©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会

今週のエンタメニュースtop10【4月7日〜4月13日イッキ読み】

2018年4月13日更新

ciatr編集部が今週のエンタメニュースの中から10個のトピックスをまとめた記事です。エンタメ界の動向を、今一度振り返ってみましょう!

1.「カンヌ」コンペ部門に濱口竜介、是枝裕和らが選出

「第71回カンヌ国際映画祭」に是枝裕和監督作品『万引き家族』、濱口竜介監督作品『寝ても覚めても』が正式出品されることが発表されました。同映画祭では、スパイク・リー、ジャン=リュック・ゴダールらの監督作品も出品されています。 「第71回カンヌ国際映画祭」は、5月8日から開催されます。

2.『アントマン&ワスプ』が8月に公開決定!

マーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』の公開日が、8月31日に決定しました。新作では、アントマンの相棒となる「ワスプ」が登場。公開済みの特報でも、ワスプの活躍を確認出来ますよ!

3.ウェス・アンダーソン監督作『犬ヶ島』を大友克洋が表現

犬ヶ島
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

5月25日から公開されるウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ヶ島』。同作と、『AKIRA』で知られる大友克洋がコラボレーションしたイラストが公開されました。このコラボはアンダーソン監督が熱望したものだそうです!

4.DC映画『バットガール(原題)』に進展

DCコミックスの人気女性キャラクター「バッドガール」を主役にした映画の脚本家に、クリスティーナ・ハドソンが起用されたと一部メディアが報じました。 ハドソンは、「トランスフォーマー」シリーズ初のスピンオフ作品『バンブルビー(仮題)』などを手掛けることで知られています。

5.Netflix、カンヌのコンペ部門から撤退を表明

Netflixが、カンヌ国際映画祭からの撤退を表明しました。 これは、映画祭側がNetflixに対して作品の劇場公開を求め、これをNetflix側が拒んだことから、映画祭はNetflixの出品を禁止したという経緯によるものです。

6.『トイ・ストーリー4』が2019年6月21日に全米公開決定!

「トイ・ストーリー」シリーズの最新作、『トイ・ストーリー4』の全米公開が2019年6月21日に決定しました。 これは、同作のメガホンを取るジョシュ・クーリー監督が自身のTwitter上で発表したことで明らかになったものです。

7.「バーフバリ」監督が来日、映画完全版も6月に上映

S.S.ラージャマウリ監督 バーフバリ

「バーフバリ」シリーズの監督を務めるS.S.ラージャマウリ監督の来日が決定しました。監督は、4月26日に新宿ピカデリーで開催されるイベントに参加します。 なお、『バーフバリ 王の凱旋』の完全版は、6月1日から全国公開されます。

8.日本を舞台にした海外の有名サスペンス小説が、Netflixで映画化

アリシア・ヴィキャンデル
WENN.com

アリシア・ビキャンデル、ライリー・キーオが、スザンナ・ジョーンズのサスペンス小説『アースクエイク・バード』の映画版に出演することが明らかになりました。 なお、同作の舞台は日本になるとのことです。

9.ドラマ『花のち晴れ』に松潤が前作キャラ役で出演

注目のドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』の第一話に、松本潤が出演することが発表されました。松本は、同作の前作にあたる『花より男子』で自身が演じた道明寺司役を演じるそうです。

10.レイプ被害者の実話をもとにした映画が公開

15才でレイプされた雪村葉子の手記をもとにした映画『私は絶対許さない』が公開されました。 同作は、過激な内容を主観映像で表現した点でも話題になっています。