『ストレンジャー・シングス』シーズン3製作が決定!前シーズンから何年か後の設定のわけとは?

2018年4月27日更新

Netflixオリジナル人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知なる世界』のシーズン3の製作が決定されました。シーズン1や2のストーリーを振り返りながら、シーズン3のあらすじやキャスト、配信日、見所を予想を含めて探っていきたいと思います。

大人気シリーズ『ストレンジャー・シングス』のシーズン3製作が決定!

Netflixで配信されているオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。2016年にシーズン1が配信され、瞬く間に一大ブームになるほど人気になりました。更に、2017年には続編となるシーズン2が配信。シーズン1のラストで明かされる衝撃的な事実を深堀していく内容で、子供達の成長などが大きく描かれていました。 『ストレンジャー・シングス』のシーズン3の製作が決定しました。

『ストレンジャー・シングス』シーズン1,2のおさらい【ネタバレ注意】

シーズン1

シーズン1は全8話、第一話でメインキャラクターであるマイク、ダスティン、ルーカスの仲間であるウィルが失踪した事から物語が始まります。ウィルは“裏側”の世界のクリーチャーであるデモゴルゴンに連れ去られてしまったのです。 ウィルの母親、ジョイスは錯乱しながらも街の警察官ホッパーと共に彼を捜します。マイクらもウィルを探していたのですが、代わりに彼らが出会ったのが謎の少女・イレブン。 実はイレブンには超能力が備わっていて、彼女が“裏側”の世界の入り口を作った張本人だったのです。そんな彼女の助けを借りながら、彼らはウィルを見つけ出し、イレブンを実験していた悪い大人達、そして恐ろしいクリーチャーであるデミゴルドンと対決します。

シーズン2

ストレンジャーシングス2
©NETFLIX

シーズン2は全9話。シーズン1の最終話で無事こちらの世界に戻ってこれたウィル。しかし、彼は体内をデモゴルゴンに寄生されていました。その幼虫を吐き出し、何事もなかったかのように振る舞う彼でしたが、度々“裏側”の世界のビジョンが見えるように。 そしてマイクらにはマックスという転入生の女の子が仲間入りし、彼女を巡ってダスティンとルーカスの三角関係が展開。スティーブとその後も付き合うマイクの姉、ナンシーもジョナサンに対する想いに気づき始めます。 一方ダスティンはウィルが吐き出した、デミゴルドンの幼虫を発見。それが何なのかわからずにペットとして育てはじめます。しかし、次第に巨大化していくことに戸惑いはじめます。 そしてシーズン1で皆の前から姿を消したイレブンは、その直後にホッパーと再会していた事がわかりました。ホッパーは彼女の存在を研究組織に知らせないためにも、森の中の小屋で共に暮らし、隠し通します。しかし、自分のアイデンティティに疑問を抱いたイレブンは母親に会いに行ったり、研究施設で幼少期を共に過ごした姉的存在の少女の元を訪ねにいくのでした。

『ストレンジャー・シングス』シーズン3の詳細が明らかに!?

待望の『ストレンジャー・シングス』シーズン3。ついに、気になる詳細が少しずつ明らかになってきました。 シーズン3は全8話構成となっており、撮影自体は4月の中旬から開始です。そして、次なる舞台は1985年だそうです!原作者・制作者であるザ・ダファー・ブラザーズ曰く、シーズン2のラスト直後からシーズン3を展開していきたいそう。 公開が待ち遠しいですね!

『ストレンジャー・シングス』シーズン3の予想!マイクとイレヴンの恋愛模様が大きく描かれる?

ここで、シーズン3のストーリーを予想してみましょう。シーズン2から1年経っているとの事ですが、未だに影の怪物の脅威は消えたわけではありません。ゲートが閉じた事で怪異がなくなったけど、再び開いてしまって、ついに影の怪物と対決しなければいけない状況になるのではないでしょうか? また、時代設定的に思春期まっただ中に突入するため、恋愛模様が大きく動くかもしれませんね。マックスと両想いになったルーカスや、ダスティンの恋愛事情の発展に期待大です!

シーズン4で終了になる!?

