2018年4月24日更新

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の衝撃に備えてほしい……ルッソ監督が語る

©WENN.com

いよいよ今週末に公開が迫る『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。本日ジャパンプレミアが開催され、幸運なファンは一足先に今作を観ることができます。しかし、早く観たい一方で観たくないという声も……。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』観たいけど、観たくない問題

今週末に公開が迫る『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。ジャパンプレミアが24日に開催され、幸運なファンは一足先に今作を観ることができます。しかし、早く観たい一方で観たくないという声も。それは、今作を手がけたルッソ兄弟監督による「大きな悲しみがあなたを待っているので、備えてほしい」発言に起因します。

アンソニー、ジョー・ルッソ監督がファンに注意喚起

アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ ゼータ
©WENN.com

昨年の7月に今作を手がけた監督が「インフィニティ・ウォーを観るのであれば、大きな悲しみに備えて」と発言し、重ねて同年11月予告編が発表された頃に「誰を殺すべきか知っている」と、とあるキャラクターが死ぬ結末をにおわせました。ファンやマスコミ間では、これが一体誰なのかという推測がはじまり、『アベンジャーズ4(仮)』で出演契約が満了されるキャストが怪しいのではないかという噂が出ました。 そのキャストとは、ロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)、クリス・ヘムズワーズ(ソー)、マーク・ラファロ(ハルク)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)です。つまり、2012年に公開された『アベンジャーズ』の主演メンバーほぼ全員というわけなのです。

アベンジャーズ インフィニティウォー ゼータ
©Supplied by LMK

満期が次作という事もあり、「インフィニティ・ウォー」で命を落とす事はないという考え方もできますが、ロンドンで行われた「インフィニティ・ウォー」のファンイベントに出席した監督の発言が更なる不安をあおぎます。 「サノスは止める事が不可能なヴィランであり、実際に無敵で天才的な知性を兼ね備えた、マーベルの世界におけるチンギス・ハーンのような存在だ。そんな彼を止めるという事は、それに伴ってヒーロー達は大きな代償を払わなければいけないんだよ。」 もしかすると、悲しい結末を迎えるヒーローは一人ではなく複数いる可能性も考えられます。誰が死んでも悲しい、あなたにその衝撃を受け止める覚悟はありますか……? 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は4月27日より全国公開予定。