ドラマ『コウノドリ』出演のキャストまとめ【綾野剛主演】

2017年11月13日更新

綾野剛主演で産婦人科医療の実情をリアルに描いたヒューマンドラマ『コウノドリ』。2015年にTBSテレビで放送された『コウノドリ』が、2017年10月に新シリーズとして帰ってくることが決定しました。ここではおさらいとして、前作に出演したキャストを紹介していきます。

産婦人科医療のリアルを描いたヒューマンドラマ『コウノドリ』

2015年にTBSテレビで放送されたテレビドラマ『コウノドリ』。ペルソナ病院という架空の病院を舞台に、産婦人科医療の現場をリアルに描いたヒューマンドラマです。 ドラマは「モーニング」で連載中の鈴ノ木ユウによる同名コミックが原作で、好評だったことから2017年10月に新シリーズの放送が決定しました。 今回は主演の鴻鳥サクラを演じた綾野剛や、同僚の四宮ハルキを演じた星野源をはじめ、おさらいとして2015年に放送された『コウノドリ』に出演したキャストを紹介していきます。続投キャストにも注目が集まりますね。

鴻鳥サクラ/綾野剛

産婦人科医で主人公の鴻鳥サクラを演じた綾野剛。謎のピアニスト・BABYとしても活動しています。 これまで、2012年に放送された連続テレビ小説『カーネーション』や、2013年に放送された大河ドラマ『八重の桜』といった人気作品に出演してきました。 また映画にも精力的に出演しており、2011年に公開された実写版『GANTZ』では悪役の黒服星人を好演。2016年には岩井俊二がメガホンを取った、『リップヴァンクルの花嫁』では安室行舛(あむろ ゆきます)を演じました。 2017年10月にスタートする続編『コウノドリ2』にも出演することが決定しています。

下屋加江/松岡茉優

女医としてサクラをサポートする下屋加江を演じたのは、松岡茉優。 2008年に幼い頃から憧れていた、テレビ東京「おはスタ」のおはガールに選ばれ、これを機に芸能界デビューを果たします。 その後は2010年に放送されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』に出演。埼玉県出身の入間しおりを演じ、元気一杯の演技がウケ知名度を全国区に広げます。 さらには2016年に、大河ドラマ『真田丸』で主人公の正室役を熱演し話題になりました。 2017年公開の大九明子監督作品『勝手にふるえてろ』で、映画初主演を果たします。 女版・八嶋智人を目指していると公言しているだけあって、役の幅の広さには定評があり、業界では若手実力派女優とも言われています。新シリーズの続投が決定しています。

四宮春樹/星野源

主人公サクラの同期で、冷静沈着な産婦人科医・四宮春樹を演じたのは星野源。 俳優業の他に、アーティストやコラムニストなど、マルチタレントして活躍しています。元々はバンドミュージシャンとして活動していましたが、2012年にくも膜下出血と診断され活動を休止。 その後も入退院と手術を繰り返していましたが、2013年に完全復帰しました。そして、2016年に大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で津崎平匡を演じて一躍脚光をあび、日本を代表する俳優となりました。 新シリーズ『コウノドリ2』に出演することも決定しており、さらなる飛躍が期待できそうです。

小松留美子/吉田羊

サクラの正体を知り、影で支える助産師・小松留美子を演じたのは吉田羊。 彼女は大学を卒業してすぐに舞台女優を志望。30歳を過ぎるまで、自分で立ち上げた劇団をメインにフリーの女優として活動していました。 2009年に公開された『20世紀少年<第2章>最後の希望』で、主人公ケンジの親友オッチョの元妻役を演じてスクリーンデビューを果たします。 そして2012年には、NHK大河ドラマ『江〜姫達の戦国』に細川ガラシャの侍女役の清原いと役として出演。 こうして映像作品のキャリアを積んでいった吉田羊は、2014年に月9ドラマ『HERO』に出演し、一気に知名度を上げ、彼女の代表作ともなりました。2018年には、鈴木おさむ監督作品の『ラブ×ドック』で映画単独初主演が決定しています。 新シリーズの続投が決定しています。