人気故に、今後長寿シリーズとなる事が期待されていましたが、なんと原作者であるザ・ダファー・ブラザーズが「シーズン4でシリーズを終了させる」と発表!ファンからは驚きの声や悲しむ声が続出していますが、彼らとしては『ストレンジャー・シングス』を長くダラダラと続くドラマシリーズのようにしたくないようです。 「絶頂期で幕を閉じたい」と話す彼らだからこそ、ストーリーも無駄のない完璧なドラマとして完結させそうですね。

出演するキャスト

イレブン役/ミリー・ボビー・ブラウン

イレブンは、念動力などの超能力を持つ少女です。 ホーキンス研究所で超能力研究の被験者としてさまざまな実験を受けていたイレブンは、そんな毎日に嫌気が差し研究所から脱走。その後マイクたちと知り合います。 シーズン1では「裏側」の世界に行ってしまったウィルを捜索・救助しましたが、自身は怪物デモゴルゴンとともに消えてしまいました。 シーズン2でホッパーとともに隠れて暮らしていたイレブンは、その後家出をし、自分の母親を探し出したり、同じ研究所で実験対象となっていたカリと再会し、成長していきます。 そして研究所の地下にあった「裏側」の世界につながるゲートをふさぎ、ホーキンスの町を救いました。

イレブンを演じるミリー・ボビー・ブラウンは、イギリス人の両親のもとにスペインで生まれ、2011年にアメリカ、フロリダ州オーランドに移りました。 そこで演技のワークショップに通い始めたブラウンは、ハリウッドのタレントスカウトに才能を認められ、ロサンゼルスに移住します。 ハリウッドに移って3ヶ月で、ブラウンは人気テレビシリーズのスピンオフ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ワンダーランド(原題)』(2013)に子供時代のアリス役で出演しました。 本作で大ブレイクしたブラウンは、2019年に公開される『ゴジラ:ザ・キング・オブ・モンスターズ(原題)』にも出演予定です。

マイク・ウィーラー役/フィン・ウルフハード

マイクは、ウィル、ダスティン、ルーカスの仲良しグループのリーダー的存在です。 シーズン1では行方不明になったウィルの生存を信じ、不思議な能力を持つイレブンに捜索の協力を頼みました。マイクとイレブンは行動をともにするうち、お互いに好意を持つようになります。 イレブンを忘れられないマイクは、シーズン2で転校生のマックスをグループに入れようとするダスティンやルーカスと対立してしまいます。 マイクは「裏側」の世界にいた後遺症に悩むウィルに寄り添い、その後、行方不明となっていたイレブンと再会。イレブンが無事にゲートをふさいだ後、学校のダンスパーティーで彼女と踊りました。

マイク役のフィン・ウルフハードはカナダのバンクーバーに生まれ、2017年現在も地元の高校に通っています。 ウルフハードは生まれて初めて映画を見た際に、将来は俳優になると決めました。ちなみに、その映画とは、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』(2002)です。 2013年ごろから『The 100/ハンドレッド』(2014)や『スーパーナチュラル』(2015)などのテレシリーズや、インディペンデント映画に出演しはじめました。 2017年には『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に出演。また、2018年には『ドッグ・デイズ(原題)』にメインキャストとして出演予定です。

ウィル・バイヤーズ役/ノア・シュナップ

ウィルは、「裏側」の世界に迷い込んでしまった少年です。 イレブンが捜索しホッパーによって助け出されたものの、「裏側」の世界の怪物に寄生されており、その幼虫を吐き出すシーンでシーズン1は幕を閉じました。 シーズン2で、ウィルはたびたび「裏側」の世界のヴィジョンを見るようになり、不安定になっていく一方で、周囲の腫物に触るような態度に不満を感じるように。 ウィルに寄生していたシャドウ・モンスターは、ウィルを使って彼らをスパイしていました。そのことに気づいた母ジョイスらによって、体内からシャドウ・モンスターを取り出してもらいます。 以後、ウィルはヴィジョンから解放されました。

ウィルを演じるノア・シュナップは、ニューヨーク出身の俳優です。 シュナップは、2015年にスティーヴン・スピルバーグ監督の『ブリッジ・オブ・スパイ』に出演。同年、アニメーション映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』でチャーリー・ブラウンの声を演じました。 2018年には主演映画『エイブ(原題)』や、『インテンシヴ・ケア(原題)』への出演が決定しています。

