©PRPHO/Landmark Media

『ゲット・アウト』監督ジョーダン・ピールの最新作が始動。2018年に撮影開始

2018年5月15日更新

2017年に公開された映画『ゲット・アウト』で知られるジョーダン・ピール監督が、噂の『ゲット・アウト』の続編とは異なる新作映画が2018年に撮影開始されることが明らかになりました。

『ゲット・アウト』監督の最新作が始動!

2017年に公開され、大きな人気を博した社会派スリラー映画『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督が、噂の『ゲット・アウト』の続編とは別の新作映画を2018年に撮影開始予定であると、一部メディアが報じました。 同作は、現在脚本が執筆されているとのことです。

最新作はどんな話になる?

ジョーダン監督の新作については、明らかになっている情報は多くはありません。ただし、『ゲット・アウト』と似たトーンのジャンル映画となること、人種問題とは異なる題材に取り組むということが明かされています。 2018年2月、『ゲット・アウト』の続編についても「真剣に考える」と発言していたジョーダン監督ですが、今後ますます映画界を盛り上げてくれそうです。

続報が発表!

2018年5月、監督の最新作の続報が遂に発表されました。 タイトルは『us (原題)』。ストーリーやキャストなど、まだ多くのことが謎に包まれていますが、監督のTwitter上ではポスターも公開済み。気になる方は、下記の記事か、監督のTwitterをチェックしてみて下さいね!

合わせて読みたい