2018年3月22日更新

ロマン・ポランスキー監督最新作『告白小説、その結末』が6月23日に日本公開!

©2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinéma, Monolith Films. All Rights Reserved.

ロマン・ポランスキー監督がメガホンを取った最新作『告白小説、その結末』が、6月23日から日本公開!この記事では、同作のあらすじ・キャスト情報を紹介していきます。

ロマン・ポランスキー監督最新作、『告白小説、その結末』が日本公開!

ロマン・ポランスキーがメガホンをとる映画『告白小説、その結末』が、2018年6月23日から公開されることが発表されました。この記事では、同作のあらすじ、キャスト、スタッフ情報などを紹介していきます。

『告白小説、その結末』のあらすじは?

告発小説、その結末
©2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinéma, Monolith Films. All Rights Reserved.

『告白小説、その結末』は、ベストセラー作家と熱狂的なファンという、二人の女性の危うくスリリングな関係を描いたミステリー映画です。 物語の主人公は、心を病んで自殺した母との暮らしを綴った私小説がベストセラーとなった後に、スランプに陥ってしまった小説家のデルフィーヌ。差出人不明の脅迫状にも苦しめられていたデルフィーヌの前に、彼女の熱狂的なファンだと称する美しい女性・エルが現れます。 献身的に支えてくれるエルに心を開いていくデルフィーヌは、間も無く彼女と共同生活を始めることに。しかし、時折ヒステリックに豹変するエルは、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄していきます。 はたしてエルは何者なのか?なぜデルフィーヌに接近してきたのか? やがてエルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようと決意するのですが、その先には想像を絶する悪夢が待ち受けていた……というストーリーです。

巨匠ポラン・スキーだけじゃない!原作&一流のスタッフにも注目

ロマン・ポランスキー (ゼータ)
©Berzane Nasser/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

先述の通り、本作のメガホンを取るのはロマン・ポランスキー監督。『戦場のピアニスト』『チャイナタウン』などの作品で知られる世界的な名匠です。 また同作の原作は、フランスで最も権威ある文学賞の一つ、ルノドー賞を受賞し、同国で今最も注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説『デルフィーヌの友情』です。同書を一読したポランスキーは、即座に映画化を決意したとのこと。 そして、本作には『夏時間の庭』などで知られるフランスのもう一人の鬼才・オリヴィエ・アサイヤス監督を共同脚本で参加。さらに、『戦場のピアニスト』『ゴーストライター』などポランスキーの過去作にも参加している撮影監督パヴェウ・エデルマン、『シェイプ・オブ・ウォーター』で二度目のアカデミー賞作曲賞を受賞したアレクサンドル・デスプラらも参加しています。 一流の監督が、優れた原作、スタッフと共に作り上げた『告白小説、その結末』は映画ファンなら必見ですよね!

同作にはエマニュエル・セニエとエヴァ・グリーンが出演

告発小説、その結末
©2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinéma, Monolith Films. All Rights Reserved.

本作でデルフィーヌ役を演じるのは、監督の妻で創作上のミューズでもあるエマニュエル・セニエ。エマニュエルは『毛皮のヴィーナス』でもポランスキーとタッグを組んで怪演を見せていますが、本作ではどのような演技を見せてくれるのでしょうか? また、エル役に起用されたのは、『007 カジノ・ロワイヤル』『シン・シティ 復讐の女神』などのハリウッド作品でも活躍するエヴァ・グリーンです。二人の名優が、劇中で見せるスリリングな関係は要注目です。

『告白小説、その結末』は6月23日から日本公開がスタート!

豪華キャスト、スタッフが集結したロマン・ポランスキー監督最新作『告白小説、その結末』は、2018年6月23日から日本公開。公開までの間に、監督やスタッフの過去作を見てみてるのはいかがでしょうか?