今週公開のおすすめ映画6選【『デトロイト』『ダークタワー』他(1月26日公開〜)】

2018年1月26日更新

この記事では、毎週新作映画をおすすめします。今週は特に公開作品が多く、ここでは紹介しきれない作品も多数……。特に『デヴィッド・リンチ アートライフ』『殺人者の記憶法』の2本は要注目。さて、それでは激戦を勝ち抜いたおすすめ映画を紹介しますよ!

【2018年1月26日(土)】ジョン・ボイエガ主演、アカデミー賞候補作『デトロイト』

今週のおすすめ映画、1本目はアカデミー賞候補作にも選出されている『デトロイト』。「スター・ウォーズ」シリーズのフィン役として知られるジョン・ボイエガ主演が務め、『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグローがメガホンをとった本作は、1967年のデトロイト暴動を描いた社会派ドラマ。 劇中ではアメリカ史上最大級の暴動事件の中で起きた「戦慄の一夜」が描かれます。

【2018年1月26日(土)】Jホラーの傑作のハリウッドリメイク版第三弾、『ザ・リング リバース』

次のおすすめ作品は、日本製ホラー「リング」シリーズをハリウッドリメイクした「ザ・リング」シリーズの第三弾『ザ・リング/リバース』。本作では、「呪いのビデオ」の謎を解き明かそうとするジュリアと恋人のホルトの姿が描かれるとのこと。 またジュリアは劇中で一人の少女と出会い、彼女との出会いが新たな恐怖の幕開けとなることも明かされています。

【2018年1月27日(日)】大人気シリーズ完結編に豪華キャストが集結、『祈りの幕が下りる時』

人気小説家・東野圭吾の「新参者」シリーズの完結編も今週公開。キャストには主演の阿部寛をはじめ、松嶋菜々子、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、及川光博、小日向文世といった豪華キャストが名を連ねています。 また、シリーズ完結編となる本作では、これまで明かされることのなかった主人公・加賀恭一郎の過去の謎が明らかになるとのことです。

【2018年1月27日(日)】スティーブン・キングのライフワークが遂に映画化『ダークタワー』

『ショーシャンクの空に』『スタンド・バイ・ミー』『シャイニング』といった数々の人気ミステリー小説を手掛けていたスティーブン・キング。そんな伝説的な小説家である彼が30年以上の歳月をかけて完結させたライフワークとも言える小説『ダークタワー』の映画版が遂に公開。 劇中では、異世界を舞台に世界の支柱である「タワー」を守ろうとする男と、それを破壊し世界の崩壊を目論む男の戦いが描かれます。

【2018年1月27日(日)】『ジュピターズ・ムーン』

第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ作品、『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』を手掛けたコーネル・ムンドルッツォのSFドラマも今週公開。 移民問題やテロといった現代の社会問題を絡めつつも、劇中では「重力を操り浮遊できる」という超能力を持った少年と、人生に敗れた男の逃避行が描かれるとのこと。

【2018年1月27日(日)】注目の若手俳優集結、音楽が封じられた世界で生きる若者たちを描く『サラバ静寂』

今週最後のおすすめ映画は、吉村界人、SUMIRE、若葉竜也、斎藤工といった注目のキャストが集結した映画『サラバ静寂』。 『黒い暴動』の宇賀那健一監督がメガホンを取った本作では、音楽や映画といった娯楽が封じられた世界で音楽に出会ってしまい、自ら音楽を作るようになった若者たちの姿が描かれます。 また、浅野忠信とCHARAの娘・SUMIREは本作が演技初挑戦とのことです。