ダスティン・ヘンダーソン役/ゲイテン・マタラッツォ

4年生のときにホーキンスに引っ越してきたダスティンは、そこで出会ったマイク、ウィル、ルーカスと親友になりました。 遺伝的に骨の発達が遅く、シーズン1では前歯がないためはっきりと発音ができないことでいじめられていましたが、シーズン2では立派な歯が生え、そのことを自慢していました。 ダスティンは、自宅のゴミ箱で発見したデモゴルゴンの幼虫をそうとは知らずにペットとして育て、トラブルを招いてしまいます。 しかし、ウィルに寄生していたマインド・フレイヤー(シャドウ・モンスター)の存在を見抜くなど、活躍を見せました。

ダスティン役のゲイテン・マタラッツォは、ニュージャージー州出身です。 2011年にブロードウェイの『Priscilla, Queen of the Desert: The Musical(原題)』でデビュー。 2015年にはジェームズ・スペイダー主演のテレビシリーズ『THE BLACKLIST/ブラックリスト』にゲスト出演し、2017年にはケイティ・ペリーの『Swish Swish ft. Nicki Minaj』のミュージック・ビデオに出演しました。

ルーカス・シンクレア役/ケイレブ・マクラフリン

マイク、ウィル、ダスティンの親友ルーカスは、彼らと同じ放送部に所属しています。 ルーカスは現実的な考えの持ち主なので、最初にイレブンと出会ったときは彼女の能力を信じられず戸惑っていました。 シーズン1で、ルーカスはホーキンス研究所の怪しい動きを察知し、そこがウィルの失踪やイレブンの能力に関係があるのではないかと考えます。 シーズン2では転校生のマックスに好意を寄せ、彼女にウィルや「裏側」の世界の話をしてグループに引き入れました。 デモゴルゴンとの戦いでマックスを助けたルーカスは、彼女と両思いになります。

ルーカスを演じるケイレブ・マクラフリンは、2012年に短編映画『Noah Dreams of Origami Fortunes(原題)』で主演デビューしました。 その後、人気テレビシリーズ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』(2013)や、『アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』(2014)などにゲスト出演しています。

マックス・メイフィールド役/セイディ・シンク

シーズン2から登場したマックスは、活発で勝気な女の子です。 ゲームセンターでダスティンを超えて最高得点を出したマックスは、そのことからマイクたちに注目されるようになりました。 なかでもダスティンとルーカスは彼女に好意を持つようになり、仲良しグループに彼女を入れようとします。 ウィルや「裏側」の世界の話を信じていなかったマックスでしたが、実際にデモゴルゴンに襲われたことで信じるようになります。 事件が幕を閉じた後、マックスは学校のダンスパーティーでルーカスと踊り、キスをしました。

So excited to present at the @AMAs tonight! LIVE at 8/7c on ABC! #AMAs

Sadie Sinkさん(@sadiesink_)がシェアした投稿 -

マックス役のセイディー・シンクはテキサス州出身で、ブロードウェイのミュージカル『アニー』でデビューしました。 2013年には人気テレビシリーズ『ジ・アメリカンズ』や、Netflixオリジナルシリーズ『アンブレイカブル・キミー・シュミット』(2016)などにゲスト出演しています。 また、2019年公開予定のホラー映画『Eli(原題)』への出演も決定しています。

ジョイス・バイヤーズ役/ウィノナ・ライダー

ウィルの母ジョイスは、酒浸りの夫と離婚し2人の息子をひとりで育てています。 もともと不安神経症の傾向があり、行方不明になったウィルを必死で探す姿は周囲からは気が狂ってしまったのではないかと思われていました。 しかし、息子の生存を信じて捜索を続け、ホッパーとともに研究所のゲートから「裏側」の世界に入り、ウィルを助け出しました。 しかしシーズン2では、後遺症に苦しむウィルを心配するあまり過保護になり、煙たがられるようになってしまいます。 その後、ウィルの体にシャドウ・モンスターが寄生しているとわかり、決死の覚悟でそれを追い出すことに成功します。

ジョイスを演じるウィノナ・ライダーは、12歳のころから舞台に出演するようになり、1986年に『ルーカスの初恋メモリー』で映画デビューを果たしました。 その後ライダーは、ティム・バートン監督の『ビートルジュース』(1988)や、『シザーハンズ』(1990)への出演で知られるようになります。 1993年の『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』では、ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞したほか、アカデミー助演女優賞などにノミネート。 1999年の『17歳のカルテ』では、プロデューサーとしての手腕を発揮しました。

