©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.

架空のバンドのモキュメンタリー『スパイナル・タップ』が日本初公開に【ロブ・ライナー監督作】

2018年3月18日更新

『スタンド・バイ・ミー』で知られるロブ・ライナー監督の映画デビュー作、『スパイナル・タップ』が日本で初公開されることが決定しました。この記事では、架空のバンドのモキュメンタリーという本作を紹介していきます。

ロブ・ライナー監督の映画デビュー作が遂に日本公開!!

『スタンド・バイ・ミー』で知られるロブ・ライナーの映画監督デビュー作『スパイナル・タップ』が日本初公開されることが明らかになりました。同作が全米公開されたのは1984年3月2日。実に30年以上の時を経ての日本公開となります。 この記事では、同作のあらすじやキャスト情報などを紹介していきます。

架空のバンドのモキュメンタリー、『スパイナル・タップ』のストーリーは?

スパイナル・タップ
©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.

映画『スパイナル・タップ』は、架空の人物や団体、虚構の事件などをもとに作られる「モキュメンタリー」と呼ばれるジャンルの作品です。「モキュメンタリー」という言葉はあまりピンとこない場合は、「フェイク・ドキュメンタリー」と解釈するとわかりやすいかもしれません。 そんな映画『スパイナル・タップ』は、架空のハードロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに映画監督マーティ・ディ・ベルギーが密着したドキュメンタリーという体裁で進行。 劇中には、「歴代ドラマーの怪死」「ライブ直前に迷子になる」など、バンドの「あるある」ネタがふんだんに盛り込まれています。

名作多数!ロブ・ライナー監督の経歴を紹介

スパイナル・タップ
©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.

『スパイナル・タップ』の監督・ロブ・ライナーは、これまで『恋人たちの予感』『ア・フュー・グッドメン』『ミザリー』といった数々の人気作を手掛けてきた世界的な名匠です。そんなライナー監督は、本作の劇中にも映画監督マーティ・ディ・ベルギー役で出演しています。 また、本作のその他のキャストには、『ナイト ミュージアム2』のクリストファー・ゲスト、『コーンヘッズ』のマイケル・マッキーンらが名を連ねています。劇中のメンバーは全員が演奏可能で、映画とは全く関係ない2ndアルバムまで発売しているそうです。

映画『スパイナル・タップ』の公開は2018年6月16日!!

スパイナル・タップ
©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.

これまで日本公開されていなかった映画『スパイナル・タップ』ですが、本国ではカルト的な人気を誇り、批評家たちからの評価も非常に高い一作となっています。また、メタリカ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジミー・ペイジ、U2といった様々な人気ミュージシャンが本作について様々なコメントを発表しているなど、音楽界からも愛されている点も特徴的です。 そんな映画『スパイナル・タップ』の日本公開は、2018年6月16日からスタートです!