2018年5月23日更新

映画『焼肉ドラゴン』井上真央、真木よう子らが「お父さん」と再会!

©︎ciatr

映画『焼肉ドラゴン』の舞台挨拶が5月22日に行われ、同作で「アボジ(お父さん)」を演じたキム・サンホが来日。真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大江晋平の4人が演じる「子どもたち」と再会しました。

映画『焼肉ドラゴン』舞台挨拶が開催!真木よう子らキャストと監督が登壇

焼肉ドラゴン 舞台挨拶
©︎ciatr

鄭義信が自らが手掛けた戯曲を映画化した『焼肉ドラゴン』の舞台挨拶が、5月22日にTOHOシネマズ新宿にて行われました。 舞台挨拶には鄭義信監督を始め、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大江晋平、そして韓国の名優・キム・サンホが登場。 1970代の関西で焼肉店を営む一家の波乱万丈な家族模様を描いた本作。長女・静花、次女・梨花、三女・美花の三姉妹を真木、井上、桜庭がそれぞれ演じ、末っ子である時生を大江が、そして一家の大黒柱である「アボジ(お父さん)」こと龍吉をキム・サンホが演じています。

「アボジ」役のキム・サンホが面白すぎる!

キム・サンホ
©︎ciatr

「お父さん役はキム・サンホしかいないと思った」と語る鄭監督。撮影に8時間もかかったという日本語での長台詞の場面を見事に演じ切ったというサンホを高く評価しました。 しかし、そんなキム・サンホ、びっくりするほど非常にお茶目な人物! 真木はサンホについて撮影現場の雰囲気を盛り上げてくれたとしつつも、最初に彼から教わった韓国語がとんでもないスラングだったと語り、鄭監督が「とても汚い言葉なんで、聞かない方がいいですよ」と慌てる一幕も。しかし、キム・サンホは「この言葉」を自らを奮い立たせるために使うんだ、とおどけて見せました。 また、井上はサンホがお酒が大好きだったとコメント。翌日撮影があるのに3軒目に向かおうとするサンホを、真木が連れ帰ろうとする場面を語りました。 そして、井上演じる梨花の夫・哲男を演じた大泉洋のことが大好きだったというサンホ。今回の舞台挨拶に大泉が来れなかったことについて、「あの野郎!仕事で来れないとか言って、どこをほっつき歩いてやがるんだ!?早くここに来いよ。......会いたかったです」と、大泉への深い愛(?)を表現しました。

焼肉ドラゴン 舞台挨拶
©︎ciatr

このほか、母・英順を演じたイ・ジョンウンからの手紙がサプライズで読み上げられ、現場での日韓の国を超えた深い関係が伺われました。 映画『焼肉ドラゴン』は、2018年6月22日に公開です。