカの主人公2人が、ヨガを通して人生を見つめ直す“癒し”の物語です。坂口健太郎は主人公行きつけのバーの店員・瞬を演じています。 実はモデルになる前から役者を目指していたという坂口健太郎。撮影期間はわずか1日、初仕事とは思えないナチュラルな演技をご覧ください。

2.坂口健太郎がお父さん!?ヒロイン榮倉奈々の弟役を好演【2015年】

西炯子による大人気コミックを原作に大人のラブストーリーを描く『娚の一生』。坂口健太郎はヒロインつぐみの弟・信夫役を演じています。 キャリアウーマンとして仕事に身を捧げ、妻子ある男性と不倫関係にあったつぐみとは対照的に、若いながらも結婚して家庭を養う信夫。柔らかな笑顔が似合う穏やかな青年です。 都会生活に疲れ田舎生活を始めるヒロイン・つぐみ役を榮倉奈々、ひょんなことから同じ家で暮らすことになるモテメン大学教授の海江田醇役を豊川悦司が務めます。親子ほど年の離れた2人ですが、しだいに無くてはならない存在だと気付き……。

3.是枝裕和監督作品で、金を貢がれるダメ男を演じる!【2015年】

鎌倉で暮らす四姉妹の心の交流と成長を描いた『海街diary』。四姉妹の長女・幸を綾瀬はるか、次女・佳乃を長澤まさみ、三女・千佳を夏帆、母親の違う妹・すずを広瀬すずが演じています。 坂口健太郎が演じるのは次女・佳乃の年下の恋人・藤井朋章。長澤まさみの足のアップから始まる印象的な冒頭シーンにも、隣に横たわる坂口健太郎がこっそり登場しています。 日本アカデミー賞最優秀作品賞・監督賞・撮影賞・照明賞を受賞。優秀賞には更に多くの名前を連ねています。美人四姉妹を袖にした藤井朋章、金にだらしないダメ男を演じる彼をご覧ください。

4.学校一のイケメン役!山崎賢人と恋のバトルを展開!?【2015年】

幸田もも子による人気コミックを原作に実写映画化!幼馴染を思い続けてきたヒロインが、思いがけぬライバルの出現、学校一のイケメンの急接近に戸惑いながら、本当に好きなのは誰かを問いかけるストーリーです。 坂口健太郎が演じるのは学校一のモテメン・弘光廣祐。主人公・はとりの一風変わったキャラクターに興味を持ちちょっかいを出すようになるのですが……。 はとりのピュアで一本気な性格を知るほどに、どんどん惹かれていくのです。ヒロインはとりを桐谷美玲、はとりの想い人・利太役を山崎賢人が演じます。イケメン2人の間で揺れ動くはとり、あなたならどうしますか?

5.主人公の親友の……、やっぱりイケメン役!【2015年】

『先生』、『青空エール』とヒット作を量産する河原和音によるベストセラーコミック、待望の実写化!高校生らしからぬ眉と骨格と雰囲気をもつ高校生・剛田猛男の純粋でまっすぐな恋愛を描きます。 主人公・剛田猛男を演じるのは鈴木亮平、坂口健太郎は猛男のイケメン親友・砂川誠役を演じます。幼い頃からあらゆる女の子に好かれ、猛男が好きな女の子からも漏れなくモテてきた砂川。 ところが、猛男が一目惚れした相手・大和凛子が選んだのは砂川ではなく猛男!?大和凛子を演じるのは引く手あまたの人気女優・長野芽郁。不器用でハートウォーミングな青春ラブコメをお届けします。

6.坂口健太郎がミステリーマニアの役でホラー作品に挑戦!【2016年】

原作は山本周五郎賞を受賞した小野不由美による本格ホラー小説。坂口健太郎は心霊マニアの会社員・三澤徹夫役を演じています。 竹内結子演じる「私」と名乗るミステリー小説家は、女子大生読者・「久保さん」(橋下愛)と怪奇現象が起きるマンションの調査を進めていくうちに、更なる恐怖へ巻き込まれていくのです。 本作でメガホン取るのは、気に入った俳優を度々起用し魅力を引き出すことで知られる中村義洋監督。『ジェネラル・ルージュの凱旋』の堺雅人しかり、『みなさん、さようなら』の濱田岳しかり。坂口健太郎も中村組参加で新たな魅力が発掘された作品となりました。

7.日本の名優揃い踏み!記者クラブのサブキャップを好演【2016年】

2013年「このミス」1位に輝いた横山秀夫の傑作推理小説を、日本を代表する豪華キャスト陣で映画化。昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件、通称“ロクヨン”を巡る事件関係者たちの人間模様を描き出します。 ロクヨン捜査員として苦い過去を経験した主人公・三上義信も14年経った現在は警務部の広報官。組織の圧力とマスコミからの突き上げの調整に追われる中、警察内部で怪しげな動きがあることに気付くのです。 坂口健太郎が演じるのは、主人公である広報官に情報公開を迫る東洋新聞サブキャップの手嶋。これまでになく熱量の大きな役にチャレンジしています。

8:miwaとW主演の純愛ラブストーリー!初挑戦のギターを披露!【2017年】

歌手のmiwaとのW主演か話題になった本作。坂口健太郎は、大学生バンド「The STROBOSCORP」のギター・長谷川陸役を演じ、初挑戦となるギター演奏と歌声を披露しています。 葵海が21歳の誕生日を迎える大学3年生の夏の日。道路に飛び出しダンプカーに撥ねられたはずが、気付けばかすり傷一つ負わず一週間前にタイムリープしていたのです。陸は時間を戻す能力を使い、幼い頃から好きだった葵海の運命を変えようとしていました。 互いを大切に思う葵海と陸の姿に思わず涙していまう純愛ラブストーリー。クライマックスシーンで演奏する「アイオクリ」、見応えアリです。

9:松本潤×有村架純の映画で坂口健太郎がメンヘラ彼氏を演じる!【2017年】

原作は、2006年「この恋愛小説がすごい!」の堂々1位に輝いた島本理生による純愛小説。主人公・高校教師の葉山を松本潤、ヒロインの泉を有村架純、坂口健太郎は泉に思いを寄せる大学生・小野玲二役を演じています。 高校時代に教師と生徒という関係で出会い、許されぬ恋に落ちてしまった葉山と泉。卒業から2年、再び出会った2人は禁断の愛に身を任せてしまうのでしょうか? 泉を愛する余り、次第に歪んだ愛情をぶつけるようになる小野。行定勲監督絶賛の坂口の壊れっぷりに注目です!

10:綾瀬はるかと坂口健太郎のW主演!おとぎ話のようなラブストーリー【2018年】

モノクロの世界から飛び出してきたお姫様とリアルに生きる青年が出会い、恋に落ちるファンタックなラブストーリー。『ローマの休日』に出てくるオードリー・ヘップバーンのようなドレスを身に纏いヒロイン・美雪を綾瀬はるかが演じます。 坂口健太郎は映画監督になるのを夢見、スクリーンに映るお姫様に恋をする青年・健司役を演じます。 完全オリジナルストーリーを『のだめカンタービレ』、『テルマエ・ロマエ』シリーズの竹内英樹監督が笑いと感動を織り交ぜたロマンティックな作品に仕上げています。映画は2018年2月公開予定です。