白川領/坂口健太郎

下屋加江の同期で少し自惚れ屋の新生児科医・白川領を演じたのは、坂口健太郎。 坂口健太郎は、183cmという高身長と母性本能をくすぐる愛嬌のある笑顔を生かし、メンズノンノの専属モデルとして活動していました。2014年に『シャンティ・デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビューを飾ります。 その後、2015年に公開された是枝裕和監督の『海町diary』や、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』など、数多くの映画やテレビドラマに出演。 『コウノドリ2』でもメインキャストとして続投することが決定しています。

今橋貴之/大森南朋

新生児科医・今橋貴之を演じたのは大森南朋。 父は舞踏家の麿赤兒(まろあかじ)、兄は映画監督の大森立嗣と芸能一家で有名な大森南朋。 1993年に父・赤兒主演の映画『サザンウィンズ日本編 トウキョウゲーム』に21歳で参加し俳優デビューを飾ります。2007年にはテレビドラマ『ハゲタカ』で主人公・鷲津政彦を演じ、シリアスな作風と自身の風貌がマッチしたためか一躍話題に。また、2013年には松本人志監督作品『R100』で主演に選ばれました。 2017年10月にスタートする続編にも参加することが決定しています。

新井恵美/山口紗弥加

責任感が強くちょっと気の強い新生児科医・新井恵美を演じたのは山口紗弥加。 山口はアイドルとして活動していた1994年に日清食品「どん兵衛」のCMで爽やかに芸能界デビューを果たし、フジテレビ系ドラマ『若者のすべて』では、両親を亡くした少女という難しい役どころを熱演。 その後は『笑っていいとも』などのバラエティー番組に出演しキャリアを積んでいくも、方向性が定まらず芸能界からの引退も考えたそうです。しかし、鬼の演出家・蜷川幸雄のスパルタ指導により女優業のやりがいを見出し、芸能界で生きていくことを決意。 以後、連続ドラマの常連女優となり、2017年7月期のドラマ『カンナさーん』にも主要キャストとして出演しています。

角田真弓/清野菜名

バンドマンの彼氏との妊娠が発覚し、ペルソナ病院の面々を驚愕させた見習い助産師・角田真弓を演じたのは、清長菜名(せいのなな)。 ファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルを経て女優業へと転身。2014年に公開された『TOKYO TRIBE』ではオーディションを見事勝ち抜き、ヒロイン役に抜擢されスクリーンデビューしました。2015年に公開された『東京無国籍少女』でも武装組織と戦うヒロイン・藍を演じ、映画初主演を果たします。 2017年10月から放送するテレビドラマ『トットちゃん』では主演での出演が決定しており、若い頃の黒柳徹子を演じると発表されました。

大澤政信/浅野和之

サクラの良き理解者でペルソナ病院の院長・大澤政信を演じたのは、浅野和之。 劇団・夢の遊眠社で舞台役者としてキャリアを積んでいき、その後は1988年に放送された『意外とシングルガール』を皮切りに、数多くの大河ドラマや民放ドラマに出演していきます。 その後は脚本家・三谷幸喜の舞台『You Are The Top』をきっかけに三谷作品の常連となり、2002年に放送されたドラマ『HR』などに出演。 2005年に公開された『12人の優しい日本人』の演技が評価され、第40回紀伊国屋演劇賞個人賞などを受賞。以後、ベテラン俳優として様々なドラマに出演し、存在感を発揮しています。 彼も新シリーズの続投が決定しています。

船越拓也/ 豊本明長

麻酔科医・船越拓也を演じたのは豊本明長。 東京03のボケ担当として活躍する豊本明長は、2003年にトリオを結成してから現在までコメディアンとしてテレビで活躍しています。 2015年9月に放送された東海テレビ『癒し屋キリコの約束』で俳優デビューを果たします。 そして2015年10月に『コウノドリ』の船越拓也役で、レギュラー枠として出演。2016年に放送された『ミュージシャンの妹』にも俳優として参加しています。 お笑い芸人としてだけでなく、俳優としても今後の活躍に期待ですね。

加瀬宏/平山祐介

アイスが大好きで、心優しき救急救命科医・加瀬宏を演じたのは平山祐介。 元々サラリーマンだった平山祐介はモデルになるために退職し、1995年にパリ・コレクションでモデルデビューを果たします。 2003年から拠点を日本に移し『Dr.コトー診療所』や『海猿』に出演。俳優としてのキャリアを積んでいきます。2012年には実写版『るろうに剣心』に、2014年には『MONSTERZ モンスターズ』と活動の幅を映画にも広げています。