2018年2月8日更新

大英博物館が描く葛飾北斎、ドキュメンタリー映画『大英博物館プレゼンツ 北斎』が公開

Documentary film and guide to exhibition film © British Museum BIG COMIC Manga images in documentary © Shogakukan

日本が世界に誇る浮世絵師・葛飾北斎を捉えた初の長編ドキュメンタリー映画『大英博物館プレゼンツ 北斎』が、2018年3月24日から公開されることが明らかになりました。

葛飾北斎初の長編ドキュメンタリー映画『大英博物館プレゼンツ 北斎』

ドキュメンタリー映画『大英博物館プレゼンツ 北斎』が、2018年3月24日から全国で順次公開されることが明らかになりました。本作は、「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」などの代表作で知られる画家・葛飾北斎に関するドキュメンタリーとしては初の長編作品となります。

気になる作品の内容は?

本作は、2017年5月から約3ヶ月にわたって大英博物館で開催された展覧会「Hokusai:Beyond the Great Wave」にフォーカスした作品です。劇中では、木版や絹に描かれた絵画を再現する日本の職人技を通して、北斎の芸術を掘り下げていくとのこと。 また、イギリス人芸術家のデイビッド・ホックニー、ニューヨークで暮らす日本人画家・出口雄樹らの出演も明らかになっています。

映画の公開は2018年3月24日からスタート!

大英博物館プレゼンツ 北斎(プレス)
Documentary film and guide to exhibition film © British Museum BIG COMIC Manga images in documentary © Shogakukan

国内はもちろん、世界でも抜群の知名度を誇る北斎。そんな北斎にフォーカスした本作のナレーションを務めるのは、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラム役で知られるアンディ・サーキスが務めます。監督はパトリシア・ウィートレイが担当。 映画『大英博物館プレゼンツ 北斎』は、3月24日から公開です。