(c)ciatr

今週映画館で観たいおすすめ映画5選(8月25日公開〜)

2017年8月24日更新

夏休み映画が続々と公開予定!今週映画館行くならこの作品がおすすめ。Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選して映画をご紹介。口コミ・予告をチェックして映画館に出かけよう。

【8月25日公開】MARVEL初!女性ヒーローが登場!女だけの街で育った彼女が世界に出て戦士となる

ワンダーウーマンが生まれたのは女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナはその島のプリンセスだった。ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女は自身の力で世界を救いたいと強く願い、二度と戻れないと知りながら故郷を後にするー。 そんな彼女は初めての世界で何を見て何のために戦い、そして、なぜ美女戦士となったのか。

【8月25日公開】アカデミー賞ノミネート作品!彼女を狙う犯人とは……。考えられる人物は元彼、隣人、恋人、部下……?

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった──。

出典: gaga.ne.jp

【8月26日公開】これまでにないスケールで戦いを描く!誰もが知る関ヶ原の戦いの真実が明かされる

関ヶ原の戦い―― それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本の在りようを決定づけた。 幼くして豊臣秀吉(滝藤賢一)に才を認められ、秀吉の小姓となった石田三成(岡田准一)。成長し大名にとりたてられた三成は自分の石高の半分をもって、猛将として名を馳せた牢人・島左近(平岳大)を家来に乞う。秀吉に忠誠を誓いながらも、利害によって天下を治めることに疑問を感じ正義で世の中を変えようとする三成の姿に、左近は「天下悉く利に走るとき、ひとり逆しまに走るのは男として面白い」と配下に入る。伊賀の忍び・初芽(有村架純)も、“犬”として三成に仕えることになる。 秀吉の体調が思わしくない。天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)は、秀吉の不興を買う小早川秀秋(東出昌大)や他の秀吉恩顧の武将たちに、言葉巧みに取り入っていく。三成は、そんな家康が気にくわない。 1598年8月、秀吉逝去。翌1599年閏3月、大老・前田利家(西岡德馬)も亡くなると、先の朝鮮出兵時から三成に恨みを持つ福島正則、加藤清正ら秀吉子飼いの七人党が、三成の屋敷を襲撃する。三成は家康の屋敷に逃げ込み難を逃れるが、このことで佐和山城に蟄居。家康の影響力が増していく。 1600年6月、家康が上杉討伐に向かう。上杉家家臣・直江兼続(松山ケンイチ)と家康の挟み撃ちを図っていた三成は、盟友・大谷刑部らを引き込み、毛利輝元を総大将に立て挙兵。三成の西軍、家康の東軍が、覇権をかけて動き出す。1600年9月15日。決戦の地は関ヶ原。三成は、いかにして家康と世紀の合戦を戦うのか? そして、命を懸けて三成を守る初芽との、密やかな“愛”の行方は……。 権謀渦巻く中、「愛」と「正義」を貫き通す“純粋すぎる武将”三成と野望に燃える家康の戦いが今、幕を開ける!!

【8月26日公開】『英国王のスピーチ』の製作スタッフたちによる最新作!ストリートミュージシャンと猫の心温まる物語

ストリート・ミュージシャンとして生計を立てていた、ホームレスのジェームズ。薬物依存で親にも見放され、生きる希望も持てずにいた彼の前に現れたのが一匹の茶トラの猫、ボブだった。出会った瞬間から不思議とジェームズに懐いたボブは、ジェームズに生きる希望とチャンスをもたらす。 拾った猫に救われて、捨て鉢の人生が一変。まさに「猫の恩返し」とでも言いたくなる衝撃のストーリーだが、驚くことに実話。

出典: bobthecat.jp

【8月26日公開】直木賞作家、重松清の小説を映画化!血の繋がらない家族が不器用ながらも前に進んでゆく……

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン、田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。 実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言―「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが・・・。