Joseph Marzullo/WENN.com

建設費1000億円超!ジョージ・ルーカス博物館が2021年に爆誕

2018年3月16日更新

「スター・ウォーズ」シリーズで知られるジョージ・ルーカスの名前を冠した博物館、「ジョージ・ルーカス博物館」が、2021年に誕生することが明らかになりました。

建設費1000億円超!「ジョージ・ルーカス博物館」が誕生

ジョージ・ルーカス
Joseph Marzullo/WENN.com

建設費10億ドル(約1,064億円)とも言われる「ジョージ・ルーカス博物館」こと、「ルーカス・ミュージアム・オブ・ナレーティブ・アート」が2021年に建設予定です。同館の着工を発表する式典には、ジョージ・ルーカスも出席しました。 なお同博物館は、ルーカスが映画製作を学んだロサンゼルスの南カリフォルニア大学の近くに建設される予定です。

ルーカス・ミュージアム・オブ・ナレーティブ・アートの見所とは?一体何が見れるのか?

さて、肝心の展示品ですが、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナレーティブ・アートでは、ルーカスが所有する「スター・ウォーズ」シリーズ関連のイラストなどが展示される予定とのこと。また、施設内では劇場や講演ホールに加えて、教室、図書館、食事スペースなども作られるそうです。 同館の設立にあたって、ルーカスは「あらゆるアートがここに展示される。他の人は誰も見たいと思わないが誰もが好きと思うようなアートを支持する博物館があることは重要だ」と語ったそうです。