(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

【朗報】安室女子よ、あと28億だ!祝・「ゼロの執行人」V6&歴代最高更新

2018年5月21日更新

「降谷零を100億の男にする会」が発足する等、盛り上がりが留まることを知らなかった『名探偵コナン ゼロの執行人』。遂に興行収入はシリーズ歴代最高を記録しました。

安室効果絶大!「ゼロの執行人」がコナン映画の歴代最高を更新!!

コナン
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2018年5月21日時点で、『名探偵コナン ゼロの執行人』は興行収入で72億円を突破しました。これまでのコナン映画の最高記録は、2017年の『名探偵コナン から紅の恋歌』の68億9000万円。今週は、『ピーターラビット』や『のみとり侍』をなぎ倒し、6週連続で興行収入一位を記録しました。 前作比約120%で推移しているので、この調子でいくと約80億円を突破する見込みです。

それでも、まだ足りないぞ。「降谷零を100億の男にする会」よ!

名探偵コナン
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

昨年と同じペースでいくと興行収入は約80億円なので、ここからの興行収入の増加は、80-72=8億円です。「降谷零を100億の男にしようの会」が目標とする100億円までは、100-72=28億円となるので、昨年の3.5倍(28÷8)の追い込みを行うことが出来れば、達成することが出来ます。 つまり、去年の同時期に「から紅の恋歌」を見ていた人は今年は3~4回見に行けばいいのです!安室透のかっこいい活躍を何度も見ることが出来ると考えるとへっちゃらですね。険しい道ではありますが、安室女子達の底力に期待せずにはいれません。