(c)ciatr

今週公開のおすすめ映画5選【『鋼の錬金術師』、『探偵はBARにいる3』他(12月1日公開〜)】

2017年12月1日更新

ciatr編集部です。早いものでもうすぐ12月。忘年会やクリスマス、新年の準備に追われてしまう方もいるのではないでしょうか?慌ただしい中でこそ、ちょっとした休憩を大事にしたいもの。そんなわけで、今週もオススメ映画を5作品紹介します!

【12月1日(金)公開】遂に公開!実写版、映画『鋼の錬金術師』!

山田涼介主演の映画『鋼の錬金術師』がいよいよ公開されます。「錬金術」と呼ばれる物質を作り変える科学技術が発展した架空の世界を舞台に、自らの失った肉体を取り戻すために奔走する兄弟の活躍が描かれます。 出演者には、水石亜飛夢、本田翼、ディーン・フジオカ、大泉洋、松雪泰子といった豪華なメンバーが名を連ねていることでも話題になっています。

【12月1日(金)公開】人気シリーズ最新作『探偵はBARにいる3』!

大泉洋と松田龍平のコンビによるシリーズ第3弾が公開。北海道・ススキを舞台に、失踪した女子大生の行方を探していた探偵が、やがて大きな事件に巻き込まれていくというストーリーです。 大泉、松田といったレギュラー陣に加えて、北川景子、前田敦子、リリー・フランキーらが出演。監督が前作までの橋本一から吉田照幸に交代している点にも注目です。

【12月1日(金)公開】青春逃亡恋愛劇『パーティで女の子に話しかけるには』

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の監督として知られるジョン・キャメロン・ミッチェルが、エル・ファニング、アレックス・シャープ、ニコール・キッドマンらをキャストに招いて製作した作品。 遠い星からやってきた美少女と、内気なパンク少年の逃亡劇を描く、青春音楽ラブストーリーです。

【12月2日(土)公開】アキ・カウリスマキの新作『希望のかなた』

フィンランドの巨匠・アキ・カウリスマキが、前作『ル・アーヴルの靴みがき』に続いて難民問題を描いた作品。第67回ベルリン国際映画祭では、銀熊賞に輝いています。 本作では、内戦によって故郷を奪われたシリア人の青年がヘルシンキに流れ着き、生き別れた妹を探すというストーリーが展開します。

【12月2日(土)公開】宮沢りえ主演、『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』

パペット・アニメーションで「ムーミン」の物語を描く劇場版シリーズ第3弾。『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』では、初めてクリスマスの存在を知ったムーミントロールの物語が描かれます。 ムーミントロールの声優を宮沢りえが務めるほか、森川智之、朴ろ美らが声優として参加。さらに、神田沙也加がナレーションを務めています。