『メン・イン・ブラック』に出たくなかった?!ウィル・スミスに隠された18の真実

2017年7月6日更新

『インデペンデンス・デイ』や『メン・イン・ブラック』シリーズなど数々のSF超大作に出演し、コミカルな役からシリアスな役まで幅広い演技を見せてくれるウィル・スミス。そんな愛嬌ある大人気俳優ウィル・スミスの知られざる真実に迫ったhollywood.comの記事を紹介します。

『メン・イン・ブラック』の出演を拒んでいた

MIB

ウィルが演じるエージェントJとトミー・リー・ジョーンズ演じるKのコンビが繰り広げる痛快アクション映画『メン・イン・ブラック』ですが、脚本が気に入らないという理由で本当はこの映画に出演したくなかったんだとか...しかし彼の妻ジェイダ・ピンケット=スミスに説得され出演を決意したそうです。

『インデペンデンス・デイ』でのあのセリフはアドリブだった!

dragging-alien-686×291

引用: uproxx.com

『インデペンデンス・デイ』でヒラ―大尉を演じたウィルですが、彼が気を失っている宇宙人を引きずるシーンは、米国ユタ州の北部にあるグレートソルト湖に近い塩類湖底で撮影されました。グレートソルト湖には海エビが生息しており、海エビは死ぬと体が湖底に沈み分解(腐敗)しますが、風が吹くとなんとも言えぬ悪臭を放ちます。

エイリアンに向かって「And what the hell is that smell? (なんだよこの臭いは!?)」というセリフはそんな激臭に耐えかねて出たアドリブだったそうです。

『メン・イン・ブラック』と『アイ・アム・レジェンド』の意外な関係性

nyc_pershing_square

『メン・イン・ブラック』でジェームズ刑事が 跨線橋からバスに飛び乗るシーンですが、あれはマンハッタンにあるパーシング・スクエア・ブリッジ(Pershing Square Bridge)で撮影されました。実はこの場所、『アイ・アム・レジェンド』で主人公ロバートが感染された犬に襲われるシーンが撮影された場所でもあるんです。

『メン・イン・ブラック』での役作り

MIB_2

『メン・イン・ブラック』での役作りのため、ウィルはラスベガスで開催されたエイリアン・エンカウンター・コンベンション(alien encounter convention)に参加し、エイリアンに関する知識を少しでも吸収しようと務めたそうです。

『マトリックス』はウィルが主演だった!?

matrix

ウィルは『マトリックス』のオファーを蹴り同時期にオファーされた『ワイルド・ワイルド・ウエスト』に出演する決断をしました。しかし映画は大コケ...後に彼はこの決断を自身のキャリアにおいて最も後悔する決断だったと述べています。

『マトリックス』の出演オファーを断ったワケ

Will-Smith

引用: pixshark.com

どの企画がヒットするのか直感を持っていると評されるウィルですが、『マトリックス』のネオ役をオファーされた時は「この物語の設定には無理がある。特殊効果を駆使しても、この世界は描けないだろう」と思いオファーを断りました。

ウィルは後日、インタビューで「キアヌ・リーブスの演技を見た時、『彼だから成功したんだ。もし自分が演じていたら作品をダメにした』と確信したね。あのころのオレは、まだ賢い役者じゃなかった。キアヌは出しゃばることなく、映画や監督に物語を語らせることができる。彼だからこそあの映画は大ヒットしたんだ」とコメントをしています。

『ハンコック』のコスチューム

Hancock-Movie-Costume-570×336

『ハンコック』の劇中で彼が着用しているコスチュームの背中部分には、1948-95年のフィラデルフィア・イーグルスのレプリカロゴがマークされているんです。フィラデルフィア出身のウィルからフィラデルフィア・イーグルスへの敬意を込めたあいさつなのでしょうか...

実ははかなづちだった!?

willsmith-margotrobbie

『フォーカス』で共演したマーゴット・ロビーと彼女の母親から水泳の手ほどきを受けたそうですが、ウィルにも苦手なことがあるんですね。

M・ナイト・シャマランに監督を直々に依頼

after_earth

ウィルが原案し、また息子ジェイデンとの親子共演が話題になった『アフター・アース』ですが、ウィルは長年の夢であったM・ナイト・シャマランとタッグを組むため、シャマランに直接監督を依頼しました。脚本に感銘を受けたシャマラン監督は正式に本作へのプロジェクトに着手しましたが、結果この映画は散々な批評を浴び、大コケするはめに...

親子共演が大スキ!

『アイ・アム・レジェンド』で娘ウィロウと、『幸せのちから』『アフター・アース』で息子ジェイデンと親子共演を果たしたウィルですが、それ以前にも97年にリリースしたシングル「Just The Two Of Us」のミュージック・ビデオで、前妻との間にもうけた息子トレイと共演しています。

ケヴィン・ジェームズの大ファン!

hitch

ウィルは1998-2007年にアメリカで放送されたテレビドラマ『The King of Queens (原題)』の大ファンで、これに出演していたケヴィンと共演を果たすべく、『最後の恋のはじめ方』のアルバート役に抜擢したそうです。

『アイ,ロボット』でのやり直しなしのワンテイク撮影秘話

I robot

引用: www.cswap.com

ワンテイクの撮影で挑んだオートバイ走行のアクションシーンで、ウィルは時速60マイル(時速約96キロ)を出しオートバイは見事なまでに大破しました。大ケガにならなかったのが不幸中の幸いですが、やり直しなしで撮影した、彼がコントロールを失いはじめる瞬間が劇中で垣間見ることができます。