今週公開のおすすめ映画5選【『ランペイジ 巨獣大乱闘』ほか】

2018年5月17日更新

寒暖の差が激しい季節ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?映画界の注目がカンヌに集まる中、今年も新作映画は続々公開。それでは、今週もおすすめ&注目の新作映画を紹介していきます!

【2018年5月18日】『のみとり侍』

阿部寛が女性に愛を届ける侍に

今週一つ目のおすすめ映画は、阿部寛が主演を務めるR指定映画『のみとり侍』。 本作で阿部が演じるのは、床で女性に愛を届ける侍役。大竹しのぶ、風間杜夫、斎藤工、前田敦子、豊川悦司といった豪華な面々が脇を固めています。女性に愛を届ける作品と言えば、今年公開された松坂桃李主演の映画『娼年』も高評価ですが、こちらも続くことができるでしょうか?

【2018年5月18日】『ピーターラビット』

あの名作絵本がハリウッドで実写映画化!

2つ目のおすすめ映画は、ビアトリクス・ポターの絵本をハリウッドが初めて実写化した『ピーターラビット』。 画家のビアという親友にも恵まれ、穏やかに暮らしていたピーターですが、ロンドンから潔癖症のマクレガーがやってきたことで生活は一変。動物を追い出そうとするマクレガーとピーターの対立は深まっていき……? 「X-MEN」シリーズのローズ・バーン、『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビーらが声優としても参加(ローズは女優としても出演)しているので、アメコミファンも要注目です!

【2018年5月18日】『ランペイジ 巨獣大乱闘』

ロック様VS巨大生物

今週一番の注目作といっても過言ではないのがこちら、『ランペイジ 巨獣大乱闘』。 「ロック様」でお馴染みのドウェイン・ジョンソンに加えて、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマンらが出演した本作で描かれるのは、巨大化して暴走する動物たちとの戦い。ロック様と巨獣たちの戦いがどのような顛末を迎えるのか?必見です!

【2018年5月18日】『モリのいる場所』

山崎努と樹木希林、初共演の名優たちが実際の夫婦役に

ド派手な「ランペイジ」の対極にあるようなおすすめ映画は『モリのいる場所』。 山崎努、樹木希林という名優が初共演した本作で描かれるのは、実在の画家、熊谷守一夫婦の人間ドラマ。30年間家を出ることなく、庭を見つめ続けたという熊谷を山崎はどう演じるのか?その演技に注目です。 また、加瀬亮、三上博史ら主演級キャストが多数出演している点も注目ですよ!

【2018年5月19日】『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

メカゴジラ、起動

今週最後のおすすめ映画は、「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品「GODZILLA」の第2章。 三部作のちょうど真ん中に位置する本作では、「人類最後の希望」としてメカゴジラが起動することが明らかになっています。スクリーンでゴジラ対メカゴジラが見れるのなら、ファンなら見逃せませんね!