ジム・ホッパー役/デヴィッド・ハーバー

ホーキンス警察の署長ジム・ホッパーは、ジョイスの学生時代からの友人です。過去に一人娘を亡くし、酒やドラッグに溺れた経験があります。 そんなホッパーですが必死でウィルを探すジョイスに協力したり、家族の愛に恵まれなかったイレブンを匿ったりと、優しく面倒見のよい性格。 シーズン1では研究所の正体を突き止め、ジョイスとともにウィルを救出するなど大活躍しました。 シーズン2ではイレブンを研究所の人々から彼女を隠すため、山小屋で一緒に生活していました。その後、家出から戻ってきたイレブンを研究所まで連れて行き、ゲートをふさぐのを見守ります。

ホッパー役のデヴィッド・ハーバーは、ニューヨーク出身の俳優です。 2002年に『LAW & ORDER:性犯罪特別捜査班』へのゲスト出演でテレビデビュー。『愛についてのキンゼイ・レポート』で初めて映画に出演しました。 2005年には舞台『バージニア・ウルフなんかこわくない』でトニー賞助演男優賞にノミネートするなど、幅広く活躍しています。 また、2018年に公開される『ヘルボーイ(原題)』では主演を務めることが発表されました。

ジョナサン・バイヤーズ役/チャーリー・ヒートン

ウィルの兄ジョナサンは、写真が趣味の高校生です。友達はあまりいませんがウィルとは仲が良く、彼にミックステープを作ったりもしています。 ウィルを探すのに必死になる母ジョイスの話を最初は信じませんでしたが、次第に「裏側」の世界やデモゴルゴンの存在を信じるようになり、シーズン1では自宅に現れたデモゴルゴンと戦いました。 シーズン2では、ジョイスから言われていつもウィルに付き添うようになります。また、「裏側」の世界に関する政府の陰謀を暴くためナンシーと行動を共にし、仲を深めていきます。

#gqspain #manoftheyear #saintlaurent @samanthamcmillen_stylist ????????

Charlie Heatonさん(@charlie.r.heaton)がシェアした投稿 -

ジョナサンを演じるチャーリー・ヒートンは、イギリスのブリドリントン出身です。 2015年から母国でいくつかのテレビシリーズにゲスト出演をはじめ、同年『Urban & the Shed Crew(原題)』で長編映画デビュー。 2016年には『As You Are(原題)』でハリウッドデビューを果たしました。 今後は、2018年に公開されるX-MENシリーズの最新作『ニュー・ミュータンツ』に出演します。

ナンシー・ウィーラー役/ナタリア・ダイアー

マイクの姉であるナンシーは、成績優秀な高校生です。 スティーブらのパーティーに友人のバーバラを連れて行ったところ、彼女が行方不明になってしまい責任を感じています。 ナンシーはバーバラとウィルの失踪には関連があるのではと考え、ジョナサンと行動をともにするように。 シーズン2ではバーバラ失踪の経緯について黙っていることに耐えられず、沈黙を守ろうとするスティーブとケンカ別れしてしまいました。 研究所の陰謀を暴くため、やはりジョナサンと行動をともにし仲を深めていきます。 前シーズンから行動力が格段に上がっており、ウィルをシャドウ・モンスターから解放する際にも活躍しました。

???? thank you @verawanggang

natalia dyerさん(@nattyiceofficial)がシェアした投稿 -

ナンシー役のナタリア・ダイアーは、テネシー州出身の女優です。 ダイアーは『ハンナ・モンタナ/ザ・ムービー』(2009)でデビュー。その後、数々の映画に出演し、2014年の『I Believe in Unicorns(原題)』では主演を務めました。 また、2017年にSF映画『After Darkness(原題)』に出演。2018年公開の『Mountain Rest(原題)』にも出演します。

