今週公開のおすすめ映画6選【『触手』「The Beguiled 」ほか】

2018年2月22日更新

毎週、最新映画の中からおすすめ・注目の映画を紹介していくこの連載。今週も、ソフィアコッポラが監督した「The Beguiled 」、そして編集部大注目の『触手』など、話題作を続々レコメンドしていきますよ!

【2018年2月23日(金)】ソフィア・コッポラがイーストウッド主演作をリメイク、『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』

『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラ監督の最新作にして、第70回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作品。ニコール・キッドマン、ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニングら豪華キャストも話題です。 同作の舞台は、南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った美しい北軍の兵士が現れたことで、彼女たちはやがて情欲と嫉妬に支配されていくというストーリーです。 なお、同作はクリント・イーストウッド主演作『白い肌の異常な夜』の原作であるトーマス・カリナンの小説『The Beguiled』を女性視点で映画化したものです。

【2018年2月23日(金)】アカデミー賞有力候補のコメディ、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』

今週2本目のおすすめ映画は、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』。劇中ではパキスタン出身の男性コメディアンとアメリカ人女性の恋人たちが、結婚に向かっていく姿が描かれています。 同作は、人気ドラマ「シリコンバレー」シリーズのクメイル・ナンジアニと、彼の妻で脚本家のエミリー・V・ゴードンが、自分たちの体験を元にし共同脚本を手掛けている点も注目です。

【2018年2月24日(土)】染谷将太が大活躍、大作映画『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』

今週おすすめの映画3作目は、中国と日本の合作映画『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』。染谷将太、阿部寛、松坂慶子ら日本人キャストに加え、ホアン・シュアン、チャン・ロンロンらも出演。 また、原作は夢枕獏が担当し、監督はチェン・カイコーと、様々な面で日中のコラボレーションが実現しています。劇中では中国へと渡った空海の活躍が描かれています。

【2018年2月24日(土)】人気脚本家の初監督作、『さよならの朝に約束の花をかざろう』

『心が叫びたがってるんだ。』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で知られている脚本家の岡田麿里による初監督作品、『さよならの朝に約束の花をかざろう』がとうとう公開。 石見舞菜香、入野自由をはじめ、梶裕貴、茅野愛衣、平田広明ら人気声優も多数参加しています。劇中では、数百年の時を生きる種族の少女と、歳月を重ねる中で成長していく少年の物語が紡がれるとのこと。

【2018年2月24日(土)】知英と竹中直人が入れ替わる、『レオン』

韓国の人気アイドル「KARA」の元メンバー・知英が映画初主演を務める作品。劇中では、知英演じる地味なOLと、女好きのワンマン社長の体が入れ替わってしまったことで巻き起こるトラブルがコミカルに描かれているとのこと。 なお大政絢、吉沢亮、河井青葉、山崎育三郎ら脇を支えるキャストにも注目ですよ!

【2018年2月27日(火)】ciatr編集部待望の映画、『触手』!

ciatr編集部が昨年から注目し続けていた映画、『触手』が遂に公開!『エリ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したメキシコの監督・アマト・エスカランテが、 「究極の快楽」をもたらす怪物の恐怖を描いたエロティックスリラーです。 ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで上映される本作は、2016年第73回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)に輝いた一作でもあります!