東映、VAIO、クラフターの3社が本格的VR映画興行を開始

2017年12月19日更新

東映株式会社、VAIO株式会社、株式会社クラフターの3社による共同事業として、VR(バーチャル・リアリティ)を映画館で鑑賞できる「VRCC(VR Cinematic Consortium)」が開始されることが明らかになりました。

東映、VAIO、クラフターの3社が世界初の本格的VR映画興行を開始

「仮面ライダー」シリーズ、「プリキュア」シリーズなどで知られる東映株式会社が、VAIO株式会社、株式会社クラフターとの共同事業として、VR(バーチャル・リアリティ)を映画館で鑑賞できる「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を開始することが明らかになりました。VR映画の本格的な興行を行う事業は世界初となるとのことです。

今更聞けない…VRってなに?

最近よく耳にする「VR」ですが、「実はわからない……」という方も多いのではないでしょうか?あるいは、名前は意味を知っていても、実際に体験したことがないという方も多いかと思います。

簡単に言うと、「360度動画」

VRを端的に説明すると、「視界の中を360度見渡すことが出来る動画」です。ゴーグルのような特殊な機器を頭に装着することで、特殊な映像体験をすることが出来ます。この技術は映画だけでなく、ゲームやアダルトコンテンツなど、幅広く利用されています。 また、これはまだまだ発展段階の技術であり、今後は特殊な機器をつける必要もなくなるのではないかとも言われています。

東映、VAIO、クラフターってどんな会社?

今回の共同事業に参加する3社についても、改めて紹介します。

東映

東映株式会社は、「仮面ライダー」シリーズや「ドラゴンボール」シリーズ、「探偵はBARにいる」シリーズなどで知られる映画会社です。今回の事業では、シネコンにコンテンツを配給し、これまでのVRの常識を超えるようなハイグレードな映像体験を提供することを目指すようです。

VAIO

同じく今回のプロジェクトに参加する「VAIO」は、コンピューターのブランドです。今回のプロジェクトでは、ハードウェアやネットワークなどの調整・開発を行うことが明らかになっています。

クラスター

最後に紹介するクラスターは、3DCGアニメーションの技術に定評のある映像コンサルティングスタジオです。これまで、『おそ松さんVR』などを手がけてきました。今回のプロジェクトでは、コンテンツの制作に尽力するようで、初期には人気IPアニメや人気アーティスト映像等の制作が企画されているようです。

事業の開始はいつ?今後のスケジュールを紹介

この事業は、今後もコンテンツの制作者や公開劇場を広く募っていき、2018年3月から試験的に営業を開始ていくようです。また、今後の上映プログラム等は、2018年2月に発表される予定とのことです。