スティーブ・ハリントン役/ジョー・キーリー

スティーブはナンシーのボーイフレンドです。 シーズン1の冒頭では不良仲間とつるみ、ジョナサンに嫌がらせをするなどイヤなキャラクターでしたが、ナンシーへの真摯な想いから徐々にジョナサンとも和解していきました。 シーズン2ではナンシーと別れることになってしまいますが、ダスティンに恋愛のアドバイスをするなど意外に面倒見のいい面を見せています。 製作・脚本のダファー兄弟は、当初スティーブを人間の悪役にする予定だったものの、途中で気が変わったと語っています。

King of #Swearwrods

Joe Keeryさん(@uncle_jezzy)がシェアした投稿 -

スティーブを演じるジョー・キーリーは、マサチューセッツ州出身の俳優です。2014年にデポール大学の演劇学校を卒業後、俳優としてのキャリアをスタートさせました。 2015年には『シカゴ・ファイア』や『Empire/エンパイア 成功の代償』などの人気テレビシリーズにゲスト出演し、『Henry Gamble's Birthday Party(原題)』で映画デビューを果たします。 2018年には、ホラー映画『Slice(原題)』やコメディ映画『Shotgun(原題)』への出演が決定しています。

ビリー・ハーグローヴ役/デイカー・モンゴメリー

マックスの義理の兄であるビリーは、スティーブやナンシーと同じ高校生です。 都会のカリフォルニアから田舎町ホーキンスに引っ越したことでいらだっており、マックスとも仲が良くありません。 人気者のスティーブに何かと突っかかり嫌がらせをするビリーは、「裏側」のモンスターとは別の、人間の悪役です。 実はビリーは厳しい父親に虐待に近い扱いを受けており、そのことで傷つき、怒りを感じているようです。

ビリーを演じるデイカー・モンゴメリーはオーストラリア出身の俳優で、短編映画『Betrand the Terrible(原題)』でデビューしました。 その後もさまざまな映画に出演。2017年には映画版『パワーレンジャー』で、リーダーのジェイソン・スコット/レッドレンジャーを演じ、ハリウッド・デビューを果たしました。 2017年現在、『The True History of the Kelly Gang(原題)』(公開年未定)への出演が決定しています。

エリカ・シンクレア役/プライヤー・ファーガソン

ルーカスの妹エリカは、シーズン2で初めて登場しました。彼女は、ルーカスやその友人たちをバカにする生意気な女の子です。 当初の予定ではそれほど出番のないキャラクターだったそうですが、製作のダファー兄弟は彼女のキャラクターを非常に気に入り、出番を増やしたのだとか。

エリカを演じたプライヤー・ファーガソンは、2015年に短編映画『Suga Water(原題)』でデビュー。その後も多くの短編映画やテレビシリーズへのゲスト出演をしています。 2017年には『La Vie Magnifique De Charlie(原題)』に出演しました。

新キャラクター、ロビン役/マヤ・サーマン・ホーク

シーズン3から新しいキャラクター、ロビンが登場します!ロビンは好奇心旺盛で刺激的なことが大好きなキャラクターだとか。

ロビンを演じるのはマヤ・サーマン・ホーク。彼女は、『キル・ビル』に出演した有名女優ユマ・サーマンと、イケメン俳優のイーサン・ホークの娘です。美男美女の娘だけあって、ずば抜けた美貌を持っており、モデルとして活躍しています。そして、イギリスのドラマ『若草物語』で本格的に女優業も始めました。 期待の新星であるマヤ・サーマン・ホークは、一体どのような演技を見せてくれるのでしょうか。乞うご期待です!

こちらも新キャラクター!ラリー・クライン市長/ケイリー・エルウェルズ

ロビンと共に、シーズン3から新たに登場するのがラリー・クライン市長です。ラリー・クライン市長は、40~60歳の1980年代の典型的な政治家です。口先だけで誠意のない、哀れな人物として描かれています。 この役を演じるのが、1987年に公開された『プリンセス・ブライド・ストーリー』でウェスリー役を演じたケイリー・エルウィスです。 彼は『ソウ』などのホラーから、『ロビン・フッド/キング・オブ・タイツ』などのコメディーまで幅広い分野で活躍しており、今後の活躍が期待されています。

『ストレンジャー・シングス』シーズン3、配信予定日はいつになる?

そんな『ストレンジャー・シングス 未知なる世界』シーズン3の配信予定日は、2018年終わりもしくは2019年と言われています。 それまでに子役達の成長を見守るのも良いですね!