今週公開のおすすめ映画6選【『ザ・ヴォイド』『悪と仮面のルール』他(1月12日公開〜)】

2018年1月17日更新

ciatr編集部が今週公開のオススメ映画を紹介するこの記事は今年も継続。洋の東西、実写、アニメ、フィクション、ノンフィクションを問わずにレコメンドしていきます。それでは今週も早速、6つのオススメ映画を紹介していきたいと思います!

【2018年1月12日(金)】岡田将生&木村文乃主演の恋愛映画『伊藤くん A to E』

岡田将生と木村文乃を主演に迎え、廣木隆一監督が柚木麻子の同名小説を映画化した作品。岡田演じる容姿端麗、自意識過剰、無神経という「モンスター級にイタイ男」伊藤に振り回されるアラサー脚本家を描く恋愛映画。 伊藤演じる岡田、脚本家の莉桜を演じる木村文乃に加え、佐々木希、志田未来、志田未来、夏帆ら豪華女優陣の出演も魅力の一作です。

【2018年1月13日(土)】玉木宏主演のサスペンス『悪と仮面のルール』

玉木宏主演、共演者に新木優子、吉沢亮、中村達也、光石研、柄本明といった若手・ベテランの人気俳優が集結したサスペンス映画。芥川賞作家の中村文則による同名小説を、中村哲平監督が映画化しました。 劇中では、「純粋悪」となるべく育てられた男・久喜文宏を玉木が演じ、彼が「巨悪」という久喜家の本質とも言えるものに遭遇する様子などが描かれるとのことです。

【2018年1月13日(土)】魔神復活、『劇場版 マジンガーZ INFINITY』

永井豪の漫画を原作とし、搭乗型巨大ロボットの元祖となったアニメ『マジンガーZ』を45年ぶりに映像化した一作。劇中ではDr.ヘル率いる地下帝国の野望から、10年後の兜甲児たちの戦いが描かれます。森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれといった人気声優陣に加え、水木一郎の主題歌などにも注目です。

また、永井豪ファンの方は、同じく永井豪の漫画を原作とし、Netflixで配信中のアニメ『DEVILMAN crybaby』もチェックしてみて下さいね!

合わせて読みたい

【2018年1月13日(土)】ショッキングホラーの進化系、『ザ・ヴォイド』

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される『未体験ゾーンの映画たち2018』の中の一本、『ザ・ヴォイド』も注目の作品。1970~80年代のホラーにインスパイアされて製作された本作は、「人ではない何か」に変身する人や、武装した若者やカルト集団といった人々に包囲された病院内からの脱出を目指すというストーリーです。 また、『未体験ゾーンの映画たち2018』はこのほかにも注目作が多数あるので、興味のある方は是非、下記の記事も必見です!

合わせて読みたい

【2018年1月13日(土)】中国アニメ史上最大のヒット作、『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』

本作は、『西遊記』を題材に製作された中国の3DCGアニメ。中国の国産アニメとしては、本作が実は歴代No.1のヒット作であり、興行成績は日本円にして190億円を超えるほどの大ヒット作品なのです。 劇中では長い封印から目覚めたものの、本来の力を発揮出来ずに自信を失っている孫悟空が、子どもを連れ去る妖怪に立ち向かう姿が描かれます。 また、同作の日本語吹き替え版の制作監修は『ゲド戦記』の宮崎吾朗が担当しています。

【2018年1月13日(土)】PFFアワードグランプリ作品、黒沢清&諏訪敦彦の教え子の監督作『わたしたちの家』

東京藝術大学大学院で映画監督の黒沢清、諏訪敦彦に師事した清原惟の監督作品。同作は2017年のPFFアワードグランプリ受賞作品に輝いた作品で、一つの家を舞台に、父親を失った少女と記憶を失った女性のまったく別々の物語が交錯する内容とのこと。PFFアワードの受賞者には日本映画界の第一線で活躍する監督も多数。 日本映画界注目の新鋭に興味のある方は、是非劇場へ!