2018年3月13日更新

フジ新アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」の3作品が激アツ!!

(c)リヴィジョンズ製作委員会

フジテレビで新設されるアニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」のラインナップが発表されました。同枠で放送されることが明らかになった3作品のラインナップがとにかく「熱い」ため、この記事ではそれらを紹介していきます。

「+Ultra(プラスウルトラ)」って?フジテレビが新アニメ枠を立ち上げ

2018年3月、フジテレビが「ノイタミナ」に続くアニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」を新設することが明らかになりました。 同枠では、「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトを掲げ、品質の高い世界基準のアニメ作品を全世界に発信していくとのこと。ムービングロゴのディレクションは、大友克洋が担当しました。 この記事では、「+Ultra(プラスウルトラ)」で放送されることが明らかになっている新作アニメ3作品を紹介していきます。(なお、これらの作品はおそらく連続テレビアニメシリーズとなりそうです)

「+Ultra」の第1弾作品は、「Ingress」原作の『イングレス』

「+Ultra」の第1弾作品となるのは、「Pokemon GO」で知られるナイアンティックが開発・運営を行っているオンラインゲーム「Ingress」を原作にした『イングレス』。 2018年10月から放送がスタートする同作では、東京と世界を舞台に、人間の精神に干渉する未知の物質「エキゾチック・マター(XM)」を巡る戦いが描かれるそうです。 なお、同作では櫻木優平が監督を務めます。

「+Ultra(プラスウルトラ)」の第2弾作品

谷口悟朗×深見真『revisions リヴィジョンズ』

2019年1月から放送されるのはオリジナルアニメ『revisions リヴィジョンズ』。 同作は、渋谷の中心部が、300年以上先の未来に転送されてしまう不可思議な現象に巻き込まれた人々を描く青春災害群像劇です。 『コードギアス 反逆のルルーシュ』の谷口悟朗が監督、『PSYCHO-PASS サイコパス』の深見真が脚本を手掛けるほか、『Wake Up, Girls!』の近岡直がキャラクターデザイン原案を手掛ける点にも注目です。

第三弾作品は、渡辺信一郎×渡辺あやの『キャロル&チューズデイ』

そして、2019年4月から放送されるのは、オリジナルアニメの『キャロル&チューズデイ』です。 同作の総監督を務めるのは『カウボーイビバップ』『サムライチャンプルー』の渡辺信一郎。脚本は、映画『ジョゼと虎と魚たち』、ドラマ『カーネーション』の渡辺あやが担当します。また、ボンズが制作を担当するほか、日清食品カップヌードルCM「HUNGRY DAYS」シリーズのキャラクターデザインを手掛けた窪之内英策がキャラクター原案を担当。 さらに、音楽は「マクロス」シリーズのフライングドッグが手掛けます。 また、オフィシャルサイトでは主人公のキャロルとチューズデイの歌唱者を決めるオーディションも行われています。興味のある方は、サイトをチェックしてみて下さいね!

「+Ultra(プラスウルトラ)」は、2018年10月から始動!!

キャロル&チューズデイ
(c)ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

フジテレビの新アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」は、2018年10月からスタートです!日本トップクラスのクリエイターが集結し、世界基準のアニメを目指すこの企画。アニメファンならずとも、必見です!