©DISNEY

今週のアメコミNEWS!【アントマンの海外版新トレーラーが公開!他】

2018年5月29日更新

ciatrでも大人気のアメコミ原作映画。作品はもちろん、毎週刺激的なニュースを届けてくれるのも印象的ですよね!そこで、この記事ではアメコミ映画&俳優の関連ニュースをまとめて紹介していきますよ!

アントマンの新予告編が公開!

アメリカで『アントマン&ワスプ』の新たな予告編が公開されました。今回公開されたのは、本作の女性ヴィラン「ゴースト」に焦点を当てたもの。予告編でその特徴的な白い容姿や、巨大化するアントマンなどが確認できます。

デッドプールとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが共演?

権利元の関係で共演がなかなか実現できないデッドプールとガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。しかし、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が、『デッドプール2』を絶賛したことに同作で主演を務めるライアン・レイノルズが反応。コラボレーションについて盛り上がる二人の会話に、Twitter上では注目が集まりました。

オーストラリアに「マーベル・スタジアム」が誕生

オーストラリアのメルボルンにある多目的競技場の名称が、2018年9月から「マーベル・スタジアム」に変更することが明らかになりました。この名称が使用されるのは約8年間で、50平方メートルほどのマーベル・ショップも併設されます。

『ザ・フラッシュ(仮)』にアイリス・ウェストが登場

映画『ザ・フラッシュ(仮)』に、主人公バリー・アレンが恋に落ちる女性アイリス・ウェストが登場することが明らかになりました。アイリスはドラマ版にも登場し、ドラマではキャンディス・パットンが演じています。 そして、映画版でアイリスを演じるのは『さよなら、僕のマンハッタン』のキーアージー・クレモンズです。

『キャプテン・マーベル』女優、主演作撮影前に『アベンジャーズ4』に参加

単独映画の公開を控えるマーベルの新作『キャプテン・マーベル』。同作でキャプテン・マーベルことキャロル・ダンバースを演じるブリー・ラーソンが、自身の単独主演映画に先んじて、「アベンジャーズ」シリーズの第4作に出演していたことが明らかになりました。

シュリとスター・ロードが共演?

ティ・チャラの妹シュリを演じたレティーシャ・ライトが、「アベンジャーズ」シリーズ最新作についてうっかり発言をしました。彼女のうっかり発言とは、スター・ロード役のクリス・プラットとの共演について言及したもの。 クリス・プラットとの共演について楽しげに語った彼女ですが、MCUでの過去作品で二人の共演はない為、「アベンジャーズ」最新作で共演したのではないかと見られています。

映画『ヴェノム』に早くも続編の噂が

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

ソニー・ピクチャーズ製作の映画『ヴェノム』に、早くも続編の噂が。噂の発端となったのは、同作に出演するウディ・ハレルソンが、自身の役柄について「今回は少ない。でも次の作品で出てくるんですよ」と語ったため。様々な噂が錯綜している本作ですが、続編が作られるとしたら、いったいどのような作品になるのか?要注目です。

チャーリー・コックスがベン・アフレック版デアデビルを評価

Netflix版ドラマ「デアデビル」シリーズで主演を務めるチャーリー・コックスが、映画版でデアデビルを演じたベン・アフレックの演技を評価する発言をし、注目を集めました。興行的にも評価的にも失敗したと言っても過言ではない映画版『デアデビル』。チャーリーは作品自体にやや辛口の評価をしつつも、デアデビルを演じたアフレックの演技は「参考にした」というほど高く評価しています。

「デッドプール」関連書籍が特別価格で販売

翻訳コミック『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』が限定価格で販売されます。ケーブルとデッドプールのコンビ結成の経緯を描いた『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』は、通常2400円(税別)の半額の1200円(税別)で販売。 さらに、デッドプールがマーベルのキャラクターを殺害しまくる『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』は、通常2500円(税別)という価格から、デッドプールのパートのみを収録し、980円(税別)という価格で販売。これは、デッドプール史上最安値のコミックとなるそうです。 2冊ともすでにAmazonでも取り扱いがあるので、ファンは是非チェックして見てくださいね!