2018年3月30日更新

ディカプリオ主演映画の舞台、タイ南部の「ビーチ」が一時封鎖に

WENN.com

レオナルド・ディカプリオが主演を務めた映画『ザ・ビーチ』の舞台となった、タイ南部のビーチが一時封鎖されることが明らかになりました。人気の観光地だったビーチは何故封鎖に至ったのでしょう?

レオナルド・ディカプリオ主演『ザ・ビーチ』の舞台が一時閉鎖に

レオナルド・ディカプリオが主演を務めた人気映画『ザ・ビーチ』。 2000年に公開されて以降、多くのファンに愛され、映画のロケ地となったタイの南部のビーチには多くの観光客が押しよせるようになりました。しかし、このビーチが2018年6月から4ヶ月にわたって閉鎖されることが明らかになりました。

押しよせる観光客による環境破壊が原因

一時閉鎖に至った原因は、押し寄せてきた観光客たちによる環境破壊が原因でした。 同ビーチには、1日につき2千から4千の観光客が訪れ、結果としてサンゴ礁などの破壊が進んでしまったそう。今回の一時閉鎖は、自然の復元に努めるためのものです。 なお、ディカプリオは環境保護財団「レオナルド・ディカプリオ財団」を設立し、過去には環境保護活動に日本円で18億円を超える額を寄付したこともあります。皮肉ですね……環境保護にも気を配ってこそ真のファンと言えるのではないでしょうか。